ワークショップのバッグ完成

f0106823_15103194.jpg
f0106823_15103154.jpg

f0106823_15103120.jpg昨日の夜遅くなりましたが、最後の仕立てをして、完成させました。といっても、ペタンコバッグなので、仕立ては簡単でしたが。
「秋のコラージュバッグ」というお名前の通り、とってもお飾りが大変なバッグでした。
ミシン作業中、糸は普通の糸、段染め、ラメ糸と3回取替え、針もラメ糸のときに取替え、押さえ金も普通のもの、ジグザグアップリケ、ブレード縫込み、フリーモーションと4回取替えでした。
ラメ糸は、娘のキルトの時に大変さがよくわかりましたが、今回はそれを使ってブレードを押さえたり、さらにフリーモーションでブレードも一緒に縫い込んだり、結構難しかったです。
大きなお花と裏の葉っぱ柄に使ったラメのブレードは、ミシンで縫うと解けてしまうので、ハンドコーチングステッチしました。
最後に先生こだわりのヴィンテージのスパンコールを縫い付けて、トップは出来上がりです。
これは、150%の確率で母に取られちゃうだろうな、でも、先生にお見せするお約束をしましたから、ドームの後ね。
[PR]
Commented by こっとんふらわぁ at 2011-10-27 23:15 x
わぁ、めちゃんこステキ!!
着物にもお洋服にも合いそうですね。
同じ上田先生でも、私が受けたのとはエライ違いだわ。
やっぱりミシンの上級者用と初心者用の違いでしょうね。
簡単なくせに、講習会以降ストップしたままです。
Commented by asuzoh at 2011-10-28 08:19
>こっとんふらわぁさん、和装にも合うとは、考えもしませんでした、さすがです。
このキルトジャパンの講習会、先生方の顔みせ的なところもあるような・・・
チャンスがあったら松浦先生にお話聞いてみます。
これからお忙しそうですから、すべて終わってからゆっくりミシン作業してくださいね。
Commented by bbwan at 2011-10-28 16:40
わあ、素敵素敵!  さすがさちこさん、 講習受けたものをしっかりと自分のものにされているのですね〜。
このバック、いろんなスタイルに応用できますね。 
Commented by asuzoh at 2011-10-28 17:22
>bbwanさん、ありがとうございます~キットの講習は、がんばらないとそのままお蔵入り~の可能性もあり・・・先生とお約束するのが一番かも。
by asuzoh | 2011-10-27 15:10 | パッチワーク | Comments(4)