ブログトップ

days

悲しいこと

母から電話があり、姉(つまりわたしの叔母)と、この1ヶ月くらい連絡が取れない、留守電になっていて、メッセージを入れておいても電話もないし、ちょっと見てきてくれないか、というので、行ってきました。75才過ぎた母がタクシーで飛んで来るとか、85才の叔父が車を出すとか言っているのでは、一番近い私が行かないわけにいきません。距離は近いのですが、あまり親しくしていないので、ちょっと敷居が高かったんですけど。結局ピンポンしても、ドアをノックしても、出てくる気配はなく、会えなかったのですが、メッセージのメモを残しておいたら、後で電話があったそうです。
やっぱり肉親のことって、勘が働くというか、感じるものがあるんでしょうか。あまりよくない病気だそうで、電話も掛けにくかったみたいです。ちょうどテレビで「東京タワー」をやっていて、おかんの看病をするシーンを見た後だったので、これから先のことを考えると、つらいです。
[PR]
Commented by Yoshiko at 2006-11-22 12:23 x
お母様御心配されてることでしょうね

「東京タワー」を見ながら、わが息子はこんなに看病してくれるのかしら?
とわが身に置き換えながら、見てました
こんなことを思うようになったということは、自分が看てもらう側に
近くなったってことかしら?
Commented by さちこN at 2006-11-23 12:16 x
>Yoshikoさん、
うんうん、私も絶対うちの息子はこんなに優しくしてくれないなと、思いながら見ていました。リリーさん、あんな感じだけど親孝行なんですね。
Commented by DEKO at 2006-11-24 16:56 x
お母さん 勘が鋭いですね。
やっぱり肉親ってそういうものなんですね。
うちは便りが無いのが元気な証拠と言ってるけど
何かあるとやっぱり勘が働いて直ぐに電話してきますよ。
Commented by さちこN at 2006-11-26 11:01 x
>DEKOさん、そうそう、DEKOさんも田舎からお電話あるっておっしゃってましたよね。心配させないように、まめに連絡しなくちゃね。
by asuzoh | 2006-11-20 17:22 | 日々 | Comments(4)