すてきにハンドメイド

f0106823_11494030.jpg

「すてきにハンドメイド」の発売日でしたが、
キルトカフェだったので、夕方まで買いに行けませんでした。
先月号の予告で、今度のマンスリーキルトが小関先生だということ、松浦先生のヴィンテージ布の連載が始まるということだったので、楽しみにしていました。
マンスリーキルトは、比較的簡単なピーシングのブロックで、見た瞬間は、あ、これはやらないな、と思ったのですが、
これから、松浦先生の見開き2ページのために毎月買い続けるのはあまりにももったいなく(もちろん、刺しゅうや編み物のページに魅力的なものもたくさんありましたが)、
終わったばかりのキルトカフェの皆さんにメールをお送りしました。
小物の方で参加、という方も多いのですが、ほとんど皆さん参加されることになったので、
久しぶりに布探しの旅に出られるし、頑張ろうと思います。
小関先生オリジナルの布で買えるものはなるべく買って、似た雰囲気のものを作ろうと思います。
[PR]
by asuzoh | 2014-03-20 23:48 | パッチワーク | Comments(0)