どよんな一日

三日ほど前でしたか、息子の高校の同級生が亡くなったと連絡があり、今日がお通夜で、息子が行ってきました。ちょうどキルトカフェにいらしたお友達の息子さんが、確か同じ大学だったはず、と伺ってみたら、大学時代ずっと一緒だった彼はとってもショックを受けているようでした。うちのオバカ息子と違い、現役で国立大学に入学し、四月から卒論のための研究室も決まっていたという、優秀な坊ちゃんだったですが、去年の夏休み明け、夏なのにニットキャップをかぶっていたそうで、どうも夏休み中は入院していたらしいです。
なんだか、以前、嵐の二宮君が主演した実話ベースのドラマのようです。本人は良くなることを信じて、前向きに学生生活を送っていたんだろうと思うと、残念で、辛くてたまりません。

そして夜には、先日オークションに出品したキルトが、落札されずにオークション終了してしまいました・・・
そういうわけで、どよんな夜です・・・
[PR]
Commented by こっとんふらわぁ at 2009-03-17 22:30 x
とても辛いお話です・・・
親より先に逝ってしまうなんて、お気の毒です。
回りのお友達も辛かったでしょうね。
私も3年前、大切な友達を亡くしました。

あのタペ、ご縁が見つからなかったんですね。
とても手間がかかった豪華な作品でしたから、
あのお値段でも決して高くないのに、難しいものですね。
Commented by さちこN at 2009-03-18 11:56 x
>こっとんふらわぁさん、オークションのキルト、せめて、裏表の布とキルト芯代にはならないとねえ・・・
さすがの脳天気な息子も、かえってきてから無口でした。今まで、親戚のお年寄りのお葬式しか出たことないですから。
by asuzoh | 2009-03-16 23:03 | 日々 | Comments(2)