「世界の刺繍」展へ

午前中、美容院の予約を取っていたのですが、ちょうど家を出るころ、ものすごいゲリラ豪雨になってしまい、
お電話でちょっと遅れますとお願いをして、小やみになったところで出かけました。
どうやら、キャンセルをした方も多かったようで、行ったときはすいていましたが、雨が止んだらまた、いらしたお客様も多かったみたいです。

そのあと、文化学園服飾博物館の「世界の刺繍」展へ行きました。
15日に何も予定がなく、では何か展覧会へ、と思ったら、ここや、企業の美術館は夏休み、公共の博物館や美術館は月曜日でお休みで、満を持してのおでかけです。

どなたかが、このパンフレットは100円なのに、とてもよくできている、とおっしゃっていたので、購入しました。
f0106823_14110333.jpg


ヨーロッパの芸術にまで高められている刺繍はもちろんすばらしいですが、
アフリカやアジアの、とても長い時間と労力をかけている、しかも魔除けや祈りのこもっている手仕事は、本当に感動します。
それから、手仕事の技法は、万国共通のものが多いですね。人間の手で作るものだから、自然発生的でも、似てくるんでしょうか。
あ~、刺繍をやりたくなってきました~その前にいろんな宿題しなくちゃ~

博物館にいる間に、雨が降ったようでしたが、濡れずに新宿駅まで歩けて、
夕食をいただいて帰りました。
珍しくお写真を撮り損ねたみたいです。かまど炊きのごはんがとてもおいしかったです。
[PR]
Commented by akiconcon at 2016-08-23 07:32
これ、行ってみたいです!
インスタなどであがってる写真見て、うずうずしているのですが、いまだ行けていない。

アジアの刺繍、すてきですよね〜

刺繍の世界も楽しそう。
オヤだけでも手いっぱいなのに、いろいろやりたくなってしまう〜
Commented by asuzoh at 2016-08-23 17:36
> akiconconさん
9月の最初までやってますから、是非いらしてくださいね。
トルコもオヤだけでなく、いろいろな手工芸があるんじゃないでしょうか。
刺繍、私もやりたいんですが、オヤもなかなか上手にならないし。
by asuzoh | 2016-08-20 23:10 | 日々 | Comments(2)