連日の西荻窪

久しぶりに、キルトカフェのメンバーで西荻窪布屋さんツアーに行ってきました。
あいにく、台風崩れの低気圧のせいで、雨模様となってしまい、自転車はあきらめました。

まずは、最近私がお気に入りのパン屋さん「ラ・プルミエプゥッス」でランチ。
フランス語が一言もわからないので、お店の名前が覚えられず、いつも「pindotさんの下」、なんて言ってます。
f0106823_11141060.jpg

で、そのあと1軒目のpindotさんへ。
ウールガーゼのワンピース、作ってみたいと思ったんですが、布代だけで、既製服よりずっとお高い。
しかも、うまく作れるとも限りませんし。あきらめました・・・

次は、カントリーキルトマーケットへ。
すてきにハンドメイドのマンスリーキルト用のラティス、ボーダーを決めるのが、今日の一番の目的ですから、
裁断用の台をお借りして、マンスリーのブロックをいろいろ並べてみました。
私は、だいたい決まったのですが、今日はほかに行きたいショップもあるので、とりあえず保留。

そのあとは、通称「乙女ロード」へ。
茶系の大好きな方に、少なくなったとはいえ、今でもまだ一番茶色の布がおいてある「アーリーズプリント」をご紹介して、
それから「Sweet flap」へ。
ここは、水曜日が定休日なので、オヤのレッスンの帰りに寄ることが出来ないんです。
f0106823_1114212.jpg

お友達は、ここで一番気に入った布に決定しました。
元Veritecoさんに移られてから初めて行きましたが、すっかり砂川先生ワールドになって、
かわいい作品がいっぱいで、ゆっくりしていたいお店になりました。

さて、お茶をして休憩の後、
私はカントリーキルトマーケットに戻って、最初の布を買いました。
f0106823_1115798.jpg

これ、ボーダー大丈夫でしょうか、私にしてはとても冒険です。
ラティスの交点に入る無地は、このプリントの中の色を使おうと思ったのですが、
ここでは見つからなかったので、
帰る途中、吉祥寺のユザワヤで買ってきました。
ここのエイティスクエアは、ちょっと地が薄くて、今まではあまり好きではなく、使わなかったのですが、
コットンフィールドがなくなってしまった今は、これだけの色数がそろうところはあまり見つかりません。
[PR]
by asuzoh | 2014-09-25 23:13 | パッチワーク | Comments(0)

手作りとネコとの日々


by asuzoh