ブラックボード

先週、放映した3話の学校もののスペシャルドラマです。
戦中戦後、80年代、現在の、違う時代の3話ですが、同じ学校の話であるというところと、登場人物の一人が次の時代にも出てくるというところで、つながっています。
戦争ものが苦手なので、見ないつもりでいたのですが、娘が「録画しておいて」、と言うので、見ることになりました。
結局、2、3話はリアルタイムで見てしまいました。

「校内暴力」「高校受験」「学級崩壊」「学力格差」と、中学校の抱える問題がいくつも提示されていましたが、東京の公立中学の3年生のドラマは、やっぱり金八先生に勝てるものはありません。
特に、「校内暴力」「警察」と聞くだけで、頭の中には中島みゆきの「シュプレヒコ~ルのな~み~通りす~ぎていく~・・・」という歌が流れ、警察に連れて行かれる生徒たちの映像が浮かんできます。
志田未来、神木隆之介と、中学生はとっくに卒業したはずの実力派若手俳優を連れてきていたのに、残念です。

でも、えらそうに感想を述べるには、1話も見ないわけにはいかないということになり、半ば無理やり録画を見ました。
ところが、これがとても良かったんです。そりゃ、自分の生きていない、知らなかった歴史の中の物語ですから、面白くないわけはありません。
戦後、すべての価値観がひっくり返って、とてもとまどった、と言うのは両親から聞いたことはありますが、生徒に教えなくてはならない先生と言う職業は、本当に大変だったんですね。
いつもは、ちょっと力が入りすぎて空回り気味の翔君の演技も、意外と軍国主義にはよかったような。

f0106823_1153337.jpgがっちゃんは、寒い間、朝必ずこうやってファンヒーターの上に乗っていました。
それで、いろいろなスイッチを押してくれます。お休みタイマー、おはようタイマー、温度設定、時間設定、全部いじって、さらにスイッチオフ~
ようやく暖かくなって、やらなくなったなあと思ったのですが、今日はまた、冬のような寒さです。
[PR]
Commented by kotaroco at 2012-04-14 12:01
(^▽^)ノノノノ☆ばんばん
がっちゃんが乗るから?
ファンヒーターが小さい・・・
Commented by asuzoh at 2012-04-14 17:56
>こたさま、はい、このファンヒーターは横長のずいぶんと大きいタイプです。普通の大きさのネコちゃんだと、たぶんヒーターのほうがあまると思います。全体乗っかるのが心地いいんでしょうね・・・
by asuzoh | 2012-04-14 11:53 | 日々 | Comments(2)