ブログトップ

days

ヴォーグキルト塾小関鈴子クラス合同作品展

f0106823_10391755.jpg


正式名称はとっても長い作品展です。いつもの池袋芸術劇場のギャラリーで行われていました。
ネットを始めた最初からのお友達の、このお教室での初めての作品展ですし、
最後の頃、しゅらしゅら修羅場の仕上げをがんばっていたようなので、是非、絶対見に行こうと思っていました。
子供たちの卓球の審判を頼まれたり、自分の試合があったり、やっと、最終日の夕方、行くことが出来ました。そろそろ、搬出、と言う感じで、皆さんが集まっていて、ちょっとあわててしまいました。
お友達の作品は、「小さくて見えないかも」なんておっしゃっていましたが、
なかなか、小さい分細部まで手が行き届いていて、刺しゅうもキルティングラインもとてもきれいで、なんといっても、彼女の好きなブルーがとっても映えていて、すてきな作品でした。
他にも、ウールとモチーフ編みをペーズリー模様に配置した作品、よくビルなんかの完成予想図にある設計のイラストをミシン刺しゅうで表現してあるもの、あ、確かヴィンテージ布をふんだんに使っていたのも、この作品だったかな、ボーダーのボトルの刺しゅうがすてきだったもの、ほとんどモノトーンなんだけど、リリーのとてもモダンな作品・・・たくさんたくさん、刺激をいただきました。
小関先生の、ビンテージ布を四角、三角、六角にカットして、貝ボタンで留めただけのコラージュの額、ちょっとまねしてみたいかも。
[PR]
by asuzoh | 2010-03-15 23:39 | パッチワーク | Comments(0)