<   2017年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

人形町から、蔵前、浅草橋ツアー

人形町の粕漬の魚久 で、ランチが食べられるのよ、という娘情報で、一度行ってみようと思っていました。
そうなると、朝並ばないと買えないという粕漬の切り落としも欲しいし、ちょっと足を伸ばして、問屋街にも行きたいし、と、色々計画しました。

魚久本店は9時開店で、8時40分に整理券を配るというので、1時間並ぶのを覚悟で、普通なら起きたことのないような時間に起きて、出発しました。
ところが、7時50分に到着してみたら、おばさまが一人並んでいるだけ。
伺ったら、8時に来れば大体大丈夫だけど、それにしても今日はすいている、ということでした。
f0106823_12072285.jpg

f0106823_12072798.jpg
8時40分近くになって、OLさんとか、ビジネスマンとかが並びましたが、結局10人。
並びなおす必要もなく、4枚の整理券をゲットしました。お店の方が冷たいおしぼりをくださって、うれしかったです。昨日も6人だったとおっしゃっていました。
夏冬は、並ぶのもつらいし、夏は生ものを持って帰ることも考えると、少ないのかもしれません。私は、冬の朝の並びの方がきついと思います。
本店は時間が早いので、ご近所にお勤めの方は出勤前に整理券をもらい、帰りにピックアップすることができるんですね。



f0106823_12073237.jpg
さて、娘との待ち合わせまでたっぷり時間はあるので、まずは蔵前に向かいました。
お友達が使う木馬のテープを買うのが目的です。
単なる平織りのテープなんですが、この「単なる」ところがみそで、通販や売っているショップが見つかりません。木馬自体も通販をやっていませんし。
でも、ここに来れば、1メートル単位で買えるのがうれしいです。
この後、樋口愉美子さんのご本以来、注目していたがま口の問屋さん「角田商店」へ。
ここは通販しているのですが、木馬からあまりに近くて、一度行ってみようと思いました。
問屋さんって、暗くてなんか埃っぽくて、売っているものがよくわからなくて・・・というイメージがありますが、ここは、問屋っぽいけど、なんとなくおしゃれな雰囲気のお店でした。



f0106823_12073748.jpg
その後、浅草橋に向かって歩き、「east side tokyo」を覗き、「貴和製作所」 に行き、
駅の向こうの問屋街はもうあきらめて、人形町に戻り、カフェワーカーしていました。

f0106823_12074235.jpg
魚久のランチは、お店が広いので並ぶこともなく、すぐにお食事が出てきますし、オフィスの方のランチには最適ですね。憧れの銀だらの粕漬です。でも、鮭も捨てがたいです。


f0106823_12074698.jpg
お食事の後、整理券を渡して4個ずっしりと重い切り落としを買い、家に帰りました。
朝早かったし、荷物は重いし、珍しく長い距離の電車に乗ったので、すっかり寝てしまって寝過ごしたし、大変疲れました。


f0106823_12075170.jpg
さて、戦利品の切り落としです。これで、税込み約800円です。
がっちゃんに大きさ比べのために並んでもらいましたが、がっちゃんは、猫的にとても大きいので、これは比べられませんでしたね。

f0106823_12075650.jpg
焼いてみました。こういう味噌とか粕とかは洗っちゃいけないと、習ったことがあって、キッチンペーパーでふき取っただけなので、ちょっと焦げてしまいました。
後で調べたら、魚久の粕は洗い流していいそうです。
味はもちろん、言うまでもなく、大変おいしくいただきました。


[PR]
by asuzoh | 2017-08-29 23:04 | 食べるもの | Comments(0)

リネンバードのキットでブレスレットセットを作りました

5月に、リネンバードの樋口愉美子さんの作品展を見に行ったとき、樋口さんのキットと一緒に、ビーズのブレスレットのキットも買いました(その時の記事はこちら)。
そろそろ作らないと、思って取り出したら、編み図が入っていません。
私は糸とビーズの小さな袋の中に、折り畳まれた編み図が入っていると思って買ったみたいなのですが、別に編み図があったようです。
もしかしてなくしてしまったのかな、と思いつつ、リネンバードにお電話したら、丁寧に対応してくださり、すぐに宅急便でレシピを送ってくださいました。
そうなるともう、すぐ作らないわけにいきません。
f0106823_08595758.jpg
チューブクロッシェは、一度作ってみたかったのですが、何しろチューブですからボリュームがあって、編むのも時間がかかるんですね。
編み始めれば簡単なんですが、焦ると意外と間違えていて、しかもその一目が結構目立って、難しいものだとわかりました。
一度編んでしまうと、ネットの画像も理解できるようになって、奥の深いものだとわかりましたが、これはしばらく封印します。
というのも、これは丸大ビーズなんですが、ブレスレットにすると、太くて、結構邪魔です。
それから、このフォルムが私の苦手なヘビさんに似ていて、実は、編んでいる途中でも、置いてあるのを自分で見て、ドキッとしたことが何度もありました。あ~せめて、赤とか、動物に見えない色にすればよかったかなあ。
外国の画像では、リアルにヘビさんに似せて作っているのもあって、これはもう、かんべんです。



[PR]
by asuzoh | 2017-08-25 23:58 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

13歳のHappy Birthday!

毎年恒例、猫たちのお誕生日記念撮影です。
ケーキは人間用のものだし、やる意味があるの?と思うこともありますが、
毎年やってきたことをやめて、病気になったりしたら嫌なので、源を担いで、続けます。
今年から、お父さんにだっこしてもらうことになったので、お顔がいいタイミングを狙うなんてことはできません。
f0106823_01475563.jpg
らんちゃん、完全に怒ってます。目が三角です。
この一年も、らんちゃんは病気知らずでした。
相変わらず、換毛期には毛玉だらけになって、はさみを持って追い掛け回さなくてはいけませんが、こちらも慣れてきて、あまりひどくなる前に刈り込むことができるようになってきました。



f0106823_01475808.jpg
がっちゃんも、この一年は病院に行かなかったです。くるくる病ももう2年、全く出ていません。
若いときは、どんなところも飛び乗っていたがっちゃんも、さすがに最近は、キッチンに飛び乗るときは、椅子を使うようになりました。椅子がコンロに近いところに置いてあるので、いつもひやひやです。


f0106823_01480013.jpg
今回のケーキは、お友達にイチジクのコンポートをたくさんいただいたので、それをゼリーにして、レアチーズケーキの上に乗せました。


[PR]
by asuzoh | 2017-08-24 01:46 | ネコ | Comments(0)

フェリシモのキットで、ピンクッションを作りました

f0106823_02275029.jpg

フェリシモのキットでピンクッションを作りました。
前々からずっと気になっていた「東欧のかわいいを詰め込んで旅する刺しゅうピンクッションの会」という長いお名前のコレクションです。
東欧の色々な手法が作れて、しかもお手軽ピンクッションサイズ、というところがミソです。もちろん、使うためではなく、飾っておきます(飾ると言っても、我が家では、ちょっと気を抜くと、猫のおもちゃになってしまうので、むずかしいところですが)。
f0106823_02275326.jpg

今回は、クロスステッチを3面作って、ギンガムチェックの布と接ぎ合わせて、キューブ型にしてあります。
このクロスステッチが、3本取りだったのに、2本取りで始めてしまい、気が付いたときは、もうやり直す気力はありませんでした。だから、刺繍のふんわり感がたりません。
クロスステッチの初歩をちゃんと習っていないので、裏がきれいにできません。
それから、どちら向きが上になるか、という一番初歩の間違えをやってしまいました。前もやってしまったので、かなり気を付けていたのですが。
どうやら、刺繍は左右どちらの手でも縫えるので、臨機応変にしてしまうのが、間違える原因のようです。

東欧の刺繍のキットは、フェリシモ以外でも幾つか買ったものがあるので、この際作りたいところなんですが、果たして…



[PR]
by asuzoh | 2017-08-17 23:14 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

西荻窪iplikanaさんでVeritecoさんのワークショップ

今回のVeritecoさんのワークショップは、10周年記念ということでした。
前回の松庵文庫でのワークショップは去年の12月でしたから、半年以上ぶりです。
でも、はるばる瀬戸内から来てくださるのはうれしいことです。
f0106823_12323888.jpg
午前の部は、シュウメイギク1輪でした。
シュウメイギクは蕾がミソです。これを布でどう表現されるかが、さすがです。
葉っぱのぎざぎざ、おしべが難しかったです。

f0106823_12324068.jpg
今回のワークショップは、お花作成と共に、瀬戸内の島産の野菜を使って、iplicanaのカナさんが作ってくださったランチとおやつがつきます。
野菜カレーに人参ラペ、バジルドレッシングのトマトときゅうりのサラダ、キャベツと玉ねぎの冷製スープ、どれもおいしくいただきました。
いつもは、Ricoさんとは、ワークショップの間にちょっとお話をして、帰り際にまたちょっとお話をするくらいしか時間がないのですが、今日はゆっくりお話ができて、とても貴重なひと時でした。


f0106823_12324295.jpg
お昼休みの後、午後はマリーゴールドとフリージアのネックレスでした。いつも、Veritecoさんのワークショップでは、藍色を使うことが多いのですが、今日は瀬戸内の「ヤシャブシ」があったので、これをマリーゴールドにして、ベージュのフリージアと組み合わせました。季節関係なしの雰囲気でお気に入りになりそうです。


f0106823_12324445.jpg
午後の部終了後のおやつは、トマトのコンポートのシャーベットに梅のコンポート添え、トマトなのに、こんなに甘いなんて!お茶も、島のハーブのハーブティーです。なんだか、夢のような生活ですね。


f0106823_12324624.jpg
おやつにいただいたクッキーもおいしかったです。島のかぼちゃのクッキーもお土産にいただきましたが、さらに、クッキーを買ってしまいました。

Veritecoさんは来春に、またご本が出るそうで、きっとお忙しいことと思います。また、本の出版記念にワークショップをしてくださるといいなあ。
さて、色々あって、私は染めもまだできていないので、鉄は熱いうちに打て!です。


[PR]
by asuzoh | 2017-08-07 23:28 | ハンドメイド | Comments(0)