ブログトップ

days

asuzoh.exblog.jp

手作りとネコとの日々

<   2015年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

f0106823_16533165.jpg

トルコのオヤ糸屋さんは、おととし、銀座の展示会の後、しばらく日本にはこれないかも、というお話でしたが、
うれしいことに、今年は表参道で展示会があるとうかがって、楽しみにしていました。
前の時は、まだオヤの入口に、つま先がかかったくらいで、何もわからなかったので、
今回はその時とは全然気持ちも違っています。

まずは、dantel-mika先生のワークショップへ。
一人ではとても心もとないので、こたろうさんをお誘いして二人で参加しました。
初日の午前中ということで、みなさんまずは展示会の方にいらっしゃるようで、
なんと、先生と生徒二人だけという、贅沢なワークショップでした。
オヤのちょっとした技術や、先生のお話も伺えて、とても充実した二時間でした。
f0106823_16544830.jpg

今日はここまで、あと外側に一周ビーズを編みこむと、できあがりです。
七宝編みをもっとうまくなりたいですね。

そのあとは、展示会に移動しました。
スカーフのモチーフも、前はへえ~と見るだけでしたが、ずいぶんわかるようになりました。
おととし、じゃらじゃらネックレスと、立体のモチーフのアクセサリーに、すごく惹かれて、
さらに真剣にオヤに取り組むことになりました。
じゃらじゃらネックレスはとてもお高いので、今回新しくじゃらじゃらブレスレットが出たので、
一つ買うことができました。
f0106823_16561935.jpg

立体モチーフは、相変わらず高嶺の花・・・これだけ編めるようになるのに、どのくらいかかることか・・・
でも、イーネオヤを続けるか悩んでいた気持ちがまた吹っ切れました、やっぱり、ちゃんとマスターするまで頑張りたいです。

最後に、表参道の展示会では恒例のカフェでランチをして、コーヒーのお替りまでいただいて、
話は尽きなかったのですが、解散となりました。
f0106823_16564247.jpg

[PR]
by asuzoh | 2015-07-28 16:48 | 糸物ハンドメイド | Comments(2)
Veritecoさんの月島での最後のワークショップの時に、
7月の後半、池袋西武で展示会が開催されて、小さなワークショップもあるということで、
サンプルも見せていただき、楽しみにしていました。
”sister”の刺繍作家のお友達とごいっしょだということで、
調べたら、これがもうかわいい作品を作られる方で、
何とか、一日に二つのワークショップができるよう、お願いしました。

まず前半戦は、patterieさんのペンダント。
オーガンジーベースのパーツにししゅうをして、さらにパールやビーズでデコレーションします。
このスケ感のあるパーツが素敵だなあと思ってうかがったら、ご自分でオーガンジーにラメ糸のミシンステッチで作られているそうです。
他にワークショップを受けられている方はみんな若い方で、ピアスだったのですが、
私はピアスとかイヤリングとかしないので、ペンダントにしました。
でも、ピアスだと、二つ、全く違うものにもできて、すてきでした。
まんなかにちょっとパールを集めすぎてしまったのが失敗です。
f0106823_03433638.jpg



f0106823_03435520.jpg

そのあとの空き時間い遅いランチをして、
同じフロアでちょうど北欧フェアをしていたので、それを見たり、
サンイデーのショップを見たりして(ドログリーさんはいつもすてきで、刺激がいっぱいです)、
次はVeritecoさんのワークショップです。

こちらは、基本の作り方はマスターしているので、じっくり色合わせをさせていただきました。
f0106823_04022119.jpg

ベースを藍で作りたいところだったのですが、あえてがまんして(笑)、パーツに藍を使いました。

デパートの中にいると、お天気がわかりませんね。
夕食用にデパ地下でお総菜を買って、外に出てみたら、すっかりいいお天気になっていました。
さて、リフレッシュして、明日からまた頑張ります!
[PR]
by asuzoh | 2015-07-23 23:43 | ハンドメイド | Comments(2)
f0106823_03281294.jpg

夏休み前、最後のキルトカフェでした。
ケーキは夏の定番、ババロアショコラです。

いつもなら、新しい雑誌を買いました、とパッチワーク通信の最新刊をお見せするところなのに、
本当に残念です。

大物のキルトは、しつけをかけて、秋まで封印、という方、
夏でもできる時にやるわ!という方。
なんと!先日のneko shirtの猫刺繍を、本当に自分のうちの猫で刺繍をした方、
季節先取りで、青山のイベントで購入したグランマの布を使ってクリスマスのミニタペを作る方、
4人4様でした。

さらに、私はパッチワークではなく、先日のVeritecoさんでいただいた紫陽花を作っていました。
f0106823_03282467.jpg

レースのお花の方は、葉と、お花の2種がもうこれだけ、ということで、それに合わせて小さいお花や部品を選びました。
紫陽花もブルーか、ピンクだけ、ということなので、作っていないピンクに、1枚緑を入れて選びました。
これはこれで、きれいに出来上がったのですが、
全色そろい踏みという感じなので、前に作ったブルーのものと交換して使うことにしました。
f0106823_03283879.jpg
f0106823_03285480.jpg

いかがでしょうか?
どちらがお好みですか?
[PR]
by asuzoh | 2015-07-16 23:27 | ハンドメイド | Comments(0)
Veritecoさんの月島での営業もあと2日、というわけで、この週末はなんとか月島にお出かけ、と考えまして、
しかも、この間行けなかった例のロケ地も行きたいと、画策した結果、
ランチは中央大橋のたもとの中華レストランにしました。
f0106823_02122571.jpg


これがとてもおいしくて、当たりでした。
でも、もうよっぽどのことがないと、月島まで来ることはないでしょうね。

さて、リベンジの「カノジョは嘘を愛しすぎてる」ロケ地、
中央大橋です、
f0106823_02125313.jpg


それからこちらが隅田川テラス、
f0106823_02131869.jpg


はい、これで大変満足いたしました。

それからVeritecoさんに行って、新作の展示を見せていただきました。
スパンコールとビーズを使った夏らしいアクセサリー、でもほとんどが一点ものでsold outでした。
6月の紫陽花のワークショップの材料が、本当にもう1個分しか残っていないものもあったのですが、
何とか色合わせをして、いただいて帰りました。
作り方を覚えている間に、と、すぐに作り始めました。

最後に、もう来ることもないかも、と言っていたカフェで、お茶をして帰りました。
f0106823_02134198.jpg

今日はちょうど、月島草市というお祭りで、もんじゃストリートの方は賑わっていましたが、
急に暑くなった中、大分歩いたので、そちらに行く元気はもうなくて、これで帰りました。
[PR]
by asuzoh | 2015-07-11 23:03 | 日々 | Comments(0)
今日は、松浦先生のレッスンでした。
ここのところ、課題はバッグが多いです。
それから、去年から全部違う端切れパックを使ったシリーズ(笑)も続いています。
どれを公開していいかわからないので、
とりあえず、お教室で作って、4月のイベントでキットになっていたものを、ご紹介します。

f0106823_03004440.jpg


これは、イベントのページにも紹介されていた、ちっちゃな袋物、
キットでは、ファスナーを付ける5cm四角が中心だったかもしれません。
松浦先生のご本ではよく登場する、風車状に4枚を作って、ぐるぐるっとはぎ合わせる仕立てです。
わかる人にはわかる、わからない人には何のことやら、ですね。

これは3cm四角で、ほんとに小さいです。
こういう小さいものには、19世紀キャリコの端切れが便利です。
大きく使ってしまうと面白くないキャリコの小さな柄を生かすことができます。
この布たちは、ドームで買ったキルトトップを分解したものの残りと、
松浦先生のワンディショップで買った、キャリコの端切れセットに入っていたものです。
1枚ずつしかない布は、タペストリーなどには使いにくいのですが、こういう時にホントに活躍します。

f0106823_03011227.jpg

このTシャツセットもキットになっていたので、作ったのはたぶん去年だと思うのですが、公開します。
ヴィンテージの布を使わなくても、お気に入りの端切れがあれば、すぐに作れます。
コツは、アイロン接着テープや接着シートを駆使すること。
特に、Tシャツに縫い付ける前に、接着シートできっちり接着してしまうと、
ずれることもなく、きれいにまつりつけられます。
最後に、刺繍糸で飾りステッチです。

お教室の宿題が終わったので、明日のオヤレッスンまでに先月の作品を爆編みしようと、
楽しみにしていたのですが、どうやら、編み図が手元にない、という悲劇的出来事が判明。
すっかり、意気消沈です。
[PR]
by asuzoh | 2015-07-07 23:36 | パッチワーク | Comments(2)
f0106823_12072927.jpg

フリーダムな寝姿のがっちゃんです。
このダンボール箱がお気に入りで、ぼろぼろなんですが、困ったものです。

スマホからの投稿アプリが変わってしまい、今までのように自動で画像縮小が出来ないみたいです。
ちょっと試行錯誤してみないと。

さて、恒例のドラマのお話ですが、「天皇の料理番」が終わるのを待っていたら、あと2回もあるそうなので、
見切りで感想を書くことにしました。
韓流ドラマも改めて記事にするほど見ないと思うので、最後に付け加えて書きます。
では、いつものように月曜日から。

○ようこそ、わが家へ
池井戸潤原作ということなので、おもしろくないわけはない、と思ったのですが、
やっぱり、企業の汚職をメインにしないで、ストーカーに重点を置いてしまったから、だめでしたね。
取引先の倒産を探る銀行とのやりとりとか、ほんとは面白いんじゃないかなあ、と、原作を読みたくなってしまいました。
ネットで言われていたように、沢尻エリカがストーカーの恋人で、しかもストーカーが竹中直人の息子とか、
いっそのこと、ストーカーを演じているのがニノとか、
ひっくり返るほどの最終回にしてほしかったものです。

火曜日。
本屋さんのドラマが吉祥寺舞台なので、見てみましたが、はまれませんでした。
この時間は、国営放送のドラマがいいものをやるので、そちらを見るような習慣を付けたいと思います。

水曜日。
○Dr.倫太郎
堺雅人さんは、「リーガルハイ」も好きですが、やっぱりこういうちょっとトーンを落とした話し方をする役が似合いますね。
蒼井優の「解離性同一性障害」、お上手でした。
お母さんの高畑さんの壊れっぷりもさすがでした。
レギュラーも、ゲストも、皆さん、それぞれによかったです。
最後は一体どうなるのかと思いましたが、うまい具合のソフトランディングだったんじゃないでしょうか。

○心がポキッとね
ご近所がロケ地だったりして、見始めたのですが、
倫太郎先生と重なっているし、途中で強い心で(笑)、やめるべきでした。
結局、山口智子ファンのスタッフが、ウェディングドレス姿で走らせたかっただけじゃないか、
(あのドラマは文金高島田でしたが)というドラマでした。
ただ、回想シーンのエリートサラリーマン的な阿部サダヲは、キムタクのそれよりリアルでした。

木曜日。
○アイムホーム
いろいろ前評判もありましたが、
結局、キムタクは冷酷な人間にも、パパにもなれず、キムタクでした。
「ようこそ、わが家へ」の汚職に比べたら、ものすごい額の話だったはずなのに、
なんかさら~っと終わってしまいました。私がちゃんと見ていなかったのでしょうか。

木曜日はそれでなくても、バラエティーの日なので、他のドラマは押し出された形で見られませんでした。

金曜日。
○アルジャーノンに花束を
昔見た、ユースケさん版があまりにもよかったので、これを山Pでリメイクはないでしょう~ということで、パスしてしまいました。

○天使と悪魔─未解決事件匿名交渉課─
一時期、ほとんど警察、、刑事ものだったのがうそのように、今回は少なかったですね。
これも、最後に、検察庁のトップが自分の贈収賄事件を隠すために暗躍するというからくりがさら~っと終わってしまいました。
私、途中寝てました?

土曜日のジャニーズ枠は今回はお休みしました。

日曜日。
○天皇の料理番
やはり、今回はこれに尽きるかも。
ただ、他のドラマよりは少し長いとはいえ、明治から昭和に至る壮大なお話を、
1クールでやるには無理があったかも。
せっかく60周年特別企画、などとうたっているのだから、2クールやってほしかったです。
たぶん、健君のスケジュールが取れないんでしょう。
そういうわけで、エピソードをかいつまんで作った感じで、しいて言えばそれが不満です。
時間の流れは、激やせしていくアニヤンで見るしかなかったです。
鈴木亮平さん、すごいですね、でも、他の番組で見たら、すっかりリバウンドされてましたね。

○花燃ゆ
女性を主人公にすると、どうしても、え、こんなところで、歴史上大事な人と会ったりする?
というエピソードが多くなって、そこが嘘っぽくなっちゃうんですよね。
それでも、幕末時代を会津側からお勉強して、今度は長州側からお勉強できるわけで、
この辺の歴史のお勉強が抜けている私にはありがたいことです。

それから、特別版韓流ドラマ。
今クールに見終わったのは「蒼のピアニスト」のみ。
これが、ピアニストというから音楽がらみかと思いきや、
財閥の跡目争いあり~の、出生の秘密あり~の、最後は目が見えなくなるという、
がっちがちの復讐ドラマでした。
どちらかというと、明るいイメージのあるチ・チャンウクが屈折した弟で、
「魔王」のイメージの強いチュ・ジフンが、最初、天真爛漫な兄、というキャスティングは新鮮でした。

最近また、ナッツ姫騒動があったりして、リアルなお話の方がすごかったりしますね。
mers問題もあるし、政治的にもうまく行ってないし、ますます韓国が遠い存在になっているかも。
[PR]
by asuzoh | 2015-07-01 12:06 | 日々 | Comments(0)