ブログトップ

days

asuzoh.exblog.jp

手作りとネコとの日々

ミシンキルト考

f0106823_23164032.jpg

娘のキルトは、何とか〆切を間に合いました。最悪、前日会場持ち込みというのもあったのですが、そこまでいかないですみそうです。
画像は、裏からで失礼します。
まだ、絡んだラメ糸の始末とかしていない状態です。
f0106823_23205013.jpg

ミシンキルトの作品は、やはりラメ糸を使って、華やかな感じにしたいので、今回はゴールドの糸を使いました。

ラメ糸は、イベントの時に目につくと買うようにしているのですが、なかなか良いものがありません。左の2つはツルツルで、うまく糸が送られません。
以前の作品のとき、上糸がきつくなってしまい、ずいぶん時間をロスしました。

まん中の太い方のが、今回使ったものです。本当は、細い方のシルバーが、前に使った時、調子が良かったんですが、手持ちがありませんでした。

右の2つは透明糸。下糸に使っています。

結局、ゴールドも透明糸も、途中で足りなくなってしまい、吉祥寺まで買いに行くかと思ったのですが、通販にしました。こういう時は、本当に助かります。
[PR]
by asuzoh | 2012-09-20 23:14 | パッチワーク | Comments(2)
Commented by こっとんふらわぁ at 2012-09-26 08:48 x
娘さんに作品、間に合ってよかったですね。
若いうちからのご活躍で、頼もしい限りですね!
ミシンキルティングのラインを見て衝撃をうけました。
独学でここまで上達されたんですか?
ラメ糸って、私は買いあさるだけで、まだ出番がないのですが
種類によって、いろいろなんですね・・・
Commented by asuzoh at 2012-09-26 11:01
>こっとんふらわぁさん、小学生のころから、わたしのお供でドームやら針仕事展やら行っていますから、目だけは肥えてますが、独学です。ちゃんと見られるとお恥ずかしい限りです。
もしかして、ミシンキルトは、スポーツなのではないか、と思うときがあります。
集中力、一瞬に方向を変える俊敏力、なんと言っても、目と頭と腕の神経のつながりは、若いヒトにはかなわないです。
もし、ミシンキルトに使われるなら、ラメ糸は、ギッ○ーマンがよいと思われます。