ブログトップ

days

asuzoh.exblog.jp

手作りとネコとの日々

根津美術館へ

先日、表参道に行ったとき、根津美術館の場所を初めてちゃんと知りました。

今回、尾形光琳の燕子花図屏風だけでなく、MOA美術館の紅白梅図屏風も見られると聞きまして、心はかなり傾いていましたが、
昨日、たまたまテレビで琳派の解説をしていて、これはもう、見に行くしかないな、ということで、会期も日曜日までだし、私としては大変珍しく、一人で行ってきました。
f0106823_22193349.jpg

f0106823_2271875.jpg

燕子花は、ほとんどベタ塗りのような表現なのに、何でこんなに生き生きとしているんでしょう。若さ故でしょうか。
それに対して紅白梅は、古木の表現、有名な流水の文様、こちらは完成された感じで本当に素晴らしいです。
他の屏風、蒔絵、陶器も、とても心惹かれるものが多かったです。

その後、お庭を散策しました。
これがまた、あちこちに私の好きな石像や石灯籠などあって、もっとゆっくり歩きたかったところです。
本物の燕子花は、残念ながらもう盛りを過ぎてしまっていました。
f0106823_2220173.jpg

f0106823_22203365.jpg

f0106823_2221121.jpg


美術館によっては、カフェやショップは、入場しなくても入れるところが多いのですが、
ここはお庭も含めて、入場しないと入れません。
表参道に戻っても、ランチをするには並ばなくてはいけない可能性が高いし、
せっかくなので、かなり並びましたが、美術館のカフェでランチをしました。
f0106823_22211455.jpg


結局、最初に見て、お庭散策の後もう一度、そして最後に、と、3回も屏風絵を鑑賞してしまいました。
こんなこと、家族が一緒だったら許してもらえませんね。
ところで、この二つの絵にとても思い入れがあるのは、
小学生の時に国宝シリーズの切手を自分で買ったからで、当時、紅梅、白梅を二枚に分けた切手はとても斬新でした。
あれ、燕子花は?と思ったら、これは大阪万博の記念切手でした。
[PR]
by asuzoh | 2015-05-15 21:53 | 日々 | Comments(2)
Commented by ボナセーラ at 2015-05-16 10:03 x
こんにちは。
私も、表参道にいました~。暑かったです。
根津美術館とパイナップルのお店は、同じ著名な建築家の方デザインだそうですね。
素敵です。
私のお目当ては、立体刺繍のアトリエFilさんの展示会でした。
素晴らしかったです。ため息でした。
日曜日までなので、ご興味あればいかがでしょうか?
いつも、お写真拝見させて頂くのが楽しみです。
Commented by asuzoh at 2015-05-16 13:38
>ボナセーラさん、ようこそ。コメントありがとうございます。
パイナップルのお店と同じ建築家の作品なんですか~
表参道には、斬新な建築がたくさんありますね。
私も後で、立体刺繍のことを聞きまして、残念なことをしました。