ミシン仕事(番外編)

f0106823_13414799.jpg
頼まれものは、どうしても作るのが後回しになってしまうワタクシですが、使いたいと思っている材料が、ピンときたときは、例外です。
これは、ご主人さまのタバコ入れです。先日の黒羽先生の展示会で買った藍の端切れで、何か作りたいとずっと考えていたので、すぐに着手できました。ぼろぼろになるまで使っていた先代のと同じでいいと、言うことだったので、3個のパーツを後から巻きかがりする「小太郎方式」でつくりました。
布の大きさと、作品の大きさがビミョーに合わなくて、予想外にたくさん剥いでしまいました。

f0106823_13433871.jpg
ペットボトルホルダーもなくしたと言うので、ついでに作りました。このワッペン、娘のトートバッグに付けようと買ってあったのですが、早めに出番が来て良かったです。
[PR]
Commented by iimono2525 at 2012-08-09 16:58
こんにちは。タバコケース、涼やかでちょっと渋い感じと思ったら藍なのですね。粋です☆
パーツを作ってから巻きかがっているとの事、カチッとした表情になるのですね。
私もここ数日、ペットボトルの袋を縫っています。後1つ縫ったら終わりになるのですが、こうやってキャップが出ていた方が使い勝手が良いな~と思いました。
ラベルのワッペンが効いていてカッコいいお仕立てですね。(*^o^*)
Commented by asuzoh at 2012-08-10 07:05
>ハルままさん、藍のほんとにハギレパックで、なかなか使えないかなと思ったのですが、出番があってよかったです。
パーツを作ってからのまきかがりは、小太郎さんのキットのさいころ型のミニポーチを作ったときに、習得しました。
http://asuzoh.exblog.jp/17195254/
私も最初のペットボトルホルダーは、口まで隠れる長さだったのですが、自分で使ってみたら、口が出ていたほうが使い勝手が良かったです。ラベルは、カントリーキルトマーケットで一目ぼれでした。
by asuzoh | 2012-08-08 13:32 | ハンドメイド | Comments(2)