カテゴリ:ハンドメイド( 161 )

GWに作ったもの

GW中、それからその次の週にかかってしまいましたが、いろいろ作りました。

f0106823_17212274.jpg


これはホビーラホビーレのキットです。
吉祥寺店がリニューアルして大きな店舗になったのを見に行ったときに、衝動買いしてしまいました。
弾力性のある糸に編地をかぶせてあるような、不思議な糸です。
もう一個分の糸があるので、編まなくてはいけません。

f0106823_17212457.jpg


これは娘のジャンパースカート。
風の強い日に撮ったのでお写真がいまいちです。
西荻窪ツアーの時に、pindotさんでご本に載っているのと同じ布を買いました。
仮縫いが必要なので、娘がいる時に一緒に縫いました。
私はもっぱらしつけやら、ロックミシンやらで、本縫いは娘の仕事でした。
本当は、脇にファスナーがあるのですが、細い娘はそのまま、すとんと着られてしまいました。

f0106823_17212637.jpg


これは、キルトフェスティバルスプリングマーケットの時に、Selfish-Mさんの見本通りに買った材料で作りました。日本橋のキルト展の時までに作って持っていきますと、お約束したので、急いで作りました。
f0106823_17212875.jpg


内袋は絶対ピンク、と思って、手持ちの、これまたSelfish-Mさんでずいぶん前に買った布を使いました。
やはり、同じショップの布や持ち手でないと、合わないんですよね。

f0106823_17212976.jpg


最後のは、GW中に出来上がらなかったのですが、
modaのニューヨークの地図プリントの布をやっと使えました。
コットンフレンドに載っていた、鎌倉スワニーさんデザインのバッグです。
50cm買っていたのでは足りなくて、西荻窪ツアーの時に裏布と一緒に、買い足しましたが、
出来上がってみたら私には大きくて、持ち手を半分に折って使うことになりました。

さて、今週はキルトカフェもあり、松浦先生のレッスンもあり、またしばらく忙しくなります。
[PR]
by asuzoh | 2016-05-13 23:18 | ハンドメイド | Comments(0)

3月にボビナージュさんで赤峰先生のワークショップに参加したとき、
このコットンフレンドに掲載されているトートバッグのワークショップはとても人気だったので、追加をするというお話で、仮予約をさせていただきました。
決まるまでの間に、自分で紺色のトートバッグを作ったわけですが、
楕円形の底は、しつけをしないと縫いにくかったり、持ち手は厚くてミシンがとてもつらかったりと、
ワークショップの時に、いろいろうかがいたいことができました。

さて、今回のバッグは、表地が厚手のリネンで、手縫いステッチをしたポケットもついています。
袋布は、点と線模様製作所さんの布で、ステッチは画像ではほとんど黒ですが、この布に合わせた紺色にしました。
f0106823_16373010.jpg

f0106823_16373285.jpg


一日がかりのワークショップは、指吸先生のバッグで2,3回あったのですが、
朝、アトレでお弁当を買ったり、近くのカフェにお昼を食べに行ったりしていました。
赤峰先生のワークショップは、皆さんでランチをしに行くというのが定番で、
特に今回は先生を含めて7人とあまり大人数ではなく、同じビルの地下のASDININGで、デザート付きのランチをいただいて、午後は、デザートパワーで気分一新がんばれました。
楕円形の底を縫うコツや、リネンの生地の接着芯のことなど、いろいろうかがうこともできました。
それから、いつも言っているようにパワーのあるジャノメのミシンは、8枚重ねのハンプもものともせず、縫うことができました。
[PR]
by asuzoh | 2016-04-24 23:36 | ハンドメイド | Comments(0)

指吸ワールド

昨晩、夕食ちょっと食べ過ぎたかな、と思っていたところに、アイスのカフェラテを飲んでしまい、お腹が痛くなって、夜中中苦しんでいました。
というわけで、桜満開とテレビでもさんざんやっていますが、今日は、家で大人しくしていました。

f0106823_04151734.jpg

ようやく、先日の
指吸先生の個展で購入したキットのミニがま口が完成しました。

まちに、ちゃんとキルティング入ってますし、このカーブは、確か前に、ボビナージュのワークショップでも手縫いだったな、ということで、中袋も含めて全部手縫いです。
夜の1、2時間ずつとは言え、今日で4日目でしょうか。意外と時間がかかりました。
個展のワークショップでは、皆さん仕上げていらしたみたいで、集中すれば、もうちょっと早くできたかしら。
プラスチックのがま口も、一度作っているので、焦らず出来ましたが、金具とちがって最後に締めることができないので、辛いところです。ボンドも、口金にたくさんついてしまいましたが、これは、ウェットティッシュできれいに取れるとわかりました。

それから今週は、ため込んでいたポーチのキットも作りました。
f0106823_04152079.jpg


上のマカロンポーチは、去年の11月、ビニールの方に至っては、2年前のものでした。ジャノメと同じ飾りステッチがないので、それを探したり、ビニール用の押さえ金を初めて出してきて使ったり、家でやると、それなりに苦労がありました。

[PR]
by asuzoh | 2016-04-02 23:59 | ハンドメイド | Comments(0)

f0106823_01054104.jpg

今となっては、布博、点と線模様製作所、赤峰先生、コットンフレンド、どれが一番最初だったのか、わからなくなってしまいましたが、
とにかく、ボビナージュのワークショップで、パラフィン加工の帆布を縫って、少し勝手がわかったので、
布博で買った点と線模様製作所の布を使って、
コットンフレンドのトートバッグを作ることにしました。
パラフィン加工の帆布は、畳んで送ってくると、もうその折り線が取れないほどの固さです。今回は表布にしか使わなかったので、こちらはそれほど大変ではなかったですが、やはり持ち手、特に半分に折って縫うところは、ミシンがかわいそうでした。あまり機械にも良くないような気がします。
帆布に負けない持ち手と考えると、やはり皮の持ち手をカシメで打ち付けるのがいいのかもしれませんね。
[PR]
by asuzoh | 2016-03-24 23:44 | ハンドメイド | Comments(2)

チュニックも作りました

f0106823_10393803.jpg


「手づくり手帖」のpindot茅木さんデザインのワンピースを作った後、実はもう一つのワンピースも作っていました。
2月になってしまい、ショップにもご本と同じ生地がなく、これなら、と先生が出してくださったウールを買いました。
ちょっとチクチクするから裏がいるかも、と、先生も心配そうだったのですが、
中に着るから大丈夫ですと買ってしまいました。
前のワンピースが思ったよりいいサイズだったので、安心して作ったのですが、
ご本の生地より厚かったせいもあり、セーターを中に着ることは無理でした。
ほんのちょっとのことなのに、違うんですね。
ちなみに、これ以上厚い生地だと袖付けも難しいので、ジャンパースカート向きだそうです。
それから、試着してみたら、ワンピースよりチュニックにした方がいい感じがしたので、裾を10cmほど短くしました。
オヤのアクセサリーをつけるのを想定したシンプルさですが、もっと派手な色のオヤの方がいいですね。

それから、前のワンピースの時は、時間がなかったので、縫い代始末はジグザグでやったのですが、今回は織りが粗いこともあり、久しぶりにロックミシンを出しました。
子供用の服を作っていた最後のころに買って、ほとんど使っていないのですが、
これからは、使ってあげよう。
[PR]
by asuzoh | 2016-03-13 23:37 | ハンドメイド | Comments(2)

ボビナージュさん4周年のイベントが続きます。
今日は指吸先生のワークショップです。
先生の個展があったのは、つい先日のような気がするのに、先生はその後、広島にもお出かけになっていて、ほんとに先生方はお元気です。

f0106823_10294720.jpg

さて、今日の作品は、バースディらしく三段デコレーションケーキのポーチです。
後ろに4周年のワッペンもつけました。
デコレーションは、自分で好きなブレードやビーズをつけるのですが、やっぱりいつも通りのものになってしまいました。
緑のブレードを使った方、黒いハートのビーズを付けた学生さん、その発想の柔軟さがうらやましいです。

f0106823_10295149.jpg
帰りには、一度行ってみたかったプレッツェルとスープをいただいて帰りました。
[PR]
by asuzoh | 2016-03-12 23:17 | ハンドメイド | Comments(0)

いつもお世話になっている吉祥寺のボビナージュが、4周年記念のイベントをやっています。
指吸先生のワークショップは、もちろんですが、他の先生のワークショップも、心ひかれるものがたくさんです。
連チャンになってしまいますが、赤峰清香先生のワークショップに参加させて頂くことにしました。
帆布のバッグなら、自分で縫えるわ、と、思っていたのですが、やってみると大違い。
パラフィン加工の帆布は、ジャノメのパワーのあるミシンでないと、上手く縫えません。
完成したところで、皆さんでお写真を撮りました。
f0106823_21491264.jpg

このグループは、私以外、なぜか紺色でした。

f0106823_21491442.jpg

ボタン付け用に、MOCOの糸を頂きました。ちょうど、マリメッコの生地の色そっくりのグラデーションの糸がありました。

f0106823_21491635.jpg

中はこんな感じです。A4サイズの書類が入ります、いろいろ便利かも。
[PR]
by asuzoh | 2016-03-11 21:28 | ハンドメイド | Comments(2)

布博に行ってきました

f0106823_19341928.jpg


TwitterかInstagramで見てから、ずっと気になっていて、毎日のように検索して、
行こうかどうしようかと悩んでいた「布博」に行ってきました。
前に行った「蚤の市」と同じ会場なので、また混んでいるのかなと、思いつつ行ったのですが、
すでに駅前の閑散とした雰囲気で、「蚤の市」とは違う感じでした。

いろいろなアンティーク物のことを思うと、布と糸に特化しているわけですしね。
それでも、去年までの会場より広くなったので、居心地はよかったみたいです。

f0106823_19342232.jpg

これは、それぞれのお店のランプシェード、これだけでもかわいいです。

さて、今日は1人だったので、お買い物に走ってしまいました。
f0106823_19342802.jpg

まずはこれが目的だった「チャルカ」のビンテージリネンと糸ボタン。
今おはやりの「点と線模様製作所」の布。
刺繍の布は買えないかなと思っていたのですが、端切れセットをゲットできました。
それからこれも、画像で見たときから目がハートだったブローチ博の「feltico」さんのブローチ。

f0106823_19343112.jpg

後は、目について買ってしまった端切れセット、猫がいる布と手ぬぐい。

f0106823_19343534.jpg

それからラフィアを使って刺繍したり、お花を編むキット。
一つだけ参加した、レースのピアスのワークショップ。
手紙社とコラボで手ぬぐいに入った焼き菓子のセット(食べ物はお弁当も含め、最初にゲットしました。)

昨日行った人が、お金がなくてあきらめたとか、お財布が空になったとか、Tweetしていましたが、
私も、これ以上は買えない、というところまで使ってしまいました。
とりあえず、布でバッグとか縫いましょう。
[PR]
by asuzoh | 2016-03-06 19:30 | ハンドメイド | Comments(2)

f0106823_09010091.jpg

先日の指吸先生のワークショップのポーチ、完成しました。

ワークショップでは、中袋と縫い合わせる途中までで終わってしまっていたので、
縫い合わせて、表に返してファスナーをつけて、飾りステッチをするという工程で、
最後のステッチをのぞけばミシンでできたのですが、
ドラマの録画を見ながら、まったり手縫いでやってしまいました。
いつものことですが、先生はこのパイル地とか、ピンクの皮とか、どこでみつけていらっしゃるんでしょう?

一緒に写っているのは、スターバックスの「さくら ブロッサム & ストロベリー ラテ」。
色合いがぴったりでした。

f0106823_09010577.jpg

今日はお雛祭りですが、うちのお雛様はガラスケース入りで、
猫が来て最初の年に、猫が飛び乗って一緒に落ちそうになったのをすんでのところで押さえた、という事件以来、出していません。
今年はせめて、夜ご飯を海鮮ちらし寿司にしました。
で、デザートはスタバで買ってきた桜シフォン。まあなんて手抜きなんでしょう。
[PR]
by asuzoh | 2016-03-03 23:59 | ハンドメイド | Comments(0)

昨年11月の吉祥寺のボビナージュのイベント、一日限りの開催だったので行けなくて、
その代りに後でキットを買いました。
ドームでも体験をしていた、「カウチングステッチ」という太い毛糸をミシンでステッチするふしぎな手法です。
毛糸がソフトクリームのようにもこもこステッチされて、見ていても面白いです。
バッグを作ることはすっかり忘れていたのですが、ウールものなので、早く作らなくてはと、気持ちだけは思っていました。
f0106823_09183971.jpg



f0106823_09184012.jpg

さすが、イベント用のキット、短時間で誰でも作れるよう工夫されています。
私のチェックの方はオリジナル通り。中袋の布が意外としっかりしていて、こういうところも、工夫されているキットです。
娘は、中袋が黒じゃあちょっとかわいそうなので、手持ちのリバティに芯を貼りましたが、それでも、ちょっとやわらかめです。持ち手も、長くしてほしいということで、作り方も変えています。
[PR]
by asuzoh | 2016-02-15 23:17 | ハンドメイド | Comments(0)