ブログトップ

days

ボビナージュのクリエートルーム開放

先日のキルトフェスティバルオータムフェアで、指吸先生は、なんと、日替わりワークショップをされまして、
もちろん、朝一番に走っていかないと受けられない人気なので、あきらめていたのですが、
吉祥寺のボビナージュさんで一日、そのワークショップと同じものを作れる、しかも先生がいらっしゃる、ということで、予約開始の日、電話にしがみついてリダイアルしまくって、予約しました。

お誘いしたお友達は、最初、カップケーキのパスケースだけでいいと言っていたのですが、
だんだん、私が作る予定のキャンディーガールのポーチも作りたくなってきたようでした。
追加の予約は当然できなかったのですが、
当日、まだ残っていたキットを買い、足りなかった時間は、私が使わないときにミシンをお貸しするという、
全くアンフェアなことをやってしまいまして(ミシン作業って、縫う時間より、待ち針をさしたり、アイロンかけたり、そういう時間の方が長いですよね)、二人で二個ずつ完成させました。
f0106823_10193322.jpg

二つでも集中して作ると結構大変だったのですが、4つ全部、なんて方もいらして、
先生もずっと皆さんに呼ばれては、お世話をしていて、休む時間はなかったに違いありません。

そのあとは、地下のAZDININGで、ランチ。
ドリンクのおかわりもできるので、すっかり長居をしてしまいました。
f0106823_10194037.jpg

前は、こういう時の話題は、子供のことが多かったんですが、
いまや、親の介護の問題が一番、それから、定年後、ご主人様をどう扱うか、
そういう年になってしまいました。
[PR]
Commented by mini12dec at 2015-10-13 08:40
可愛い作品が完成しましたね♪

話題の変化…確かにそうですよね。
親の介護の話、自分の体の変化の話…
最近は、そんな話題のことも多いです(苦笑)
Commented by asuzoh at 2015-10-13 08:49
>ちーさん、
オータムフェスタには行けませんでしたし、それでなくても指吸先生のワークショップは人気なので、このイベントはラッキーでした。

ちーさんも書いていらっしゃいましたよね。
私自身はまだ両親が二人で暮らしてくれているので助かっているのですが、
お友達が順番に忙しくなってパッチワークにいらっしゃれなくなっています。
by asuzoh | 2015-10-10 23:18 | ハンドメイド | Comments(2)