西荻窪iplikanaさんでVeritecoさんのワークショップ

今回のVeritecoさんのワークショップは、10周年記念ということでした。
前回の松庵文庫でのワークショップは去年の12月でしたから、半年以上ぶりです。
でも、はるばる瀬戸内から来てくださるのはうれしいことです。
f0106823_12323888.jpg
午前の部は、シュウメイギク1輪でした。
シュウメイギクは蕾がミソです。これを布でどう表現されるかが、さすがです。
葉っぱのぎざぎざ、おしべが難しかったです。

f0106823_12324068.jpg
今回のワークショップは、お花作成と共に、瀬戸内の島産の野菜を使って、iplicanaのカナさんが作ってくださったランチとおやつがつきます。
野菜カレーに人参ラペ、バジルドレッシングのトマトときゅうりのサラダ、キャベツと玉ねぎの冷製スープ、どれもおいしくいただきました。
いつもは、Ricoさんとは、ワークショップの間にちょっとお話をして、帰り際にまたちょっとお話をするくらいしか時間がないのですが、今日はゆっくりお話ができて、とても貴重なひと時でした。


f0106823_12324295.jpg
お昼休みの後、午後はマリーゴールドとフリージアのネックレスでした。いつも、Veritecoさんのワークショップでは、藍色を使うことが多いのですが、今日は瀬戸内の「ヤシャブシ」があったので、これをマリーゴールドにして、ベージュのフリージアと組み合わせました。季節関係なしの雰囲気でお気に入りになりそうです。


f0106823_12324445.jpg
午後の部終了後のおやつは、トマトのコンポートのシャーベットに梅のコンポート添え、トマトなのに、こんなに甘いなんて!お茶も、島のハーブのハーブティーです。なんだか、夢のような生活ですね。


f0106823_12324624.jpg
おやつにいただいたクッキーもおいしかったです。島のかぼちゃのクッキーもお土産にいただきましたが、さらに、クッキーを買ってしまいました。

Veritecoさんは来春に、またご本が出るそうで、きっとお忙しいことと思います。また、本の出版記念にワークショップをしてくださるといいなあ。
さて、色々あって、私は染めもまだできていないので、鉄は熱いうちに打て!です。


[PR]
by asuzoh | 2017-08-07 23:28 | ハンドメイド | Comments(0)