カテゴリ:パッチワーク( 607 )

やってきました、年に一度のキルターの祭典、東京国際キルトフェスティバルです。
今日は、例年通り、地元のお友達とご一緒しました。
午後から会場入りし、企画展示や先生方の作品を見た後、お茶休憩をして、最後は自由行動にしました。
f0106823_20290397.jpg
今年の特別企画は、鷲沢先生グループのオズの魔法使いです。
相変わらず、果物やお花やねずみや、生徒さんがたくさん作られていてすごいです。

f0106823_20290874.jpg
小関先生のブースは新刊の「マニッシュなキルト」のコンセプトで。


f0106823_20291266.jpg
斎藤謡子先生の「全仕事」は、最近の北欧調の作品が多めでした。
現在、北欧憧れ中なので、ディスプレイの一つずつが気になって仕方なかったです。


f0106823_20291712.jpg
駆け足でお買い物をして、作品のお写真を撮って、別行動だったお友達とまたおちあって、結局蛍の光まで会場にいました。


f0106823_20292049.jpg

f0106823_20292664.jpg
そのあとは東京駅でご主人様と待ち合わせして、クリスマスで終わっていない丸の内のイルミネーションを見にいきました。


f0106823_20293415.jpg
実は一昨日、歯医者さんに行ったのですが、治療途中の歯がとても痛くて、嚙み切ることができない状態です。
お茶の時のケーキがお昼ご飯替わりでした。
夜ごはんにいただいたこの定食は、とろろご飯、茶わん蒸し、揚げ出し豆腐に焼き魚で、何とか食べられましたが、お野菜は全くダメでした。



[PR]
by asuzoh | 2017-01-19 23:25 | パッチワーク | Comments(0)

f0106823_16252531.jpg

f0106823_16253179.jpg
さて、例のヘキサゴンを作ってみることにしました。まずは、1月1日分から。
でもこれ、ちょっと面倒なパターンなんですよね。
ご本を買う前には、市販のペーパーライナーを使えるかな、と思っていたのですが、そうもいかないことが分かりました。
ご本の通りに作ると、一辺3インチになります。


f0106823_16253543.jpg
で、ご本の型紙をスキャナー撮りして、ケント紙に必要な数だけプリントしました。
ずっと使っていたプリンターは、厚い紙だと詰まってしまって印刷しにくいので、年賀状用に買った新しいプリンターを使うことにしましたが、設定をしていなかったので、ずいぶん時間がかかってしまいました。


f0106823_16253935.jpg
窓開き型紙はやっぱり必須です。ピースが小さいので縫い代は5mmで作りましたが、ペーパーライナーには細すぎました。
ご本で3/8インチ(9mm)ということですが、7mmでやろうかと思います。
布でペーパーをくるむのは、普通は糸で縫いますが、のりを使うと便利ということなので、のりで付けてみました。はがすのは目打ちを使うそうです、果たして上手くいくでしょうか。


f0106823_16254797.jpg
で、一日で縫いあがりました。縫い代の畳み方はまだ研究が必要です。
今回の布は、年末にSweet Flapで購入したものです。
これをベースに色を増やして、1か月分で一枚のタペにしようかと思います。


[PR]
by asuzoh | 2017-01-13 16:24 | パッチワーク | Comments(2)

A-materialsさんが、まだSocksさんで、大正通りにお店があったころ、私は松浦先生のお教室にまだ通ってなくて、吉祥寺に詳しいお友達に連れて行っていただいたものの、何も買うことができませんでした。
それから、A-materialsさんに名前が変わり、場所も中道通りに移転してからは、何度も通いました。
特に、お教室に入って間もないころは、布を全然持っていないので、せっせと買い集めたものです。
最近、お店がさらに成蹊大学の向こうにお引越ししてしまってからは、ちょっと足が遠のいていました。
去年の秋に、年内でお店を閉めるというお話で、びっくりしてしまいました。

そして年が明けて、今日から閉店セールだということで、午前中歯医者に行き、その足で吉祥寺に向かいました。
成蹊大学の近くには行ってみたいけど、ちょっと遠い、というカフェがいくつかあるのですが、お目当てのカフェは何人も外に並んでいて、では、前に「糸モノ祭り」の時に行ったところに、と思ったら、どうもお店が変わっていたようです。
(追記、どうやら今日のランチから開店だったようです、閉店あれば開店ありですね~MENTONというカフェです。)
でも、パスタランチ、おいしくいただきました。
f0106823_16461973.jpg


f0106823_16462319.jpg

f0106823_16462910.jpg
さて、お買い物ですが、まずは19世紀の布中心のエリア。オーナーは「オールドファブリック」とおっしゃってました。前々から欲しかったのですが、今回30%オフですから、かなり買い占めてしまいました。一番右のは20世紀初頭のものですが、オーナーもお薦めでした。


f0106823_16463463.jpg
それからこちらは20世紀ヴィンテージ布。お教室では、小さなカットクロスでは足りなくなるので、特にストライプ系は大盤振る舞いで1ヤード買ってしまいました。


f0106823_16464040.jpg
最後にカットクロスのエリア。このビニール入りのカットクロスは、なんと!50%オフです。早い者勝ちですよ~
ちなみに、セールは2月19日までやっていらっしゃいます。



[PR]
by asuzoh | 2017-01-06 16:45 | パッチワーク | Comments(0)

先日、実家に行ったとき、母に「最近、パッチワークの作品作ってないんじゃない?」と言われ、グーの音も出ませんでした。
そうなんです、去年はとうとう、お教室の作品以外、キルトトップも作ったものがありません。
そういわれると悔しいですから、今年はパッチワークをします!

f0106823_19460874.jpg

インスタグラムのフォローさせていただいている方の画像を見て、とても心惹かれまして、この本をすぐに注文しました。Amazonはすごいですね、あっという間に届きました。
f0106823_19461236.jpg

キルターの方なら皆さんお持ちの365日バースデーパターンのヘキサゴン版って感じですね。
ペーパーライナーで作るようになっているのがミソです。
f0106823_19461705.jpg

すぐに作りたいところですが、実際には、お教室の宿題で、キューキューです。
[PR]
by asuzoh | 2017-01-04 19:32 | パッチワーク | Comments(0)

だいぶ間が空いてしまいましたが、ブロックチャレンジの続きです。

No.2 Monkey Wrenchです。
f0106823_13372688.jpg
全部今回のためにカントリーキルトマーケットで買った布です。
鳥さんの布がCotton&Steelだったと思います。色々お仕事をしていてかわいいです。


No.3 Eight Pointed Starです。

f0106823_13373148.jpg
ピンクの布と真ん中のフォークが今回のきっかけになった、コットンフレンドのプレゼント布です。
ピンクの建物の布は四角く使いたかったんですが、ちょうどいいピンクがなくて、ここで使ってしまいました。

お友達はおひとり、ご自分の布で作り始めました。
続く方は、私と同じ布を使うので、私は同じ布をなるべく使わないようにしたいと思います。


[PR]
by asuzoh | 2016-11-10 13:36 | パッチワーク | Comments(0)

コットンコネクション主催の通称「ブロコネ」、気になっていたのですが、一人でやる元気はなかったのですが、
キルトカフェの時に皆さんに提案したら、意外と興味を持ってくださり、遅ればせながら参加する方向になりました。
枚数の限定と、(今のところ)簡単なパターンなのが良かったみたいです。

今日、オヤレッスンの帰りに、お使いで久しぶりにカントリーキルトマーケットに行きまして、時間もあったので、ゆっくり布を選びました。
f0106823_13260937.jpg

先日、コットンフレンドで当選したコットン+スティールの布を使うことは決めていたのですが、それを持っていかなかったので、お店にあったコットン+スティールの布を中心に合いそうな布を買ってきました。

そうなると、うちに帰ったら、もう、すぐ、縫ってみたくなります。
お教室の作品と、マンスリーキルトを除けば、布から選んでパターンを縫うなんて、ほんとに久しぶりです。
No.1Rail Fenceです。
f0106823_13261655.jpg



[PR]
by asuzoh | 2016-10-08 13:09 | パッチワーク | Comments(2)

f0106823_16015944.jpg

「ねこ手芸」のご本を買ったとき、これは絶対に作ろうと思い、ミニミニポーチの作者のこたろうさんにお願いして、ハーフキットを作っていただきました。
キルトカフェの仲間で、夏休みの宿題に作って、みんなで記念写真を撮りました。

f0106823_16020488.jpg

トーテムポール風。

f0106823_16020970.jpg

ツムツム風。

一人ずつで作ったので、それぞれ個性がありますね。
青のストライプ柄は3種類使っていて、自分では材料集めが大変です。
裏の猫布もかわいくて、ちゃんと耳のところに猫が見えるようになっていて、細かい技が猫好きならではです。
こたろうさん、ありがとうございました!


[PR]
by asuzoh | 2016-09-30 15:48 | パッチワーク | Comments(0)

松浦先生のレッスンでは、自分の好きな布を使ったタペストリーを作っていますが、それとは別に毎月課題があります。
f0106823_20315070.jpg

これは、みんな、19世紀キャリコを使っています。
色々な機会に先生からいただいた布と、自分で購入したキルトトップをほどいた布を使っています。
一枚ずつしか取れなかった布も使うことが出来ました。

f0106823_20315560.jpg

これは、ファスナーを使ったブレスレットです。ファスナーの布部分を全部カットして、ボンドで止めているだけなんですが、先生が作られると、なんだかいいものに見えてしまいます。

f0106823_20320793.jpg

そしてこれが、今月の課題でした。
1センチ幅になってしまった端切れをテープに貼って、ネットにくぐらせています。
先生の見本はハード芯を入れたスマホケースでしたが、私は、スマホは手帳型を使うので、メガネケースにしました。
[PR]
by asuzoh | 2016-09-25 20:10 | パッチワーク | Comments(0)

キルト&ステッチショー

f0106823_02433437.jpg
私のスケジュール管理ミスで、最終日にしか行けなくなってしまったキルト&ステッチショーです。
前日は、ドームのキルトフェスティバルでご一緒するSPOOLの皆さんが集まってランチをしたりしていて、ほんとに残念でした。

パッチワーク通信社がなくなり、横浜のキルトウィークも、雑誌のパッチワーク通信もなくなってしまい、去年はとても寂しかったのですが、代わりに、「キルト時間」が発刊され、このショーが開催されることになり、キルターとしては、とても期待をしていました。
それに、今、刺繍にもちょっと興味がわいてきましたし、そちらも楽しみでした。

今回は初めてですし、長い間続いていたキルトウィークや、大規模なドームのキルトフェスティバルと比較してはいけないのでしょうが、何か、今一つ、満足できない感じでした。
お客様も少なかったです。高年齢化が心配されるキルターの皆さんには、ビッグサイトはあまり行くところではなく、遠かったでしょうか?
チャック先生のアンティークキルトのコレクション、久家先生のアンティークバッグのコレクションは、さすが、圧倒的な素晴らしさでした。

作品は、招待作家の先生方のものは撮影禁止で、コンテストのものだけしか撮影できなかったので、お友達やお知り合いの入選作を中心に、自分の覚書用にだけ、撮りました。
写真といえば、入場してすぐ、ナヲミ先生とF.O.Iの中島さんがお話しているのを見つけてご挨拶をして、一緒にお写真を撮っていただきました。この二人とは同級生になるんです、お二人ともご活躍されていて、ほんとうにすごいです。


f0106823_02433977.jpg
というわけで、ホビーショーやデザフェスの時は、混んでいて入れないタリーズで、まったりおやつをいただいて帰りました。



f0106823_03031073.jpg
お買い物は、Selfish-Mさんで飾り物をいくつか、Tulipの目打ち(ようやく)とレース針、娘がレースのお店でブラウスを、後は、スワニーの布で、いろいろ言っていますが、自分が一番キルターではありませんでした。いや、パッチワーク用の布は本当に売りたいほどあるんですから。
でも、小関先生をはじめとする先生方のオリジナルの布や、今お流行のCOTTON+STEELの布とか、やっぱり買い足していかないと、「今」の作品は作れないんですよね。



[PR]
by asuzoh | 2016-09-17 23:41 | パッチワーク | Comments(0)

今日はパッチワークのお教室でした。
今日の課題は、幅1センチになってしまったハギレを生かすもの、出来上がったらお披露目します。
f0106823_03453825.jpg

来週の、ビッグサイトで行われるキルト&ステッチショーですが、松浦先生も、作品を展示されます。最近、大きな展示会には参加されないので、うっかり確認を怠っていました。というわけで、招待券もいただけまして、ラッキーでした。
f0106823_03454383.jpg

最近、先生はインスタグラムに、ヴィンテージの布の紹介と、ご自分と、お教室の皆さんの作品の紹介のアカウントを作られました。
数日前に、トワル・ド・ジュイの布を使った作品が紹介されていて、すごくうらやましかったのですが、
なんと、その布の半分がまだあったので、それに合わせた小豆色の布と一緒にお買い上げしてしまいました。どんな作品になるでしょうか、自分でも楽しみです~
[PR]
by asuzoh | 2016-09-06 23:34 | パッチワーク | Comments(0)