2014夏ドラマ考

f0106823_939165.jpg

画像は本文とは関係ありませんが、かいにゃんの箱づめです。
四角い箱を丸く使っています。

さて、もうこのシーズンがやってきました。恒例のドラマの感想です。
夏ドラマは、予定通り、見るもの少なかったのですが、それでも、途中から参戦したものもあり、少数精鋭でした。

では、月曜日から。
○「ペテロの葬列」
怖いもの見たさで見てしまう宮部みゆきもの。
今回は、今までの見た中でも一番スリリングでしたが、それは、最終回前まで。
見ている人みんなで、「どうなるかねえ、楽しみだねえ」と言っていたのに、
なんだったんでしょう、あの最終回。
そういう意味で、今回私が見た中でのSOS(ストロベリー・オンザ・ショートケーキ賞)です。

○「HERO」
こちらは、前評判を裏切らず、おもしろかったです。
まあ、しいて言えば、どの回も同じ感じで、いまいち最終回に向けての盛り上がりがなかったかな。
まだまだ続くよ~と、言いたいんでしょう。
初回の、児玉清さんへのSpecial Thanksがこのドラマの質の高さを表しているような気がします。

火曜日。
信じられないくらい興味持てるものがなくて、火曜日はほんとにテレビを見ませんでした。

水曜日。
○「ST 赤と白の捜査ファイル」。
スペシャルドラマで見たとき、キャラがあまり好きではなかった覚えがあって、
どうしようかなあ、と思いつつ見始めたら、
連続ドラマの分、見やすくなっていて、結局最後まで見ちゃいました。
警察の裏組織って、描くのが難しいですよね。

○「孤独のグルメSeason4」。
フィクションです、と、言い切っているから、ドラマくくりなんでしょうが・・・
初回は実家の町、途中で阿佐ヶ谷、と、今までになく身近でしたが、なぜか、その二回だけ見損ねてしまいました。

木曜日。
○「信長のシェフ」。
前のシーズンは、斬新で、おもしろかったのですが、それに慣れてしまったせいか、いまいちでした。
世間の評判通りです。
大河ドラマで、同じ時代をやっていたのも、逆風でしたね。
たしかに、信長の衣装とか、本物を使っている感じはしたんですが。

○「同窓生~人は,三度,恋をする~」
これと「昼顔」と、なぜか不倫ドラマの木曜日でした。
両方とも見ないつもりだったのですが、
「同窓生」は、一度チャンネルを合わせて見てしまったら、意外と面白くて、最後まで見てしまいました。
柴門ふみって、やっぱり私の世代には、はずせないかなあ。
それにしても、DV役って、後引きませんか?(前に錦戸君がそうでした)
しばらく、EXILE見ても、DV男にしか見えなくて・・・

金曜日。
いつもはレギュラーのドラマ枠が、怖くて見られず。

土曜日。
○「水球ヤンキース」。
これも、見る気なかったのに、ふと、見てしまったら、意外と楽しくて、最後まで見てしまいました。
最後に負けないとね。
そこが、名作と言われるスポーツものとの違いでしょう。

日曜日。
○「おやじの背中」。
あまり得意でない脚本家の先生が並んでいて、見なかったのですが、
最終回は三谷幸喜さんだということで、見たらやっぱり面白かったです。
市村正親さんの降板で、小林隆さんが主役だったということですが、最初から彼のために書かれたように、ぴったりだったと思います。

こうやってみると、意外と見てますねえ・・・
秋の方が見るもの多くて、どうなることでしょう。
[PR]
by asuzoh | 2014-10-02 09:37 | 日々 | Comments(0)

手作りとネコとの日々


by asuzoh