カテゴリ:ハンドメイド( 165 )

いつもお世話になっている吉祥寺のボビナージュが、4周年記念のイベントをやっています。
指吸先生のワークショップは、もちろんですが、他の先生のワークショップも、心ひかれるものがたくさんです。
連チャンになってしまいますが、赤峰清香先生のワークショップに参加させて頂くことにしました。
帆布のバッグなら、自分で縫えるわ、と、思っていたのですが、やってみると大違い。
パラフィン加工の帆布は、ジャノメのパワーのあるミシンでないと、上手く縫えません。
完成したところで、皆さんでお写真を撮りました。
f0106823_21491264.jpg

このグループは、私以外、なぜか紺色でした。

f0106823_21491442.jpg

ボタン付け用に、MOCOの糸を頂きました。ちょうど、マリメッコの生地の色そっくりのグラデーションの糸がありました。

f0106823_21491635.jpg

中はこんな感じです。A4サイズの書類が入ります、いろいろ便利かも。
[PR]
by asuzoh | 2016-03-11 21:28 | ハンドメイド | Comments(2)

布博に行ってきました

f0106823_19341928.jpg


TwitterかInstagramで見てから、ずっと気になっていて、毎日のように検索して、
行こうかどうしようかと悩んでいた「布博」に行ってきました。
前に行った「蚤の市」と同じ会場なので、また混んでいるのかなと、思いつつ行ったのですが、
すでに駅前の閑散とした雰囲気で、「蚤の市」とは違う感じでした。

いろいろなアンティーク物のことを思うと、布と糸に特化しているわけですしね。
それでも、去年までの会場より広くなったので、居心地はよかったみたいです。

f0106823_19342232.jpg

これは、それぞれのお店のランプシェード、これだけでもかわいいです。

さて、今日は1人だったので、お買い物に走ってしまいました。
f0106823_19342802.jpg

まずはこれが目的だった「チャルカ」のビンテージリネンと糸ボタン。
今おはやりの「点と線模様製作所」の布。
刺繍の布は買えないかなと思っていたのですが、端切れセットをゲットできました。
それからこれも、画像で見たときから目がハートだったブローチ博の「feltico」さんのブローチ。

f0106823_19343112.jpg

後は、目について買ってしまった端切れセット、猫がいる布と手ぬぐい。

f0106823_19343534.jpg

それからラフィアを使って刺繍したり、お花を編むキット。
一つだけ参加した、レースのピアスのワークショップ。
手紙社とコラボで手ぬぐいに入った焼き菓子のセット(食べ物はお弁当も含め、最初にゲットしました。)

昨日行った人が、お金がなくてあきらめたとか、お財布が空になったとか、Tweetしていましたが、
私も、これ以上は買えない、というところまで使ってしまいました。
とりあえず、布でバッグとか縫いましょう。
[PR]
by asuzoh | 2016-03-06 19:30 | ハンドメイド | Comments(2)

f0106823_09010091.jpg

先日の指吸先生のワークショップのポーチ、完成しました。

ワークショップでは、中袋と縫い合わせる途中までで終わってしまっていたので、
縫い合わせて、表に返してファスナーをつけて、飾りステッチをするという工程で、
最後のステッチをのぞけばミシンでできたのですが、
ドラマの録画を見ながら、まったり手縫いでやってしまいました。
いつものことですが、先生はこのパイル地とか、ピンクの皮とか、どこでみつけていらっしゃるんでしょう?

一緒に写っているのは、スターバックスの「さくら ブロッサム & ストロベリー ラテ」。
色合いがぴったりでした。

f0106823_09010577.jpg

今日はお雛祭りですが、うちのお雛様はガラスケース入りで、
猫が来て最初の年に、猫が飛び乗って一緒に落ちそうになったのをすんでのところで押さえた、という事件以来、出していません。
今年はせめて、夜ご飯を海鮮ちらし寿司にしました。
で、デザートはスタバで買ってきた桜シフォン。まあなんて手抜きなんでしょう。
[PR]
by asuzoh | 2016-03-03 23:59 | ハンドメイド | Comments(0)

昨年11月の吉祥寺のボビナージュのイベント、一日限りの開催だったので行けなくて、
その代りに後でキットを買いました。
ドームでも体験をしていた、「カウチングステッチ」という太い毛糸をミシンでステッチするふしぎな手法です。
毛糸がソフトクリームのようにもこもこステッチされて、見ていても面白いです。
バッグを作ることはすっかり忘れていたのですが、ウールものなので、早く作らなくてはと、気持ちだけは思っていました。
f0106823_09183971.jpg



f0106823_09184012.jpg

さすが、イベント用のキット、短時間で誰でも作れるよう工夫されています。
私のチェックの方はオリジナル通り。中袋の布が意外としっかりしていて、こういうところも、工夫されているキットです。
娘は、中袋が黒じゃあちょっとかわいそうなので、手持ちのリバティに芯を貼りましたが、それでも、ちょっとやわらかめです。持ち手も、長くしてほしいということで、作り方も変えています。
[PR]
by asuzoh | 2016-02-15 23:17 | ハンドメイド | Comments(0)

ワンピースを作りました

f0106823_04010105.jpg

キルトフェスティバルの会期中、1日家にいた火曜日に、ワンピースを縫いました。
「手作り手帖」に載っていたpindotの茅木さんのデザインです。
生地を水通しして、型紙を写し、生地をカットするところまではやってあったとはいえ、1日で縫えました。
子供の服を縫って以来の洋裁でしたから、型紙用の紙もなく、印付けも、パッチワーク用のペンしかなく、色々大変でしたが、
いやあ、洋裁っていいわ~、はまりそうです。
f0106823_04010319.jpg

この茅木さんの定番の胸のフリルがかわいいですが、これが一番大変でした。
バイアスにとって、ギャザーを寄せてたたき、最後に洗濯して、「ニュアンス」を出します。
ウールガーゼは、なんだか頼りなく伸びてしまって、裁断は大変でしたが、縫うときは、適当に伸びるので、柄あわせは楽でした。
水曜日のドームで、pindotさんのブースに行ったら、スタッフの方が目ざとく見つけて下さいました。

さて、どうして、こんな忙しいときに縫ったかと言うと、
11月に、pindotさんが、20周年のセールをしていて、オヤレッスンの後に行きました。私は最初から、このワンピースの生地をねらって行ったのですが、一緒に行ったお友だちも、同じ布とご本も買ったので、水曜日のレッスンの時に見せてさしあげたかったんです。(それにしても、前日まで縫わないところが、相変わらず泥縄ですが)
その方は、手織りや草木染めも習っていて、そちらの方がメインになってきて、残念ながら、今月でオヤレッスンはやめられました。
落ちこぼれそうになりながら、一緒に頑張ってきて、一番良くレッスン後のランチも行ったりしていた方なので、とても残念です。
私は、SOFAさんでレッスンをしてくださる限りは、頑張って続けようと思います。
[PR]
by asuzoh | 2016-01-28 23:33 | ハンドメイド | Comments(0)

今年の反省

今年もあと5日。
年末年始恒例のキャットシッターも始まりますし、大掃除もしなくちゃいけないし、
でも、仕事も明日が年内最後の納品なので、PCも開いていますが、
ブログの更新は今日を最後にします。

更新も少なめになって、訪問してくださる方も減っていますが、
見に来てくださった皆さん、ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

これは、お教室の今月のレッスン。
クリスマスから続いて、ヴィンテージのグリーティングカードを使った作品です。
これは、3種のカードを組み合わせています。
フレームは、最近肩身の狭い、プリントされたお写真用です。
カレンダー部分は無〇良品のもの。毎月貼っていきますから、12月には厚みが出ちゃいますね。
f0106823_09504101.jpg


こちらは、小さいバージョン。
f0106823_09504354.jpg

こちらは、材料の画像を残していました。
ブルーのドットの布は、両面接着シートでアイロン接着しています。
4歳限定のグリーティングカード、かわいいでしょう。
f0106823_09504593.jpg


さてさて、「今年の反省」ですが、
後半、仕事がどんどん多くなってきて、それが中心の生活になってしまいました。
一度打ち切りになった時の気持ちは忘れられず、最初の予定より多くなってしまいましたが、
出来る間に出来るだけやる、ということに決めました。あと何年続くかわかりませんが。

そうなると、時間はないけど、やりたいことがどんどんたまっていくのが、人間の悲しいサガ。
本や、材料や、キットや、どんどん買うばかりで、身の回りが収拾つかない状態になっています。
興味のあるもの、やってみたいこと、増えていく一方です。

出来上がった作品は少なくて、とてもキルターとは呼べない状態です。
来年4月にはお教室の作品展もありますし、しばらく、他のものは作れませんね。
というか、世間の流れに乗ってしまい、パッチワークから気持ちが離れつつあるのかもしれません。
通信社がなくなったのが、やっぱり関係しているのかも。
雑誌からの情報も少なくなり、11月のキルトウィークで刺激をいただくこともなくなってしまいましたから。

とにかく、来年は作りたくてたまっているものを作る方向で、頑張ろうと思います。
まずは、大掃除の一環で、身の回りの片づけをしないと。
といいつつ、昨夜も録画しておいた「下町ロケット」の最終回を見ながら、お教室のパッチワークの宿題をしていて、夜更かししてしまいました。
[PR]
by asuzoh | 2015-12-27 09:49 | ハンドメイド | Comments(4)

Merry Christmas!

f0106823_19513005.jpg

まだ、25日だから大丈夫ですよね。
こちらは、クリスマスとは思えない暖かい日でした。これから、寒波が来るらしいですが。
ようやく、大掃除にも着手しました。きっと、今年も積み残しができそう。

この作品は11月のお教室のレッスン。これも、小さいですがキャンバスです。
リボンをふうにかじられてしまい、代わりに買ったリボンなので、出来がいまいちで、残念です。
[PR]
by asuzoh | 2015-12-25 19:45 | ハンドメイド | Comments(0)

三人の予定を何とか合わせて決定した今日だったのですが、
昨日の夜から雨で、ドライフラワーを持って出かけるには最悪のお天気になってしまいまいました。
そういえば、このドライフラワーを買いに行った日も雨でした、どうも相性が悪いのかも。

今年は、私が、お友達に来ていただくほどに家をかたずける暇もないかもしれない、ということで、
お母様のお世話で、ここのところずっと実家暮らしのお友達のご実家にお邪魔しました。
当のお母様は、寒い間は病院にお世話になってるので、今はしばし、自由な時間もできます。
お母様がお茶の先生をされていたので、立派な和室と、別に水屋もあり、お庭も和風の素敵なたたずまいでした。

f0106823_19104822.jpg

さて、今年のリースは、アジサイでベースを作り、後は例のドライフラワーをグルーガンでつけました。
いつもはフラワーアレンジを習ったお花屋さんの生徒らしく、全部ワイヤーでとめていましたが、
まあ、グルーガンの楽なこと。あっという間にできあがりました。
でも、アジサイはちゃんと習った通りに、ワイヤーでとめましたよ。
それにしても、白い壁にかけて画像にすると、ずいぶん丸くないですねえ・・・

ランチをした後は、お茶をいただき、おしゃべりに花を咲かせました。
私は、お料理のレッスンと、うちのキルトカフェでそれぞれにお会いしているのですが、
三人でゆっくりするのは久しぶりで、ほんとうに楽しい時間を過ごしました。
[PR]
by asuzoh | 2015-12-11 19:09 | ハンドメイド | Comments(0)

こんな忙しいときに、と思われた方も多いと思いますが、
ずいぶん前に、告知になった瞬間に予約してしまいましたから、お許しください。
前にも作ったことがありますが、片面がビニールで、何が入っているかよくわかるバッグです。
うちでは、お裁縫袋のサブとして、ロータリーカッターやまちばりの代わりのクリップや、
いつも使うわけではないけど、必要なものを入れています。
お裁縫袋が大分くたびれてきたので、これに変えようかと思います。
f0106823_09251535.jpg

f0106823_09251742.jpg


サテンステッチのところで、端から縫い始めて、布端が下に食い込んでしまい、
糸の塊と布をカットしなくてはいけなくなるという、まるで初心者のミスをしてしまいました。
そのあと、スタッフの方に直していただいたのですが、どうにも糸調子が悪く、
解いて縫い直したりして、大分皆さんに後れを取ってしまいました。
今日の方は何時もすごく早い常連の方が多く、1時間前に終わってお帰りになってしまい、
私一人居残りになってしまいました。
ミシンも変えていただいて、なんとかミシン作業は終了しました。
特に最後の、ビニールコーティングを縫い合わせるところは、ジャノメのミシンが威力を発揮するので、
ここで終わらせて帰りたかったところです。
先生も、今日は早く帰れるわ、と考えていらしたのではないでしょうか、申し訳なかったです。

では、罪滅ぼし(?)に、先生のお知らせを二つ。
ドームのキルトフェスティバルでは、ジャノメのブースで例年通り、ワークショップをされるそうです。
いつもの先生のカラーとは違う、ちょっとレトロなかわいいポーチです。
合間の時間に、試作品を作られていました。

それから、2月28日から3月5日まで、表参道のGallery Paletteさんで個展をされます。
タペはそんなに飾れないとおっしゃっていましたから、小物いっぱいの指吸ワールドが出来上がるのかもしれません。楽しみです。
[PR]
by asuzoh | 2015-12-05 23:23 | ハンドメイド | Comments(0)

f0106823_00154593.jpg

今日は昨日のワンディショップの続きで、同じ場所でのクリスマスマーケットとワークショップでした。
昨日来てくださったお友だちが自転車で来れたよ、と言うので、
お天気もいいし、暖かいうちに帰れるし、帰りに下高井戸の市場に寄るのもいいし、ということで、
自転車で出発しました。
ところが誤算だったのは、お友だちの自転車は電動アシストだったこと、それから私は大変な方向音痴だったこと。
分かれ道の度にスマホの地図で確認しながら自転車を走らせ、遠くに経堂駅前のピーコックの看板が見えたときは、ホッとしました。

ちょっと出遅れた分、マーケットの方は、良いものが売れてしまったようで、ちょっと残念でした。

さて、ワークショップの方は、先生が2日徹夜でお材料を組んで下さったキットで、先生のコレクションのパーツと、それに合わせたタッセルの材料、ペンダント用の紐などが入っています。
各自選んだキットについて、一つずつ説明をしてくださいました。これがとても楽しいお話でした。自分で作るのは1個だけですが、人数分の作品を作ったような気になれるのは、いつものレッスンと同じです。

そして、帰りは少し安心して地図を見ずに自転車を走らせたら、やっぱり下高井戸ではなく、桜上水に近い方に着いてしまいました。

レッスンもですが、松浦先生のレッスンは、日常と少し離れたところにある感じで、特に今回は場所がアンティークショップだったせいもあり、異次元に行ってしまった、とても楽しい二日間でした。
[PR]
by asuzoh | 2015-11-28 23:53 | ハンドメイド | Comments(0)