BJ(C-12)

f0106823_814683.jpgC-12(Family Reunion,49pieces)です。ナインパッチの中にナインパッチだから、家族の再会なんですね、きっと。
いやあ、久しぶりのBJです。1ヶ月ぶりくらいかしらと思ったら、3月7日以来でした・・・40日です・・・
お教室の宿題が多かったせいもあるんですが、この細かくて、出来上がりも見えてしまうブロックをどうしてもやる気が起きなくて布をカットしたまま、放置していました。
細かくても、どの順番で縫おうとか、できあがりがどういう風になるか楽しみ、って言うときはがんばれるんですけどね。
さて、自分がどのあたりを、何色で縫っていたのか、すっかり忘れてしまいましたが、がんばって再開しようと思います。
後ろに写っているのは、キルトジャパンに載っていた松浦先生のポーチの型紙です。平面ではなく、ちゃんと立体にして布を決めないと、出来上がったときに、違う雰囲気になってしまいます。
[PR]
Commented by kotaroco at 2009-04-13 08:56
これこれ、この3D!
立体にしてみると布の配置がばっちりわかっていいですね!
バッグの展開図も松浦方式で昔作ってみたものです。
最近、そんな作業から離れてるなぁ・・・
Commented by miwa at 2009-04-13 10:38 x
このパターン(バッグの)は、面白そうって
ショルダーバッグを、作ったことがあります。

いろんな柄を使ったので、
このパターンの良さがいまいちになってしまい・・・^^;
縫うのも、結構手間がかかりましたが、
今も気になるパターンです。
できたら、もう一度挑戦してみたい。

作品を、楽しみにしています^^
Commented by asuzoh at 2009-04-14 08:11
>こた様、松浦先生のバッグ、ポーチは、こういうのが多いですよね。バッグは組み立ててみないと大きさがわからなくて、とてつもなく大きいのを作ってしまいました・・・たまには、お一ついかが?
Commented by asuzoh at 2009-04-14 08:13
>miwaさん、立体的に見せるには三段階の色合いが必要ですね。今回はダイアモンドが白っぽくて、スクエアが濃い色なので、楽に色あわせできそうです。miwaさんもお一ついかがでしょうか?
Commented by yukamikamama at 2009-04-14 17:07
小さい四角繋ぎですね。
ピースのサイズが小さくて枚数が多いと、始めるまで気が重いような。。濃い色が引き立って、連続模様の出方が面白いパターンですね。沢山、繋げたら良い味のあるキルトになりそう♪
立体型紙、初めて見たので驚きました~。(*'∀'*)
息子さん、運転免許合格おめでとうございます。母&息子一緒にドライブの機会も増えるのでしょうか?若葉マークが眩しい~(^_-)☆
Commented by asuzoh at 2009-04-14 18:46
>yukamikamamaさん、何も考えず、ただただ縫い繋ぐというのがいいときもありますね。意外とやり始めたら、縫えてしまいました。
松浦先生のバッグや小物は、立体型紙を作らないとわからないときが多いんです。だんだん、こつがわかってきました。
今週末も、一応助手席に乗って運転練習のお付き合いになりそうです。
by asuzoh | 2009-04-13 08:01 | パッチワーク | Comments(6)

手作りとネコとの日々


by asuzoh