ブログトップ

days

インフルエンザ騒動

f0106823_939961.jpgがっちゃんは最近、このファンヒーターの上がお気に入りですが、スイッチを切ってしまうのはお約束です。

お楽しみのキルトフェスティバルが始まってすぐの日曜日、息子が風邪をひいたと、休日診療に行きました。市販の風邪薬でアナフィラキシーショックになったので、それ以来、怖くて熱が出ると医者に行くようにしています。
息子はそのまま午後からバイトだったので、私もドームに行って、ゆっくり遊んで来たのですが、次の日、朝から高熱。すぐ、かかりつけの病院に行って、インフルエンザと診断されてしまいました。タミフルではなく、吸引するタイプのお薬をいただいてきました。
その日のドームに行きはもうだめかと思いましたが、昼ごはんだけ作っておいてくれれば、あとは寝ているから大丈夫、ということになりました。
起きた時にメールで体調を教えてくれるように、具合が悪かったらすぐ帰ってくるから、と言ってドームに出かけたのですが、お昼過ぎに、「熱も下がったし、大丈夫」というメールが入り、一安心しました。
さて、私はドーム後半、沢田先生のワークショップがありますし、娘はテスト期間に入りますし、二人は戦々恐々。息子が自分の部屋から出てくると、早く戻れとブーイング、触ったものはすぐに洗濯、コートやバッグは隔離、と大変気の毒な患者でした。
でもおかげで、二人ともうつることなく、元気です。
[PR]
Commented by bbwan at 2011-01-30 14:05
わーそんな大変なことが。 受験生でなくて、また家族に受験生がいなくてよかったですね。 私も家族も絶対にインフルエンザにはかかりっこないと思っているので、対策なし。 風邪もひかないので対策なし。 もし、なってしまったら相当慌てそうです。
Commented by asuzoh at 2011-01-30 14:23
>bbwanさん、だいたい、うちの息子は注射がきらいなんです。受験の年は、いやいやインフルエンザの予防接種しましたが、今年はとうとうしませんでした。「かかりっこない」と思う、気力も大事かもしれませんね。
by asuzoh | 2011-01-27 09:39 | 日々 | Comments(2)