ブログトップ

days

吉祥寺ボビナージュさんで赤峰先生のバッグのワークショップ

F.O.I.の中島さんに「ワークショップの女王」という二つ名をいただきまして、今日もそれに恥じぬよう、ワークショップにいそしんでまいりました。
f0106823_07092238.jpg
コットンフレンドではなく、ボビナージュさん主催の赤峰先生のワークショップは、久しぶりです。
今日のバッグは、表が全部パラフィン加工の帆布なのでなかなかハードです。中袋のコットン地も結構厚地なので、最後に全部縫い合わせるところは、ジャノメのミシンでも苦しそうでした。

f0106823_07092658.jpg
今回のバッグの「売り」は、ポケット口のボビンワークと皮の持ち手です。
ボビンワークは下糸に刺繍糸のMOCOを巻いてステッチするんです。
私のミシンは、ボビンケースがあるタイプで、ミシンキルトなどで、太い糸を付けるときは、ボビンケースの調整をしなくてはいけないのですが、また元に戻すことができるか心配で、やったことがありません。
ボビンケースを2つ持っていれば安心、と伺いましたが、まだそこまで至っていません。


f0106823_07093221.jpg
底も、クロスの飾り兼補強布をたたいて、おしゃれです。

今回は、3回あったワークショップの最終回だったので、先生も皆さんが間違えやすいところをチェックしてくださって、その時々に細かく教えてくださったのですが、
それでも、この底布を×ではなく+に縫いつけそうになったり、持ち手を挟まずカシメを止めようとしていたり、色々やらかしそうになってしまいました。


f0106823_07093776.jpg
ランチは恒例、同じビルの地下のASDININGさんへ。
菅原先生のブログで、あ~食べてみたい~と思っていたステーキ丼です。
いつもは、ドリンクのおかわりもしてゆっくりするところですが、今日は、その先の作業が大変なのが分かっていたので、おかわりせず、みんなでまじめに帰りました。


[PR]
by asuzoh | 2016-11-29 23:08 | ハンドメイド | Comments(0)