フェリシモのアフガン編みバッグと「根の深い木」

ちょっと寒くなってきた頃、久しぶりにフェリシモでこんなものを買ってしまいました。
f0106823_1842086.jpg

アフガン編みは、小学校か中学校で少しやっただけで、全然覚えていないのですが、
まあ、フェリシモだから、手取り足取りのレシピがついてくるだろうと、見切り発進です。

レースの縁編みが出来上がったら、しばらく糸物は封印するつもりでいたのに、
実にいいタイミングで到着してしまいました。
思った通り、編み目がよくわかる図もついていて、何とか編み始めることができました。
どうも、持ち方が違うのか、あんまり根を詰めたら、背中がつってしまいました。

f0106823_1843813.jpg

模様編みのところまで行ったので、満足して、しばらく、本当に、封印します。
来週には、パッチワークのお教室がありますから。





f0106823_189336.jpg

で、これを編みながら見ていたのは韓流ドラマの「根の深い木」です。
いつもは見たドラマをまとめてレビューするのですが、
これはあまりにも面白かったので、ご紹介です。

「大王世宗」のサイドストーリーなのかな、と思って、何げなく見始めたのですが、
どちらかというと、アクションサスペンスもの。
ハングル創製は史実として、それを進める宮廷の人たち、反対する秘密結社、
実にハラハラドキドキのお話でした。

世宗を演じたハン・ソッキュは、映画俳優なんですね、今まで見たことなかったですが、
実に重厚で、それでいて少し危ない王様がすばらしかったです。
それに相対する秘密結社「密本」の首将(ネタバレになるから誰かは言いませんが)との場面、
お互いの心を読もうとするモノローグ、
テレビドラマにしては、とてもよくできていました。
王様の他の主役は、兵士のカン・チェユンと女官のソイということになっていますが、
私はこの「密本」の首将の方を主役にしたいです。
[PR]
by asuzoh | 2013-10-30 18:02 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)