トートバッグ完成

f0106823_902944.jpg

「すてきにハンドメイド」5月号のダブルトートバッグ完成しました。
もちろん、娘にお伺いを立てて、紺色の方がいいと言われて色を決めました。
ところが作り始めたら、猫毛との戦いで、
どうして10年以上も長毛ネコを飼っているのに、こんな簡単なことに気がつかないんでしょう(涙)。

コットンフィールドでは、パラフィン加工の10号ハンプは売っていなかったので、
もうちょっと薄い普通のハンプを買ってきました。
しっかりさせるために、裏地全体ににシャープ芯(中)を貼りました。
ミシン糸もステッチを効かせるために30番を使うということなので、紺と黄色を用意しました。
でも、糸調子がいまひとつで、ボビンケースの調子をいじるのはこわくて(こんなことではいけないと、しかられてしまうと思いますが)、
結局、上も下も紺だけで縫いました。

普通のハンプなので、針を変えただけで、他には難しいことはなく、縫うことができました。
でも、テキストにはパラフィン加工のハンプを使って縫う場合の、いろいろな工夫が書かれていて、
縫ってみて初めて、そういうことだったのね、とわかったことがありました。
まず、まち針が使えないので、クリップを使う。
アイロンも使えないので、へらで折り目をつける。
裏地の縫い代まで芯を貼るのは、表地と厚さをそろえて針や糸を同じものでできるようにするためでしょう。
外ポケットの口も、三つ折りにできないので、耳を使うようにちゃんと裁断図には書いてありました。
今度、パラフィン加工のハンプを使う時には使えそうです。
[PR]
by asuzoh | 2013-06-02 23:00 | ハンドメイド | Comments(0)

手作りとネコとの日々


by asuzoh