展示会のはしご

今日は、表参道と京橋の展示会はしごの予定だったのですが、KAUNISTEさんのインスタグラムで、今、代々木八幡で展示をされているということで、ちょっと寄り道で行くことにしました。
小田急線の代々木八幡駅で降りて、いつもなら、車で通るところだなと思いながら、環6を歩いて行きました。
この画像で見ると、ここはディスプレイで後ろから入るように見えるでしょ、実は、このガラスの一枚が引き戸なんです。
f0106823_11595869.jpg
KAUNISTEさんは、日本にショップがなくて、前に東京蚤の市の北欧市で布を買って、今回も布があれば、と思ったのですが、今回はウールの新製品の展示でした。


f0106823_11595964.jpg
ハンカチを一枚、プレゼント用に買ったら、こんな素敵なラッピングをしてくださいました。


f0106823_12000048.jpg
さて、今度は地下鉄千代田線に乗り換えて、表参道に行きました。
トルコのオヤ糸やさんの展示会です。
ここがまた、表参道から結構歩きました。


f0106823_12000210.jpg
普通のオヤ糸は売るほどあるので、段染め糸を買いました。ほんとは中糸の段染めが欲しかったんだけど、なかったです。
この糸を使った編み方がちょっと面白くて、やってみようと思います。


f0106823_12000391.jpg
途中で、かわいいお店があったので帰りに寄ってみました。
「ソストレーネ グレーネ」というフライングタイガーみたいな雑貨屋さんなんですが、雰囲気も落ち着いているし、色合いも落ち着いています。でも、お値段はタイガーなみです。


f0106823_12000498.jpg
これは、プレゼント用に自分で箱詰めしたものです。ねずみさんが袋に入っていてよく見えなくて残念。
調べたら、なんと、吉祥寺の丸井にもショップがあるそうで、今度行ってみます。でも、表参道のショップのこの雰囲気はここでないとでないだろうな~。


f0106823_12000674.jpg
さて、最後は、表参道から銀座線で京橋に向かいました。
千疋屋って、総本店と京橋と銀座があるって知ってました?
ここは、京橋千疋屋、2階にギャラリーがあります。


f0106823_12000773.jpg
今日のメイン、お友達の凸さんたちの刺繍のグループの作品展です。
「童話の世界」ということで、皆さんそれぞれの赤ずきんちゃんの作品、それから童話をモチーフにした作品、どれも素晴らしく、感激するばかりでした。
せめて、この赤いピンクションの一つでも作れるようになりたいです。


f0106823_12000848.jpg
やっぱりこれだけの刺激を受けた後は、すぐ先の越前屋さんを素通りすることはできず、かと言ってすぐ作れるものもなく、前から探しているリネンのこぎん刺しによさそうな布を買いました。
ギャラリーの下の千疋屋さんは思わず、後ずさりするほどお高かったので、駅からの途中のとても和カフェには見えないカフェに入りました。家を出てから、全然お休みしていなかったので、甘いものが欲しくなりました。

f0106823_12000963.jpg
やっぱり都会は、なんでもない風景でも素敵です。お上りさんはぽかんと口をあけて見上げていました。



[PR]
# by asuzoh | 2017-11-21 23:57 | 日々 | Comments(0)
f0106823_12025440.jpg
テマリシャスさんのアトリエでのワークショップに行ったとき、まだワークショップの席があるということで、参加させていただくことにしました。今回は、32分割の手まりを用意してくださるのですが、お勉強のつもりで材料をそろえて、自分で作ることにしました。
今まで作ったことのない大きな手まり、しかも32分割。作品展に伺ったときに、確認しながらなんとか作りました。

オヤレッスンの時に、作品展に皆さんをお誘いしたので、お友達が2人も参加されました。皆さん、やっぱり糸モノ好きなんですね。


f0106823_12025579.jpg
今日のおやつは、西荻窪に新しくできたキーズというお店のケーキ。これを目の前において、ウマの人参のように頑張ってかがりましたが・・・どうやら途中で間違えていたようです。このまま進めてしまいましたが、どうしよう、解こうか、迷い始めました。
やっぱり、無意識に右と左を持ち替えてしまうのが、いけないのかもしれません。
f0106823_12025641.jpg
終了時間が来ても、なかなかキリがいいところまでできなくて、遅くまで居残りの方が多かったです。糸を足して買ったり、すっかり遅くまでお邪魔してしまいました。というわけで、残った方だけで記念撮影です。これだけでもなんだか素敵な風景です。
来週、横浜でレッスンがありますし、この1週間は手まりウィークかな、あ、キルトカフェもあるんでした。


[PR]
# by asuzoh | 2017-11-18 23:01 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)
f0106823_10540884.jpg
ワサビエリシのレッスンの後、そのまま新宿に向かいました。
サルバトーレクオモで、おひとり様ランチ。マルゲリータピザを独り占めの幸せですが、これ一人分ですよね、一気に食べないと絶対途中でリタイアしそうでした。
今では、お店も増えて、ケータリングもありますが、10年も前に、初めてこの大学に見学に来た時、こんなおしゃれなイタリアンが大学のビル(正確には隣のビル)に入っているなんて、さすが新宿のおしゃれな大学ね~と思ったものです。


f0106823_10540904.jpg
秋の展覧会ラッシュもいよいよ最終コーナーです。
今日は、文化学園服飾博物館の「更紗の着物」展です。
インドの古い更紗布、インドとの交易が禁止された後、世界各地で独自に作られた更紗、日本の更紗の着物、とても素晴らしい展示でした。

f0106823_10541129.jpg
特に、ポスターにもなっている三井家伝来の「更紗切継ぎ杜若文様小袖」。刺繍を施した着物地と更紗のパッチワークです。キルターであり、布マニアであり、和ものも好きで、最近少し染色にも興味のある私には、大変ツボでした。ポストカードも買ってきました。


f0106823_10541071.jpg
今日はお天気も良くて、大学のビルの窓に青空が映り、都会の秋という感じでした。
ここの大学の購買は、実習用の材料や手芸品も売っているので、これからオカダヤまで歩いていくよりは、と、最後に寄らせていただいて、小物やら編み棒やらいろいろ買いました。
すっかり気分がよくなって、持っていたカーディガンを落としてしまい、戻ってうろうろ探し回ったことは秘密です。

[PR]
# by asuzoh | 2017-11-16 23:50 | 日々 | Comments(0)
今日のワサビエリシのレッスンは、モチーフを編んで、ペンケースに縫いつけるもので、私でも編むのはレッスン中に出来上がりました。早い方は、針と糸をお借りして、縫いつけまで完成していました。
宿題の方は、相変わらず泥縄ですが、完成しています。
f0106823_10384002.jpg
こちらは、10月のもう一つの課題、ベリーのショートラリエット。ベリーは、幾つ編んでなかなかうまくならない感じ。もっと修業が必要かも。
今回の糸は、新発売されたタティングレース用のラメ糸なのですが、レース糸のようにガサガサしないし、ラメも落ちないし、優れものです。


f0106823_10384293.jpg
こちらは、11月の課題。モチーフを編んで、先生が探してくださったトートバッグに縫いつけます。糸は段染めなので、それだけで素敵です。糸を長く使うループだと引き立ちますね。


f0106823_10384316.jpg
真ん中のお花は何でもいいのよ、とおっしゃっていましたが、みんな先生の真似をして、ループでお花を作りました。



f0106823_10384593.jpg
このループは、トルコのトゥーオヤでは有名な、アイスのスティックを使う手法。幾つか作ってまとめるのはやったことがありましたが、こんなに長く編むのは初めてでした。そのための便利グッズを先生が作ってくださいました。スティックにリボンがついています。これでどんなに長く編んでも大丈夫です。


[PR]
# by asuzoh | 2017-11-16 23:35 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)
午前中、娘のところに届け物をして、一緒にランチをした後、みなとみらいに向かいました。
f0106823_13070395.jpg
3日間のうち、今日しか予定があいていませんでしたし、横浜にくる用事がなかったら、あきらめるところでした。

f0106823_13070599.jpg
出足が遅かったので、ワークショップは無理かな、と思っていたのですが、先日の蚤の市でも気になった「ハーバリウム」のワークショップを受けられました。
ボトルの中に、プリザーブドフラワーやドライフラワーを入れて、最後にミネラルオイルを入れます。シリコンかと思ってました。
オイルなので、手が汚れているとカビてしまうので、最初にアルコールで指を消毒しました。
先細の形の方が倒れなくていいだろうと思ってこちらにしたのですが、先の方には、軽いカスミソウしか入れられませんでした。
お花の微妙な向きとか、茎をどのくらいカットするとうまく入るとか、生け花やフラワーアレンジのような楽しさがあります。花材も、入れてみると思ったのと違ったりします。

f0106823_13070715.jpg
戦利品はこんな感じです。左上は、今回一番欲しかったatsumiさんプロデュースの布、刺繍された作品もたくさんあって、また、たくさん刺激を受けました。
左下のスマホケースは、一目惚れ。アンドロイド用は、カメラレンズの穴がないので、折り畳んで使うようになっています。
右下はスワニーさん。コットンフレンドにもジャガード織り、ゴブラン織りの生地がたくさん出ていてほしかったもの、後ろのボーダー布は、用尺が足りないので、ジャンパースカートにするか、袖用に別布を買うか、考えます。

前回に比べて、企業の参加が少なく、デザフェスのような作家さんの小さなショップが多くなったと思います。
出展者の顔ぶれも去年とだいぶ変わっていて、これからはこちらの方向になるんだろうな、と思います。
実際行った自分がそうだったように、去年はキルトウィークを引きずっていましたが、今年はほとんどキルト関係のお店はありませんでした。池袋のQ&Sショーも、お店が少なかったですし、東京で布屋さんに会える機会は、いよいよドームだけになってきました。
今更のように気が付いたのですが、キルト展は、大きなキルトを飾るためのパーティションが多く、自然と道筋ができるし、何となくがらんとした雰囲気にならないんですね。

f0106823_13070950.jpg
この季節に横浜に来たら、やっぱり最後はこのツリーを見ないと。
日曜日だったし、出遅れたせいもあり、駐車料金の高いところに停めてしまったので、イルミネーションの時間までいられず帰ることになりました。最終回のワークショップも時間切れであきらめたものがあり、残念でした。


[PR]
# by asuzoh | 2017-11-12 23:04 | ハンドメイド | Comments(0)

「縞と格子」展示会へ

ICU大学の博物館で行われている「縞と格子」展示会、車でちょっと行けばいい、と思っていたせいもあり、とうとう最終日になってしまいました。
大学の構内には車は入れませんから、近くのTSUTAYAに車を停めて、そこから歩いていきました。今までも何度か来ていますが、その時は娘と一緒だったので、一人の道のりは遠い上に、広い構内でほとんど迷子状態でした。
f0106823_10301627.jpg

f0106823_10301797.jpg


f0106823_10301851.jpg
最終日の夕方、きっと最後の訪問者だったのではないでしょうか。
どこにも撮影禁止とは書いてなかったし、学芸員の方も見ていらしたけど何も言われなかったので大丈夫だと思いますが、差しさわりのないものだけ。これは「丹波布」。藍の布を想像していると、茶色や緑が印象的です。
それから、屑糸織り、これは、文字通り色々な屑糸を織り込んでいるのですが、作り手のセンスですね、とてもきれいな色合いでした。
後は、仏供米袋(ぶくまいぶくろ)という、寄裂(パッチワーク)の袋、これはもう、ずっと眺めていたいほどの出来上がりでした。
刺し子をした風呂敷、寄裂の着物の布製品だけでなく、縞模様の陶器、縞や格子の着物を着た人物の浮世絵まで展示されていました。


f0106823_10301945.jpg
午前中、荻窪散歩のときは川沿いの桜の紅葉にはまだ早かったのですが、ちょっと西に来ただけなのに、こちらはもう紅葉がきれいでした。
帰ってから万歩計を見たら、15000歩を越えていました、さすがに疲れました。
[PR]
# by asuzoh | 2017-11-10 23:26 | 日々 | Comments(0)
お友達が荻窪で、おいしくてリーズナブルなランチのできるお店を見つけたということで、みんなで行くことにしました。一応、お料理教室の番外編ということです。
ちょっと遠めの方は、中継になるお友達のうちに自転車を置いて、川沿いをウォーキングでお出かけしました。
f0106823_10113713.jpg
本当はワインが売りのお店なので、飲めない私にはもったいないです。

f0106823_10113870.jpg
前菜と、メインはお魚かお肉、デザートまで付きます。メインの付け合わせの左上のはジャガイモなんですが、これが天然の色です。あ~こういうお名前覚えるの、苦手でごめんなさい。

帰りは、パン屋さんのツェルマットに行き、最後にみんな、ずっと気になっていたけど、一人で入る勇気がなくて、と言っていたオリーブオイル専門店に行ってみました。


f0106823_10113942.jpg
ご夫婦でやっていらして、一本ずつオイルの説明をしてくださり、テイスティングもさせてくださいます。みんなで色々買ってみました。
私は、サラダ用にオーソドックスな軽いタイプにしました。
この後、お散歩はしごなので、うちに帰ってそのまま出かけました。


[PR]
# by asuzoh | 2017-11-10 23:09 | 食べるもの | Comments(0)

清澄白河散歩

深田荘はどのお店も午後1時からなので、ランチの後、もう一度戻ることになりました。
リカシツは、その名の通り、実験器具をインテリア用に売っているお店で、一度来てみたかったところです。
いっぱいアレンジ例を飾ってあるのですが、目が行ってしまうので、素で売っている器具たち。
丸底フラスコにコルクの敷物、試験管立ての平底の試験官、ねじ付きのビン等々、私の人生の前半に出会ったものたち、久しぶりのせいか、あまりにも理化学器具すぎて、何も買うことができませんでした。
スタンドにロートとビーカーでコーヒーをドリップするなんて、確か、ほんとうに研究室の先輩がやっていたような気がして、もう、絶句です。
今度行く時までに、アレンジを考えて、本気で買いに行きたいです。
それからお隣のfukadacafeへ。
f0106823_08495067.jpg

f0106823_08495093.jpg
天井がとても高い、ゆったり過ごせる空間で、たっぷりランチをいただいた後なのに、スコーンを美味しくいただいてしまいました。


f0106823_08495274.jpg
そうそう、清澄白河といえば、ブルーボトルコーヒーです、ご近所なので行ってみましたが、とても混んでいて、引き返してしまいました。あそこだけ、異空間で若い人が多かったのですが、一体どこから湧いてくるんでしょう?


f0106823_08495362.jpg
その後、駅に向かいながらお散歩しました。
この道の向こうに深川江戸資料館がありますが、今度来た時のお楽しみにしました。


f0106823_08495471.jpg

f0106823_08495585.jpg
道すがら、清澄庭園沿いに、ずっと同じような形の建物が並んでいるので、きっとこれは、何かいわれのあるものだろうと、後で調べてみましたら、「旧東京市営店舗向住宅」と言って、関東大震災後の震災復興事業で建てられたものだそうです。すごい古さですね。
道のこちら側から見ただけで、建物の装飾とか見られなかったのが残念でした。


f0106823_08495676.jpg
最後に、ふと見つけた毛糸やさん、毛糸だけでなく、バッグや小物や、いわゆるセレクトショップのようです。
とにかく、寒くなったし、現在毛糸が編みたくてしょうがない状態です。
マフラーのキット、三色選べるのですが、左のブルー(実際にはもうちょっと明るい色です)ともう二色は、オーナーに選んでいただきました。
下のは、毛糸刺繍のキット。これも可愛いので、色もオーナーチョイスのピンクを中心にしました。
f0106823_08495743.jpg
ちょうど、お客様がはけたところだったので、色や毛糸についてのこだわりとか、お店の場所を清澄白河を選んだこととか、色々お話をさせていただきました。
作品ができたらそれを付けてうかがって、また次の毛糸を選んでいただきたくなるショップでした。

Baharさんのワークショップの最後に、お茶と豆大福を出していただいたので、和菓子を買って帰りたかったのですが、残念ながら和菓子屋さんを見つけることができず、駅に着いてしまいました。


[PR]
# by asuzoh | 2017-11-09 23:47 | 日々 | Comments(0)
清澄白河の深田荘、前からず~と行ってみたかったところです。
カフェも、リカシツも、Baharも気になって気になって、でも、清澄白河って遠いのよね、と思っていました。
今回、Baharさんで、ミフリの野中さんのイーネオヤの展示販売とワークショップがあるということで、しかも、そのワークショップの先生がお友達のお友達ということで、一緒に参加させていただきました。
f0106823_18183171.jpg
これが深田荘です。イメージ的には、街のはずれの空き地にポツンと建っている感じですが、周りは普通の建物で、むしろ浮いています(笑)。

f0106823_18183244.jpg
2階の廊下です。


f0106823_18183312.jpg
Baharさんの入り口。このガラス窓の感じ、レトロですね~


f0106823_18183680.jpg
今日のレッスンは、初心者向けで、リボンに三角のイーネオヤを結んで、それをむにゃむにゃ、ごにょごにょすると、お花になるという、なんて素敵なアイディアでしょう!先生も、とっても気さくで、わかりやすく教えていただきました。いつもよくわからなくてできないところ、少し解決しました。
目数を間違えてやり直ししたりしたたので、全部は結べませんでしたが、これなら私でも完成できそうです。
最後にみんなの成果を集めて記念撮影(これは、Baharさんのインスタグラムからいただきました)。
お一人、お見掛けした方だと思ったら、ワサビエリシでご一緒の方でした。オヤの世界は狭くて、あちこちにお知り合いがいます。

f0106823_18183488.jpg
清澄白河と言えば、深川めしが有名なんですが、お友達はアサリが苦手、ということで、Baharさんに伺って、ご近所の和食でランチをしました。
清澄白河というのはとても不思議な場所で、人形町のように会社がいっぱいあって、ランチ時は大賑わい、というのとも違って、お昼時のお客さんは私たちのような女性ばかりでしたし、歩いているのも、おばさんのグループが多かったです。
お友達は、おうちの猫ちゃんが心配ということで、ここでお別れして、私は深田荘に戻りました。


[PR]
# by asuzoh | 2017-11-09 18:13 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)
今日は西荻窪SOFAさんで、トゥーオヤのレッスンでした。
最近、オヤ宿題¥の画像UPもしていなかったので、久しぶりに。
右は9月の課題。すごく難しい、コロコロぶら下がるモチーフで、このぶら下がる感じを出したくて、グラデーションの太糸を使いました。ところが、太糸で編んだひもを通す大きな穴のビーズがなくて中断していたのですが、灯台下暗し、SOFAさんの隅っこに山積みになっているビーズの山から見つけました。
左は10月の課題。こちらは編み図を見て素直に編めるタイプ。裏にブローチピンを付けてブローチにします。真ん中を茶色、花弁を黄色で、ヒマワリにした方、素敵でした。
f0106823_17555970.jpg
さて、今週は2回オヤレッスンがあるのですが、ちょうどその間、ご近所のFALLさんでテマリシャスさんの展示会があります。
ほんとに、SOFAさんの外に出ると、すぐ向こうに見えるくらいご近所です。
レッスンの前にうかがって、次の課題について教えていただきました。その時葉書をいただいて、オヤレッスンの皆さんにお誘いして、帰りにまた行きました。オヤの先生も後でいらっしゃいました。


f0106823_17560073.jpg
f0106823_17560128.jpg
皆さん手芸好きですから、草木染の糸を使った手まりにうっとり。中には、お母様が手まりを作られていた、とか、前に手まりを作っていたという方もいらして、初心者の私にはうらやましい限りです。
土台を巻くセットを買った方も多く、また、オヤレッスンの時にでも、テマリシャスさんのアトリエに糸を買いに行くことになるかもです。


[PR]
# by asuzoh | 2017-11-08 23:54 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

手作りとネコとの日々


by asuzoh