ハンドメイドメイカーズに行ってきました

f0106823_12543971.jpg
予定のキャンセルが続き、無理かな、と思っていたハンドメイドメイカーズに行けるようになりました。
考えてみたら、一昨年まで、この場所でこの時期キルトウィークをやっていたんですよね。ちょっと寂しいです。
今日は一人なので、好きなワークショップをするぞ~と意気込んで出かけました。


f0106823_12544494.jpg
午前は、米永真由美先生のビーズ刺繍のブローチ。1時間では1/4しかできませんでしたが、全部の技術を教えていただいたので、忘れないうちに作ります。
他の方が作っていたのが可愛かったので、スパングルで埋めるタイプのものもキットを買ってしまいました。


f0106823_12545278.jpg
午後は、アルネ&カルロスクラブのクリスマスボール。先日、ご本は買ったものの、英語だし(実は日本語版も出ていたことを知りました)、なかなかとっつきにくかったので、今日一番楽しみにしていたものです。
かぎ針編みはずっと編んでいますが、棒針はいつから編んでいなかったでしょう、作り目のやり方を完全に忘れていました。
2時間で半分いったかな、というところです。
でも、毛糸も買いましたし、このシリーズでいくつか作ろうと思います。
先生の小嶋さんは、大阪でトルコ雑貨のショップをやっていらっしゃる方だと、最後に知りました。



f0106823_12545788.jpg
前日に行ったお友達からの情報で、猫の型をもらえるというUVレジンのワークショップも合間に受けました。
どうも、べっ甲風というのがうまくいなかったので、リベンジに着色料だけ買いました。量産してしまいそうです。

それからお買い物編。

f0106823_12550933.jpg
唯一、キルターである証のお買い物。
といっても、黒系はフランスアンティークの布(メートル売りというのを無理やり50センチにしていただきました)、リネンはお教室で作っているバッグの内袋用、レース類はお教室の課題で使おうというもので、普通の布とかは買っていません。


f0106823_12551635.jpg
唯一のこぎん刺しのブースで、むら染めの布や段染め、草木染めの糸を買いました。
こぎん刺しに関しては、自分がどこに向かっているかわからなくなっています(汗)。


f0106823_12552189.jpg
アルネ&カルロスクラブのブースに行って毛糸を買ったら、来年生田斗真君主演の映画「彼らが本気で編むときは、」のために、モチーフ編みをしていまして、私も斗真君のために(笑)一枚編みました。舞台挨拶や劇場で使われるらしいです。モチーフ自体はアルネ&カルロスのご本に載っているものです。


f0106823_12552654.jpg
やはりこの時期にみなとみらいに来たら、このツリーを見ないで帰るわけにはいかない、と、わざわざ行ってきました。
話には聞いていたのですが、リトルマーメイドのような不思議なツリーでした。


f0106823_12553084.jpg
ハンドメイドメイカーズは、主催者側は手作り品でビジネスをする人を応援する、というところで、ホビーショーと一線を画しているようなのですが、
実際に出展している企業、来る人たちは、ホビーショーの秋冬版、と思っている感じでした。
平日のせいもあり、年齢層が高かったのは、私のようにキルトウィークの代わりになるかしら、という人も多かったのかも。
アクセサリーなどの手作り品を販売するブースは、デザフェスの方が勢いがありました。
ワークショップの間、トークショーの内容が聞くともなく耳に入ってきましたが、残念ながら興味が持てる内容ではなかったです。
来年からに期待でしょうか。


[PR]
by asuzoh | 2016-11-11 23:47 | ハンドメイド | Comments(0)

手作りとネコとの日々


by asuzoh