ハンドメイドメイカーズに行ってきました

午前中、娘のところに届け物をして、一緒にランチをした後、みなとみらいに向かいました。
f0106823_13070395.jpg
3日間のうち、今日しか予定があいていませんでしたし、横浜にくる用事がなかったら、あきらめるところでした。

f0106823_13070599.jpg
出足が遅かったので、ワークショップは無理かな、と思っていたのですが、先日の蚤の市でも気になった「ハーバリウム」のワークショップを受けられました。
ボトルの中に、プリザーブドフラワーやドライフラワーを入れて、最後にミネラルオイルを入れます。シリコンかと思ってました。
オイルなので、手が汚れているとカビてしまうので、最初にアルコールで指を消毒しました。
先細の形の方が倒れなくていいだろうと思ってこちらにしたのですが、先の方には、軽いカスミソウしか入れられませんでした。
お花の微妙な向きとか、茎をどのくらいカットするとうまく入るとか、生け花やフラワーアレンジのような楽しさがあります。花材も、入れてみると思ったのと違ったりします。

f0106823_13070715.jpg
戦利品はこんな感じです。左上は、今回一番欲しかったatsumiさんプロデュースの布、刺繍された作品もたくさんあって、また、たくさん刺激を受けました。
左下のスマホケースは、一目惚れ。アンドロイド用は、カメラレンズの穴がないので、折り畳んで使うようになっています。
右下はスワニーさん。コットンフレンドにもジャガード織り、ゴブラン織りの生地がたくさん出ていてほしかったもの、後ろのボーダー布は、用尺が足りないので、ジャンパースカートにするか、袖用に別布を買うか、考えます。

前回に比べて、企業の参加が少なく、デザフェスのような作家さんの小さなショップが多くなったと思います。
出展者の顔ぶれも去年とだいぶ変わっていて、これからはこちらの方向になるんだろうな、と思います。
実際行った自分がそうだったように、去年はキルトウィークを引きずっていましたが、今年はほとんどキルト関係のお店はありませんでした。池袋のQ&Sショーも、お店が少なかったですし、東京で布屋さんに会える機会は、いよいよドームだけになってきました。
今更のように気が付いたのですが、キルト展は、大きなキルトを飾るためのパーティションが多く、自然と道筋ができるし、何となくがらんとした雰囲気にならないんですね。

f0106823_13070950.jpg
この季節に横浜に来たら、やっぱり最後はこのツリーを見ないと。
日曜日だったし、出遅れたせいもあり、駐車料金の高いところに停めてしまったので、イルミネーションの時間までいられず帰ることになりました。最終回のワークショップも時間切れであきらめたものがあり、残念でした。


[PR]
by asuzoh | 2017-11-12 23:04 | ハンドメイド | Comments(0)