ブログトップ

days

asuzoh.exblog.jp

手作りとネコとの日々

布合わせって楽しい 松浦香苗のパッチワークレッスン

f0106823_2013288.jpg

松浦先生の新しいご本が発売されました。
まあ、昔ながらと言えばそうなのですが、
ここのところ、先生のご本は、刺繍とか、コットンだけではなく麻やフェルトなど異素材を使ったパッチワークとか、
ビンテージファブリックとかが続いていて、
がっつりパッチワークです、というご本は、久しぶりです。

f0106823_20131895.jpg

今回は、生徒も作品製作に参加させていただけました。
私のは、この赤いヨーロッパビンテージの花柄を使ったヘキサゴンの作品です。
ご本の最後のページでは制作番号が違っています。
私の作品は37番です。

横浜のインターナショナルキルトウィークでも、先生のコーナーができますし、
ご本に載っている作品も展示されます。
こちらも、楽しみです。



この赤い花柄布は、3年前の横浜キルトウィークの時に買いました。
いつもドームに来ているアメリカのショップが、この年だけAPECの影響でキルトウィークの会期が遅くなったので、ショップを出していました。
お友達と一緒にショップに行ったので、ついつい、気が大きくなってしまい、
いつもなら半ヤードというところを、1ヤード買ってしまいました。
でも、実はそれがよかったんです。
この作品は、お花のモチーフを18個使っていて、結局残ったモチーフは1つだけでした。

先生に布を見ていただいた瞬間、「ロングヘキサゴンね」とおっしゃったのですが、ロングヘキサゴンって?とイメージがわかず、
と言って布を寝かしているうちに、他の方が作られたヘキサゴンの作品を見て、やっとロングヘキサゴンを理解しました。
モチーフの形の配置は決まり、赤とグレーのチェック、グレーのストライプまではとんとんと、決まったのですが、
ストライプが足りないことが判明し、そこで頓挫してしまいました。
何ヶ月か、レッスンのたびに貼りこみの紙を持って行ったり来たりしていたのですが、
レッスンのときに先生が他のことで出していらしたグレーの無地がぴったり!
で、ようやく布が決まり、その後は爆縫い。
そういえば、去年の青山のお教室展の時には、途中経過、と言ってすでに半分縫いあがっていました。
その時のギャラリーのブログはこちら

家では全体を引いてみることがなかったので、今回の画像でわかったのですが、
ストライプの部分がスターのように見えるんですね。
実はまったく意図していなかったんですが。
[PR]
by asuzoh | 2013-10-23 20:10 | パッチワーク | Comments(4)
Commented by kabugabu at 2013-10-23 20:40
かわいい本でしたね!
さちこさんの作品も素敵でした♪
今日は一日この本を眺めて過ごしました。パラパラめくって見ているだけで創作意欲がわきます。
Commented by asuzoh at 2013-10-23 20:54
>kabugabuさん、
ちょっと出かけている間に配達が来てしまい、届いたのは夕方になってしまいました。
ちょっと見るだけ、のつもりが、すっかり見入ってしまい、
今日の夜ご飯がいつもより遅くなってしまったのは、言うまでもありません。
ほんとに、作りたくなる作品がいっぱいです。
Commented by こっとんふらわぁ at 2013-10-24 11:27 x
わぁ、かわいい表紙ですね。
さちこさんのヘキサゴンがまたまたステキ!
そのがっつりパッチワークです・・・って本
私も欲しいかも~
ちょっとわくわくします。
Commented by asuzoh at 2013-10-24 19:35
>こっとんふらわぁさん、
表紙は先生の新作なんですが、全部違う赤い布、かわいいですよね。
本屋さんに並んでいると思うので、見てくださいね。