ブログトップ

days

asuzoh.exblog.jp

手作りとネコとの日々

<   2014年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

夏の冷たいデザートのレシピをクックパッドにUPしていなくて、気になっていました。
一気に3個UPしました。
下の二つは、本家のHPには前から載っています。
どれも簡単ですが、特に豆乳プリンは、材料があればすぐできるので、おすすめです。

紅茶のババロア、レシピはこちらから。
f0106823_1537490.jpg



豆乳プリン、レシピはこちらから。
f0106823_15371221.jpg



ヨーグルトのレアチーズケーキ風。レシピはこちらから。
f0106823_15373591.jpg

[PR]
by asuzoh | 2014-07-31 15:35 | 食べるもの | Comments(0)
f0106823_12253561.jpg

画像は全然関係ありませんが、がっちゃん箱詰めです。

さて、韓流ドラマですが、今年に入ってかなりマイブームも下火です。
政治的な問題、ここにきて、事故からのスキャンダル、など、気持ちが離れてしまっているのもあるのですが、
視聴率が天文学的数字をたたき出していた有名どころのドラマをだいたい見尽くしてしまって、
新しいドラマではそれほど面白いものがないこと、
ここのところ、日本のゴールデンタイムのドラマもちょっと面白いものが多かったこと、
それから一番大きかったのが、編むものにハマってしまって、字幕ドラマが見られないことが、その理由です。
それでも、忘備録として、書いておきます。

まず、歴史もの。

「トンイ」
BSで見損ねて、待って待って、ようやく地上波で見られました。
安定して面白かったです。
朝鮮時代の三大妖婦と呼ばれるチャン・ヒビンですが、私的にはドラマの中では、もっと悪い人がいるなあ。

「馬医」
トンイと同時期で、時代も近いし、役者さんもダブっている人が多いし、時々混乱してしまいました。
トンイより、波瀾万丈でおもしろかったかな。

「推奴(チュノ)」
まさに、馬医と同時代なのですが、いろんな切り口があるんだなあ、という感じです。
ただ、主人公が何がやりたいのか、よくわからないまま終わってしまいました。
ああ、チャン・ヒョクはまた、やっちまったかな・・・

次は現代もの。
「屋根部屋のプリンス」
「イニョン王妃の男」を見たとき、同じタイムスリップものでも、こちらはまた一味違う、と聞いていたのですが、
プリンス(世子)の天然っぷりが最高でした。
ドラマとしては、財閥の後継者争いという、いつものパターンなんですが、
それがタイムスリップとからめると、こんなに面白いのね、というドラマでした。
これがあまりにおもしろかったので、この後、現代ものはほとんど見ていません。

「花ざかりの君たちへ」
日本のオリジナルの方は、生田斗真君の出世作で、大好きだったのですが、
これは、だめでした。
長すぎるのかなあ。
でも、生田君と同じ役のイ・ヒョヌ君は、今まで歴史ものの子供時代ばかりだったので、
いい感じでした。

「ファントム」
今まで見たことのないパターンのドラマで、
ネット社会としては日本より進んでいると思われる韓国ならでは、でした。
まあ、結局は復讐モノなんですけどね。

「レディプレジデント」
女性大統領の誕生に一役買ったとか買わないとか?
字幕、完全版にこだわったので、やっと見ることが出来ました。
こういう政治ものには、歴史ものの役者さんが出ることが多くないですか。
いつも韓服を着て「チョナ~」といっている役者さんのいつもと違う演技がおもしろかったです。
でも、ほとんど、「大統領になるまで」、でしたね。そのあとは難しいですね。

新しくBSで始まるドラマ、どうしようか、考え中です。
[PR]
by asuzoh | 2014-07-30 12:24 | 日々 | Comments(0)
台風で延期になり、しかも、台風はたいしたことなかったので、臨時のワンディショップが行われ、
いろいろありましたが、今日が本当のワンディショップでした。
この日のために、
まず、19世紀キャリコのタペを完成させ(これはまだ公開できないので、ごめんなさい)、
7月のレッスンの宿題のTシャツデコをして、
f0106823_1821198.jpg


6月のレッスンの宿題のエコバッグを完成させました。
このお写真ではよくわからないのですが、
下部分は大きくまちを取って、芯を貼って、かごのようになっています。
f0106823_1821468.jpg

この水玉柄は、先生がパリで見つけてきたお気に入りだそうです。

f0106823_1821199.jpg

模様部分は、ヴィンテージのシャンブレーに、レースのお花と三角に折った布を組み合わせています。
これが予想されていたことですが、とっても時間がかかりました。

おとといは、イーネオヤのレッスンで、イーネも頑張って、上手になろう、と思ったのですが、
ショップでまた布を買い、ワークショップで、たくさんのヒントをいただくと、パッチワークも進めたくなります。
あと、やりたいことはいっぱい、キットや材料もいっぱい、あ~大変です。
[PR]
by asuzoh | 2014-07-25 23:18 | パッチワーク | Comments(0)
今日は、久しぶりに吉祥寺Bobinageで指吸先生のワークショップでした。
横浜のキルトウィークから東京ドームのキルトフェスティバル、春のホビーショーと、先生は大きなイベントが続きましたし、bobinageでのワークショップも、私が前に作った不思議の国のアリスモチーフのバッグだったりして、
先生にはすっかりご無沙汰でした。

今日のバッグは、前にポーチも作ったことがあるカーリーガールのバッグです。
イメージよりずっと大きくて、キルティングもしていないので、この夏持って歩くのに便利なバッグです。

レッスンぎりぎりの時間に到着したのですが、午前の部の方は、まだどなたも終わっていなくて、
これは今日は時間がかかりそうだと、覚悟してかかりました。
カーリーガールのところは例によってフリーモーションになるので、
そこまでは早く縫い上げたのですが、フリーモーションは縫っては、気に入らなくて解き、
やっぱり時間を使ってしまいました。

f0106823_149561.jpg

早めに出来上がって帰られた方もいらしたので、お写真は先生も入れて5人分です。

f0106823_1495547.jpg

裏布を少し出してステッチをかけるところがおしゃれです。
持ち手の仕上げに大きなハトメを打ちますが、小さなハトメで香水ビンをぶら下げているのがかわいいです。
f0106823_14104692.jpg

カーリーガールがかわいすぎる時は、裏を出して使うって、それはもったいないですよね。
[PR]
by asuzoh | 2014-07-21 23:08 | ハンドメイド | Comments(2)
f0106823_21151159.jpg

月曜日に続き、木曜日もキルトカフェでした。
使おうと思って買っておいたブルーベリー、生クリーム、月曜日に買ったミントがあるので、今日のスィーツは、ヨーグルトのレアチーズケーキ風です。
生のブルーベリーからソースをつくったので、いつもよりは高級感(?)

さて、数日前に「中島商店」さんから、「マイケルガールズ夏まつり」の時に注文した、オリジナルの布が送られてきました。
f0106823_21143595.jpg

全部ちがうマイケルガールのイラストで、もとはマイケルミラーの布見本に使われていたガールズです。
中島さんは、この子たちのお名前と色を上手に使われて、刺しゅうをされていましたが、
私にはとてもとても、そんな真似はできないなあ・・・

それから、おうち型のカルトナージュのボックスも、最初に行ったときはいい・・・と思いつつ買わなかったのですが、
欲しい気持ちがどんどん膨らんで、とうとう最終日にもう一度行って買ってしまいました。
オリジナルのクロスをこれに使いたいんですが、あ、それには、屋根用の黒布を買ってこなくちゃいけなかった・・・これはこれで、キットの色で作りましょうか、迷うところです。

というか、このカルトナージュ作家の瀧澤さんのパスケースのキットもまだ作ってないし、
Veritecoさんの和紙のリースももう一つあるし、
パッチワークが一段落したら、ボンドの日々にしようかな、などと考えています。
[PR]
by asuzoh | 2014-07-18 14:34 | 食べるもの | Comments(0)
f0106823_1764884.jpg

今日のキルトカフェのスィーツは豆乳プリンです。
昨日、時間があったのにだらだらと暮らしてしまい、結局一番簡単なお菓子しかできませんでした。
しかも、黒蜜が思ったより古くて、朝、スーパーまで買いに走る始末・・・

ワンディショップで、ターコイズの端切れセットをご紹介しましたが、
お教室の時に、すでに
ピンクセット(こちらが表)
f0106823_1771229.jpg

(こちらが裏)
f0106823_179298.jpg


黒セット(こちらが表)
f0106823_1771095.jpg

(こちらが裏)
f0106823_179301.jpg

も買いました。
片方が11cm四方の端切れが20枚と裏にカットクロス、
もう片方が変形の端切れのセットとなっています。
セットする人件費がタダの分とってもお得よ、という先生のお話ですが、
本当にお得です。
今日のキルトカフェでも、皆さん相当食いついていました。
25日に、ワンディショップにいらっしゃれる方は是非、お気に入りを見つけてください、各色そろっています。
[PR]
by asuzoh | 2014-07-14 17:06 | パッチワーク | Comments(0)
台風の影響で延期になったワンディショップですが、
今朝早く、先生からメールがあって、
お葉書を出した方で連絡がつかない方が多いので、お天気も良いし、臨時のワンディショップを開催するとのこと。
今日はたくさん洗濯して、うちでゆっくりするつもりだったので、あわてて仕度をしました。
というわけで、ワークショップは25日なので、今日はお買い物だけです。
それでも、松浦ワールドになった空間にいられるだけで、幸せ気分です。
今回は、ワークショップにも使うカットクロスとはぎれのセットが目玉です。お教室でも買ったのですが、このターコイズのセットは珍しいので、迷わずゲットです。
f0106823_18362394.jpg

こちらは裏です。
f0106823_18365525.jpg

それからこちらは、お買い得のハギレセットと、絶対便利な小さなチェック。
f0106823_1842162.jpg

ここまでは、冷静なお買い物でした。

曜日が違って、こういう時にしかお会いできない方たちとランチをして、
f0106823_18385383.jpg


そのあと、ショップに戻ったら、カットクロスにかわいいのを見つけて、さらにこれに合う動物柄も買ってしまいました。
f0106823_18405159.jpg


25日は、お財布持たないで行こうかな。
[PR]
by asuzoh | 2014-07-11 18:29 | パッチワーク | Comments(4)
f0106823_19293142.jpg

何やらあわただしくて、こちらでちゃんと告知もしていなかったのですが、

松浦先生のワンディショップは、11日(金)の予定でしたが、台風の影響を考え、
25日(金)に延期になりました。


もし、「11日、台風だけど、行こうと思っているの」などというお友達がいらしたら、どうぞお知らせいただけると幸いです。

では、25日に近くなったら、また詳しいこともお知らせしますね。
[PR]
by asuzoh | 2014-07-09 23:59 | パッチワーク | Comments(0)
ここのところ、予定がつまっていて、
パッチワークのお教室まで宿題をやり、
今度はとって返して、レッスンまでに先月のトゥーオヤを完成させ、
次は、ワンディショップまでにさらに宿題をやって、というぎっちぎちのスケジュールでした。
泥縄という言葉は、B型の別名だと言ったら、同じB型の娘に、それはない!と、猛反論されてしまいました。

さて。昨日の夜から、トゥーオヤの続きを編み始め、今朝も朝からずっと編み、なんとか出来上がりました。
f0106823_222112.jpg

七宝編みはいまいち、マスターした感じがしません、また、編みたいです。

気がついたら、もう、レッスンに出掛けなくでいけない時間。
雨も少し降りだしていましたが、洗濯物を取り込むのがやっとで、お昼も食べれず、自転車飛ばして西荻窪まで行きました。

今日のレッスンは、お花にビーズを編み込むボンジュクオヤ。
新色の糸も入荷したので、私としては珍しく、赤のビーズを使ってみました。
f0106823_2255964.jpg

もう一色のお花は、ブルーの糸で、ビーズは赤のつもりだったのですが、それでは意外と地味、という先生のお話で、うちに余っている他のビーズを使うことにしました。
あ、そうそう、オヤを習い始めてから1年、ずっと使っていた編み針の先がとうとう折れました。レッスン中でよかったです。

また降りだした雨の中、うちにたどり着いたら、先生から、台風の影響で、ワンディショップは、25日に延期と言うことで、
ほっとしたやら、気が抜けたやら…
でも、この2週間に色々完成させないと。
[PR]
by asuzoh | 2014-07-09 23:03 | 糸物ハンドメイド | Comments(4)
f0106823_18241669.jpg

入場料がお高いことなどもあり、あまり、いらっしゃる方を聞かないのですが、
お友達に話をしたら、「百段階段は、一度見ておいた方がいい」ということだったので、
せっかくなので、行ってきました。
娘が、キルトより、この古い建築の方に興味を持ったみたいで、
結局家族で、しかも初心者ドライバーの都内運転の練習付です。

そういえば、目黒になかなか「すごい」結婚式場があるというのは知っていましたし、
それが取り壊しになる、というのも聞いたような気がしますが、
その後のことは知りませんでした。
今や、モダンな建物の中に復刻したものがたくさんある不思議な空間となっています。
f0106823_18252063.jpg

f0106823_18284096.jpg


このトイレもかなり有名。それにしても、贅沢に場所取りすぎ(笑)。
f0106823_18253394.jpg


お写真がうまく取れませんでしたが、エレベーターも総螺鈿細工です。
あ~前にドラマでやってましたねえ、螺鈿迷宮。

キルト展の画像はNGだったのですが、
百段階段については、雅叙園のHPに詳しく載っています。
「千と千尋の神隠」のモチーフにもなっているそうです。

お部屋一つずつの細工や絵がすばらしく、キルトが圧倒されてしまうよう。
その中でも、一番素晴らしいと思われた漁礁(ぎょしょう)の間に飾られていた藤代郁子さんの作品は、
お部屋の装飾にも負けていませんでした。
後で、もう一度見に行ったほどです。

地味ですが、障子や窓枠の模様がきれいです。
こちらの方が、キルトのデザインのヒントになりそうでした。

こういうところでは、ランチ付きのチケットが定番ですが、残念ながら今回はなかったので、
駅前の方で普通にランチをしました。しかも画像撮り忘れ・・・
[PR]
by asuzoh | 2014-07-06 18:23 | パッチワーク | Comments(2)