カテゴリ:日々( 454 )

表参道へ展覧会のはしご

この秋は、行きたい展覧会が目白押しなのですが、全部、日本画や浮世絵、仏像、和布なので、一人で行くしかありません。
まず今日は、午前中、ワサビエリシで西田先生のビーズオヤのレッスンだったのですが、その後、雨の中、表参道に向かいました。
f0106823_09481573.jpg
まずは根津美術館へ。


f0106823_09481637.jpg
企画展はこちらです。これが今週中で終わってしまうので、雨の中強行しました。



f0106823_09481824.jpg
ここでランチをしようと、まっすぐ美術館に向かいましたから、まずはランチから。お一人様だと外が見えるカウンター席なので、ほんとはぼんや~りお庭を見ていたいところですが、今日は時間がありませんし、結構順番待ちの方もいらっしゃいました。


f0106823_09481959.jpg
雨なので、お庭散策はあきらめましたが、雨のお庭も風情があります。
展覧会の内容は、思ったより絵画が多くて、仏像は小さなもの2点だけでしたが、小さいだけに保存状態がよく、じっくり拝見しました。
それから、今回のポスターにも使われている「金剛界八十一尊曼荼羅」さすがにすばらしかったです。
細部の表現もですが、遠く離れて見たときの全体のシンメトリーの構図と色合いがとても素晴らしく、そういえば、曼荼羅を模したキルトっていう分野もありましたね。


f0106823_09482011.jpg
さらに激しくなってきた雨の中、半分は地下道でしたが、今度は太田記念美術館に向かいました。


f0106823_09482158.jpg
北斎は、この後上野の西洋美術館で展覧会もありますし、今年はお流行ですね。
テレビでも、あちこちで番組をやっています。
今回は富嶽三十六景が全点展示されるということで、平日の午後だというのに、結構なにぎわいでした。
ちゃんと一点ずつ解説と一緒に見たことはないので、とてもお勉強になりました。
特に、本当は見えないはずの富士を描いているもの、普通の風景画ではなく大胆な構図で描いているもの(しかも、広重や北斎の弟子の描いた同じ風景を対比して展示してあります)、面白かったです。


f0106823_09482245.jpg
今回、この展示会に行こうと決めたのは、先日北斎の娘を主人公にしたドラマを見て、この作品をぜひ見てみたいと思ったからです。
思ったより小さい作品でした。版画でしたっけ?と思うほどでした。
細部の描写は、やはり女性らしい細やかさがあります。赤の色、光と影、よく解説に言われているとおりですが、本当に素晴らしい作品です。

f0106823_09482468.jpg
雨の中、絶対帰りはおいしいケーキを食べて帰るぞ、と思いながら表参道を歩いていたのですが、これ以上駅方面に向かってもダメなことは大体想像ができ、思わず美術館の向かいに飛び込んだら、なんとラフォーレの裏口でして、自分が場違いなことにも気が付かず、ここに入ってしまいました。シフォンケーキにバターを塗ってトーストするという、前に松濤カフェにあった松濤ケーキの雰囲気です。

期日が迫っていたし、表参道に二度行くのもしゃくなので、雨の中、強行軍してしまいました。
全く違う展覧会2つだったせいもあり、両方ともとても印象深く、疲れましたが、気持ちはとても満足でした。


[PR]
by asuzoh | 2017-10-19 23:45 | 日々 | Comments(0)

リサ・ラーソン展へ

松屋銀座のリサ・ラーソン展も、チケットをいただいたので、勤め先が近い娘とお父さんを誘いました。
さすがに、お父さんは夜ご飯だけでいいと、遠慮されてしまいましたが。
f0106823_16201970.jpg
リサ・ラーソン展は、ちょうど3年前に同じ場所で展覧会があって、その時はまだいろんなことを知らなかったのですが、この3年で、知識もグッズも増えました。
今回は、動物ものが少なくて、初めて見に来た娘にはちょっとつまらなかったかも。
でも、見たことのない人間の作品がたくさんで、さらに深い部分を知った感じでした。


f0106823_16202136.jpg

f0106823_16202377.jpg
グッズは、いつも通りの感じですが。
今年はユニクロのTシャツもあったし、今ちょうど、いわゆる付録付きのご本もあるし、とってもメジャーになりましたね。



f0106823_16202578.jpg
たまの銀座なので、松屋のレストランで、と思っていたのですが、お父さんはとても高かったというのを覚えていたようで、リーズナブルなハンバーグやさんを見つけてきました。
美味しかったですが、やっぱり、都会は雰囲気もお値段に入っていますね。
その後、半分くらいの値段、スタバで使ってしまいましたよ。


f0106823_16202748.jpg
最後に何やら私のアンテナに引っかかったのはこのショップ。
キットカットショコラトリーというのだそうです。


f0106823_16202901.jpg
銀座限定というのを買ってみました。この箱は、赤い箱の上に、白い切り絵で、とても素敵です。



[PR]
by asuzoh | 2017-09-21 23:59 | 日々 | Comments(0)
f0106823_10550125.jpg
田中達也さんのミニチュアカレンダーは、ずいぶん前からTwitterで、そのあとインスタグラムでもフォローさせていただいていて、毎日楽しみにしています。
朝ドラのオープニングに使われて、きっとメジャーになってしまって、この展示会も混んでいるだろうと、覚悟していきましたが、やっぱり20分以上並びました。
でも、チケットを買うところでセーブしているので、中は、混んでいる美術館よりずっと見やすかったです。
お写真はほとんどOKだったので、3Dのものはほとんど撮ってみました。
中には、1眼レフのカメラで、真剣に撮っている方もいらっしゃいました。

f0106823_10550323.jpg
田中さんのトレードマーク的なブロッコリー。最初のものは生ものでしたが、これは食品サンプルです。
以前は、食べ物を使っていたのですが、メジャーになってしまってから、食品サンプルを使うことが多いですね。


f0106823_10550853.jpg

逆に、これは食品サンプルだから作れた作品。真ん中にサーファーがいるんですが、わかるでしょうか。


f0106823_10551055.jpg

f0106823_10551322.jpg
文房具やPCの部品をつかった作品も多いです。デスクで思いつくんだろうな~
表題を書き留めてこなかったのですが、ほぼほぼ、おやじギャグですよね。でも、思っていたより若い方です。


f0106823_10551533.jpg
今回の目玉、「新パン線」。ぐるっと一周動きます。建物を食器で作っているところにこだわりがあります。
実物を見て一番びっくりしたのは、人間の小ささ。こんな小さいものがあるのは知りませんでした。しかも、5000体お持ちだとか。

ここでみんなとお別れして、私は一人で日暮里に向かいました。


[PR]
by asuzoh | 2017-09-02 23:54 | 日々 | Comments(0)
f0106823_10383118.jpg
今年は「針仕事展」の会期が少し遅いので、毎年恒例の池袋での両親との会食も9月に入ってからになりました。娘とお婿さんも来てくれたので、にぎやかになりました。
毎年書いていますが、両親そろって池袋まで来てくれて、元気でいてくれてうれしいです。


f0106823_10383387.jpg
その後、女3人は、「針仕事展」へ行きました。
チラシを一日持ち歩いてしまったので、きれいに撮れなくてごめんなさい。
気が付いたのですが、チラシの絵がキルトじゃないのは初めてじゃないでしょうか。
針仕事展は続けていくけど、パッチワークとは距離を置くっていう思いが表れているんでしょうか。
確かに、キルトの展示はますます少なくなってきましたが、私自身が刺繍やほかの手芸にも心が動いていますから、これは時代の流れでしょう。
でも、去年も書いていますが、ショップは前より多くなって、にぎわっていました。もしかして、展示スペースが少なくなった分、ショップのスペースが増えただけかも。
ここで、母とはお別れして、お茶をして待機していた男性陣と合流して、新宿に向かいました。


[PR]
by asuzoh | 2017-09-02 23:36 | 日々 | Comments(0)

結婚式でした

f0106823_12191444.jpg
すっかり間が空いてしまいました。
7月8日、娘の結婚式、披露宴でした。
いいお写真をもらってから、と思っていたら、遅くなってしまったので、もう、見切り投稿です。

f0106823_12191688.jpg
このブログは、顔出しNGでやってきたのですが、新郎の先輩が撮ってくださったこのお写真は、とても良くて、このまま載せさせていただきます。

ここからは、いつもの通りの手作りブログです。
さて、キルターである母は、リングピロー、ウェルカムボードを作るものだと、昔から思っていたので、作らせていただきました。
f0106823_12191703.jpg
よくキットなどであるような、レースふわふわのリングピローを想像していたのですが、シンプルなのがいいということで、松浦先生が前にキルトジャパンに載せられていたのを参考に作りました。バテンレースは5mmで、これを探すのが大変でした。

f0106823_12191956.jpg
それから、お色直しの中座中に高砂の椅子に置いておくクッションが欲しいということで、リングピローと同じデザインで作りました。文字は、フォントをネットから拾ってきて、両面接着してミシンアップリケ、という娘がいつもキルトを作るのに使っていた手法で、ここはやってもらいました。



f0106823_12192048.jpg
ウェルカムボードは自分で色々作ったからもういいよ、ということだったのですが、樋口愉美子さんのご本に、かわいいハートのデザインがあるのを見逃していまして、これを見つけたので、1カ月前くらいに作ることに急きょ決めました。



f0106823_12192295.jpg
当日は、ウェルカムトランクの中に飾ってもらいました。
このトランクのプロデュースも、一応私担当で、レースやドライフラワーは先日蚤の市で探してきたものです。


[PR]
by asuzoh | 2017-07-08 23:16 | 日々 | Comments(2)
藤田久美子先生の「キルターズスタジオ」の展示会、お友達にお葉書を送っていただいたので行ってきました。
相変わらず、池袋の駅で迷子になりました。あんなに大きな建物なのに、駅を出て、角を曲がらないと見えないので、やっちまいました。
f0106823_09143382.jpg
f0106823_09143569.jpg
せっかくなので、藤田先生のギャラリートークの時間に合わせて行きました。
トコさん、takaさんご一行にお会いできました。皆さん同じ考えだったようで、大賑わいでした。
先生のお話は、ウィットに富んでいて、しかもお勉強になるお話もたくさんで、とても楽しかったです。
展示の構成も、見やすいように、ブロックごとに分かれています。
先生はどれも好き、っておっしゃっていました。生徒さん幸せだと思いました。
あ、一つだけ好きじゃないトラディショナルのパターンがあるとおっしゃってましたが、それは、ヒミツ(笑)。


f0106823_09143750.jpg
池袋は美味しいお土産を色々売っていて、デパ地下で一通り買い物をした後、駅入り口の前で、このお店のことを思い出して、さらに買ってしまいました。

[PR]
by asuzoh | 2017-06-08 23:13 | 日々 | Comments(2)

日本橋から馬喰町ツアー

f0106823_02521431.jpg

今日は、地元のお友だちと「お江戸日本橋キルト展」に行きました。
ちゃんとチケットを皆さんにお配りしたのに、忘れた方2名、「大丈夫、私余分持ってきたから」といった私は、封筒ごと忘れてきて、一瞬パニックでしたが、
アイカードで確か入れたはず、という一昨日の記憶のおかげで事なきを得ました。
なまじ大きなチケットなので、お財布に入らなくて、忘れちゃったみたいです。

朝一番に三越に入りましたら、まあ、キルト展は大混雑でしたが、皆さん、それぞれの視点で、キルトを堪能されました。
みんなが参加できるように、いつもお料理のレッスンの日にしましたから、レッスンの代わりにおいしいランチをいただきました。
マンダリンオリエンタルホテルの最上階の「ケシキ」というイタリアンレストランです。
三越の並びなのに、今まで敷居が高くて来たことがなかったビルです。

f0106823_02521688.jpg
パンもオリーブオイルもこだわりのあるもので、最初からおいしくいただきました。

f0106823_02521737.jpg
お料理は、前菜、メイン、デザートまでワンプレートに乗ってきます。
ワンプレートと言っても、こういうふうに一品ずつガラスの器に入っています。
とてもきれいです。これだけ見ると少なそうに見えますが、十分なボリュームでした。
イタリアンと言ってもフレンチ的なので、ソースもおいしくて、パンを先に全部食べてしまったのが悔やまれました。


f0106823_02521969.jpg
最上階ですから、景色もすばらしいです。


f0106823_02522037.jpg
その後、新橋方面に出て越前屋さんか、馬喰町まで行って、今年出来たmodaのショップか、と、提案して、行ったことのないmodaに行くことにしました。
問屋街ですから、ちゃんと調べていかないと、素通りしてしまいそうなところです。


f0106823_02522203.jpg
ヘキサゴンの次の月のために黄色の布を買いました。
右のチャームパックは、インスタグラムで、好きな色合いの布のジャンルに画像をセーブしていたもので、衝動買いです。
おまけにエコバッグもいただきました。持ち手にmodaの文字が入っています。
猫アップリケの作品、それから、フレンチジェネラルを使ったヘキサゴンカレンダーの作品、真似をしたいものが飾ってあって、それを見られただけでも行った価値がありました。


[PR]
by asuzoh | 2017-06-02 23:50 | 日々 | Comments(0)

人形町から日本橋へ

日本橋三越に行く前に、昼休みの娘にランチを付き合ってもらいました。
「ユニオンサンドヤード」というお野菜中心のお店です。
お昼は混むから、少し早めに行ってね、と言われていたのに、馬喰横山から歩く道を迷って、結構ひやひやものでした。
f0106823_08591264.jpg

f0106823_08591407.jpg
最初に前菜とジュースが出ます。これですでにお野菜いっぱいです。

f0106823_08591616.jpg
私は、チキン、カレー、ポタージュのプレート。

f0106823_08591706.jpg
娘はローストビーフのサラダ。これはもう、お野菜の量がキャパを超えています(汗)。
でも、ジュースも含めて、大変おいしくいただきました。
人形町近くに行くときは、是非。


f0106823_08591961.jpg
せっかくここまできたのだから、人形焼きを買って帰ろうと、水天宮の交差点までいきました。
ここまでくると、もう日本橋まで歩くのはつらいので、一駅地下鉄に乗ってしまいましたが、半蔵門線深くて、結構歩くことになりました。


f0106823_08592001.jpg
コレド室町にも行ったので、たまには地上から三越に行ってみました。


[PR]
by asuzoh | 2017-05-31 23:57 | 日々 | Comments(0)
昨日発売された樋口愉美子さんの新刊、夜届きまして、見ていたらやっぱり、展示会に行きたくなってしまいました。
f0106823_17001242.jpg
場所はおなじみの二子玉川のリネンバード です。正確には、リネンバード ハバーダッシェリーという、手芸専門分野のお店です。前は、道を挟んで向かいにあって、とても狭かったのですが、リネンバードの地下にお引越しになって、余裕ができました。

f0106823_17001397.jpg
もちろん、作品は見るだけなので、樋口さんのHPなどをご覧ください。
いつものことながら、緻密な作品に、ため息が出るばかりでした。
今回は、作品が小さいせいか、いつもすぐ売り切れてしまうので多めに作ってくださったのか、キットはまだ余裕がありました。


f0106823_17001514.jpg
リネンバードの界隈は食べ物屋さんもいっぱいあるのですが、どうも、いつも同じようなものを食べているような気がします。好きなんですね、こういうの。


f0106823_17001650.jpg

f0106823_17001879.jpg
その後、せっかく来たので、駅の向こうのriseに行きました。
蔦屋家電、楽しいところですね~
自転車で来れるくらいのところに住みたい。毎日通ってしまいそうです。


f0106823_17002038.jpg
でもせっかくニコタマまで来たのに、スタバではつまらないので、前に美味しかったカフェを記憶だけを頼りに見つけて、ケーキをいただきました。


f0106823_17002279.jpg
今日は、急に最高気温28℃というお天気になってしまい、なんだか、川遊びをしたいような暑さでした。


f0106823_17002450.jpg
さて、リネンバードでのお買い物ですが、馬鹿みたいにいっぱい買ってしまいました。
前に、キットが売り切れで買えなかったトラウマもあるし、これを逃すと買えないんじゃないか、という思いもありまして。
がま口も実はあんまり上手ではないんですが、頑張ってみます。
それから、ビーズアートショーで見つからなかったビーズクロッシェのブレスレットのキット、こんなところにありまして、それも買いました。


[PR]
by asuzoh | 2017-05-20 16:58 | 日々 | Comments(2)
今回は、買いたいものがあって、一人で蚤の市に行ってきました。
目的は「ドライフラワー」「レース」「額縁」です。

f0106823_20372774.jpg

f0106823_20372923.jpg
昨日雨だったせいもあって、とても混んでいました。


f0106823_20373351.jpg
今回は、「東京あんこ通り」とか「ランプマーケット」とか、今までにないショップもありました。
食べ物のお店も結構充実していました。


f0106823_20373580.jpg

f0106823_20373825.jpg

f0106823_20374055.jpg
結局、おしまいの時間までいました。皆さん、結構最後までねばっていました。


f0106823_20374245.jpg
お買い物はこんな感じ。ドライフラワー、マリメッコのヴィンテージのはぎれ(黒は現行布)、毛糸に、猫のブローチ、わんにゃんの絵のものは針セット、それから北欧の猫のリネンとトレイ。
陶器やガラス類、木製のものなどは、自力で持って帰ることができません。今度は車で行こうかな。


[PR]
by asuzoh | 2017-05-14 20:33 | 日々 | Comments(0)

手作りとネコとの日々


by asuzoh