猫病院(かい編)

f0106823_11432358.jpg

箱に入って、至福のひととき・・・

ワクチン月間、最後を飾るのはかいにゃんです。
かいにゃんはこのブログを始めて最初の頃、膀胱炎になり、
そのあと、紐を誤飲して、手術を受け、いろいろ大変だったのですが、
結局血尿は直らず、原因不明の「特発性膀胱炎」ということで、
そのうち、私も元気なのに、尿検査に行くのもいやになってしまい、
もう何年もワクチンにしか行っていませんでした。

このたび、フードを変えるにあたり、一番心配だったのが、かいにゃんなので、
尿検査をするお約束をしていました。
その前に、ふうちゃんが膀胱炎になってしまい、フード変更は水の泡になってしまいましたが。

そういうわけで、尿検査と、ずっとやっていないので、血液検査もお願いしました。
その結果、やっぱりひどく血尿で、しばらく治療に通うことになりました。
血液検査の結果は、なんと・・・コレステロール値がひっかかりまして、「肥満」。
ラグドールだからね~と甘やかしていたのが悪いのか・・・
肥満用のフードも頼まなくちゃ。
[PR]
by asuzoh | 2013-08-30 23:42 | ネコ | Comments(0)

猫話(長毛猫の性格)

f0106823_14554627.jpg

ちょっと涼しくなったので、がっちゃんが久しぶりに箱入りしていました。

さて、何日か前に、ネット上に猫の種類と性格の話が出ていたのですが、
「チンチラやペルシャなど、外国種に多い長毛種の猫ですが、池田さん(注:獣医さん)いわく、長毛種は気品が高く、プライドの高いコが多いように感じる」とありました。
獣医さんのところに来る長毛猫は、チンチラとかが多いから、そう思えるのかもしれませんが、
長毛猫飼い13年のワタクシが、ここで少し、長毛限定で性格のお話を。
これはもちろん、うちで飼っている猫、お友達の猫などから、私が考えたことで、
全部の猫にあてはまるわけではありません。

チンチラ。
確かにチンチラは、取り扱い注意の子が多いようです。
でもこれは、単にプライドが高いというより、「賢い」と言いたいです。
頭が良いから、誰に甘えればいいか、誰が恐いか、何が安心か、何が恐いか、ちゃんと判断できるんです。
だから、ツンデレだったり、幻猫だったりするんです。
チンチラは、ペルシャの中に分類されますから、ペルシャ全体そうなのかもしれませんが、
さすがに、ペルシャを飼っているお友達はいないので、ここでは言及しません。

ヒマラヤン。
ヒマラヤンもペルシャの一分類なんですが、
うちのふうとか、前の猫のらみとか、顔がとがっているいわゆる「ペットタイプ」のヒマラヤンは、
どちらかというと、シャムの性格を受け継いでいるのかもしれません。
好奇心が旺盛で、一言で言うなら「不思議ちゃん」。「天然」とは違うんですよ、わかるかなあ~

ラグドール。
大きくて、おとなしくて、ぬいぐるみのような猫・・・
だったら、当然ですが、性格は「天然」。
どうやら、ブリーダーさんのところとか、ラグドールいっぱいだと、天然の子だらけで、
それはそれは楽しい(?)生活のようです。
ラガマフィンも、ラグドールから派出しているので、似ているようですね。
これは、キャシー中島さんのブログを読んでいるとよくわかります。

メインクーン。
アライグマとの混血といわれるくらい、野性的です。
私は、「米国長毛猫」と思っています。
お友達のところの日本猫と比べても、いかにも、猫らしい性格だなあと思います。
その上、体が大きくて、力も強いですから、スイッチが入ると、とっても恐ろしいことになります。
ノルウェージャンフォレストキャットとか、サイべリアンとかも、同じように野性的なのかなあ。

研究のために(うそです)、他の長毛猫も飼ってみたいのですが、残念ながら、今のところ、もう余裕がありません。
[PR]
by asuzoh | 2013-08-28 14:55 | ネコ | Comments(0)

猫月間

8月は、猫たちをワクチン接種に連れて行く猫月間となってしまいました。
去年は、4匹全部一度に連れて行って、最後まで待たされたふうが、不整脈が出てしまいました。
(ふうは、その後何度も心臓検査をしていますが、今のところ何もありません。)
というわけで、今年は、たまたま、ふうの膀胱炎もあったし、1にゃんずつ、病院に連れて行っています。
一応、予約はしていくんですが、先生のタイミングとかもあって、やっぱり1時間はかかります。

今日は、今年は何もトラブルのないらんちゃんの番でした。
朝から私がバタバタしているので、お客様があるのかと思ったらしく、机の下に隠れていましたが、無事に救出しました。
これが、雷の時隠れてしまう洗濯機の裏だったら、もう今日はキャンセルのところでした。

聴診や、触診の結果、どこも悪いところはなく、無事にワクチン接種しました。
先生の指定をせずに予約したので、いかにも研修生だったのですが、
最後にいつもは姿を見せることのない院長先生が、フォローのコメントをしてくださいました。
そういうところが、この病院のいいところなんですよね。

帰ってから、椅子の下に隠れて抗議しています。
f0106823_11122531.jpg

もぐって顔のお写真を撮ったら、もっと怒っています。
f0106823_11125446.jpg


追記:朝見たら、すこしうん○が柔らかかったですが、ワクチンの副作用はなく、元気なようです。
[PR]
by asuzoh | 2013-08-26 23:11 | ネコ | Comments(0)

麻糸とレースのバッグ

f0106823_9363594.jpg

先月、西荻窪のカントリーキルトマーケットに行ったとき、麻糸で編んで、レースをつけたバッグのサンプルがありまして、娘が一目ぼれ。
ところが、キットもレシピもなくて、売っているのは麻糸だけでした。
一生懸命、目スキャナーして(結局、HPにも載っていることが判明)帰りました。
私、編み物はするんですが、レシピがないと編めないヒトなんで、
いろいろ検索して、それを参考になんとかバッグを編みました。
麻糸2本とエコアンダリア1本を合わせて編んでいます。

f0106823_936770.jpg

今週、本当に暑い中、再び西荻窪へ。
内袋の花柄とレースをゲット、もう一度目スキャナーしてきました。

f0106823_9362547.jpg

f0106823_9374840.jpg

斜めになっている内袋を縫ったり、さらに巾着型にしたり、
裂き布で持ち手のカバーを編んだり、いろいろ始めての経験でしたが、
なんとか完成しました。
市販のバッグに縫い付けるのは何度かやりましたが、それよりずっと針通りがよくて、縫い付けるのは楽でした。
市販のバッグはしっかりしているから、きっと芯の型が入っているんですね。

写真のフォーカスが甘いので取り直そうと思ったんだけど、
ご本人はすっかりお気に入りで、今日も持っていってしまいました。
[PR]
by asuzoh | 2013-08-24 09:35 | ハンドメイド | Comments(0)

私の針仕事展

f0106823_18515851.jpg

毎年恒例、池袋西武で行われている「私の針仕事展」に行ってきました。
今年は、10周年ということで、先生方の新作が並ぶので、混んでいるかなあ、と心配したのですが、
そこそこでした。
いつものことながら、ショップの混雑の方がすごいです。
娘は卒論の関係で、こぎん刺しとアイヌ文様の実物を見られたのがよかったみたいです。

f0106823_18521588.jpg

針仕事展の時期は私のお誕生日の時期ですから、
今年も父母をさそってランチを一緒にしました。
今年は西武の和食です。

2人とも、あっちが痛い、こっちの調子が悪い、と言っていますが、
最寄ターミナルとはいえ、池袋まで元気に来てくれて、ほんとにうれしいです。
自分の誕生日ですが、父母が元気なのを感謝する日でもあります。

ところで、この時期は夏の終わりのせいか、なんだかひどく雨に降られる確率も高く、
今日も帰宅途中で雨が降ってきて、これはもう、洗濯物は諦めかと思ったのですが、
最近の雨は局地的なんですね、まだ、雨が一滴も降っていませんでした。
[PR]
by asuzoh | 2013-08-23 18:50 | パッチワーク | Comments(2)

パッチワーク通信に

f0106823_1492212.jpg

前の号から、松浦先生の連載が載っているので、発売日に本屋さんに行って来ました。
ミニカットクロスが付いているので、本屋さんでは立ち読みできないよう、縛ってあります。
で、家に帰ってから開いたら、
あら、まあ、先生の連載ページに、私の作品が載っているじゃありませんか!
f0106823_1524691.jpg

この作品は、先生にお預けしてあるし、布のコピー取ったり、三角の窓あき型紙を一杯作ったりしたのですが、
使われるのが、雑誌の方なのか、いつの号になるのか、それともご本なのか、何も伺ってなかったので、ビックリしました。

制作裏話
[PR]
by asuzoh | 2013-08-23 01:48 | パッチワーク | Comments(6)

タティングの作品

なかなか、作品にできなくて、画像もずいぶん前に撮ったままでした。
f0106823_1114566.jpg

まずは、エミーグランデ(40番相当)の糸で編んだもの。
左は、「すてハン」のテキストに載っていたしおりです。
お花1個だし、とたかをくくっていたら、お花の下に編みつけていく部分の方が大変でした。
小さなモチーフは、一番最初の頃編んだものと同じですが、
その時は、うまくできたと思ったのだけれど、
今見ると、すごいがたがたの編み目だったので、びっくり。
編みなおしてみました。

f0106823_11142711.jpg

それから、これは「すてハン」の講師でもあった盛本先生のご本に出ていたミニドイリー。
リズベスの20番の段染め糸と普通の40番の白糸を使っています。
ご本を見た時、これがとってもすてきで、
下北沢の作品展の時にリズベスの糸を買ってきたのですが、
40番相当ですから、とっても細かくて大変。
しかもピコットつなぎをする場所を間違えて、途中で廃棄。
最近は、だいぶ慎重につなぐようになりました。

新しいご本を見るたび、作りたいものが増えて、なかなか足が洗えません。

お教室の宿題の方も、先生から電光石火で貼り込みが戻ってきて、いよいよ縫わなくてはいけなくなりましたし。
[PR]
by asuzoh | 2013-08-15 23:13 | 糸物ハンドメイド | Comments(2)

猫話、夏休み編

すっかりお休みしてしまったのは、お教室の宿題のせいです。
いやあ、これが冷や汗ものでして、
8月の少し早めのお教室のときに、
次の作品は、「布が決まれば、11月までに縫えます」と、宣言してしまいまして、
先生が旅行に出発する日の朝の8時半に布を頂きに先生のお宅にうかがいました。
それからは、貼り込みを先生の避暑先にお送りするために、毎日コピーしたり、
切った貼ったの作業でした。
これを先生が見てくださり、また帰って来たら、縫えるものはいよいよ縫い始めます。

さて、夏休みといえば、恒例のキャットシッターです。
f0106823_10572412.jpg

りっちゃんもすっかり『おっさん」化してしまい、
私たちが行っても、この歓迎ぶり・・・
「ママはまだ帰ってこないの?」と抗議の後ろ頭です。

そしてうちのふうは、頻繁にトイレに出たり入ったり・・・
久しぶりの膀胱炎か、尿路結石の症状です。
水曜日の病院は、予約と急患だけなのですが、
症状が症状なので、見ていただきにいきました。
f0106823_1058277.jpg

採尿されて、疲れてます・・・

何年か前は、エコーで膀胱を見ながら、注射針をさして、採尿していたのですが、
(これでも、トイレに入ったのを見て、お玉で採尿なんていうのに比べたらすごい技術ですが)、
さらに進んで、カテーテルで採尿していただきました。
どうやら、尿路結石のなりかけみたいです。
もしかしたら、フードを変えたせいかもしれません。

今までのフードは、尿路結石のネコ用のもので、
今回、がっちゃんのために、予防用のフードに変えてみたのですが、
膀胱炎のかいではなく、ふうに先に症状が出るとは思いませんでした。

くるくる回って、心配させていたがっちゃんなのですが、
ここのところ、あまりくるくる回らなくなり、追加のMRIも撮らなくていいことになりました。
「ぼけがっつ」とか「じじがっつ」とか呼ばれて、認知症に効くらしいというサプリメントを食べています。
それから、お友達のにゃんこが見向きもしなかった高齢猫用のフードをいただいて食べさせたら、
とってもお気に入りで、よく食べて、体重の減少も止まりました。
というわけで、フードを半分交換したのです。
f0106823_10583393.jpg

当のがっちゃんは、おしっこの調子もよく、こんな感じです。
[PR]
by asuzoh | 2013-08-14 23:56 | ネコ | Comments(0)

f0106823_9483451.jpg

次の日になりましたが、無事ポーチ完成しました。
一度、キットを購入してうちで縫ってみてわかったのですが、
ジャノメのミシンはほんとうにパワーがあります。
指吸先生の作品は、普通の木綿だけではなく、フェイクファーとか、フェイクレザーとか、
厚い生地を使うことが多くて、
これに綿とか縫い代とかつくと、とても縫いにくくなります。
ジャノメのミシンは、その厚さをものともせず、縫うことができて、すごいです。

先生は、いつも、かわいいパーツをたくさん探していらっしゃるのですが、
最近はさらに、このパーツに簡単に穴をあけるマシンも入手されたそうで、
この作品でもパーツがいっぱいついて、指吸ワールドますます全開です。
[PR]
by asuzoh | 2013-08-04 23:48 | パッチワーク | Comments(0)

f0106823_1528486.jpg

久しぶりに、吉祥寺のボビナージュで、指吸先生のワークショップでした。
3月にボビナージュ1周年のワークショップがあって、それ以来です。
このエッフェル塔のポーチは、2種類を2日ずつ、各2回の講習があって、すべて満席、
先生の人気の高さがわかりますね。
今月末にも次のワークショップがあるのですが、私としては記事を見てすぐに申し込んだつもりなのに、
もうキャンセル待ちになってしまいました・・・

さてさて、今回のポーチは、このBonAppetitの部分に好きなミシンステッチを入れるのがミソでした。
文字の下に3段のステッチ、その後、ポーチ本体とぐるりと縫い付けるステッチ、
それぞれ皆さん、工夫されて素敵なものができていました。
いつものことながら、こういうときに、自分のセンスのなさが悲しいです。

後、もうちょっと飾り付けをして、内袋を縫い付けたら完成です。
うちに帰って、テレビを見ながら・・・なんて思っていたのですが、
ウォーキングで帰ったので、さすがに疲れてダウンしてしまいました。
[PR]
by asuzoh | 2013-08-04 15:28 | パッチワーク | Comments(2)