春に、代官山で、リバーフィールドさん主催のmasishuさんのワークショップがありまして、がっちゃんをモデルの刺繍ワッペンを作りました。
f0106823_15114728.jpg
途中までできていたのですが、ワッペンにして付けるバッグがなく、
色々考えた結果、バッグチャームにしようと思いつき、裏打ちの厚いフェルトや、チェーンを買ってきましたが、
そのうち、忙しくなって、保留になっていました。
ようやく再開したら、今度は刺繍糸が足りなくなったり、ハトメを買わないといけなかったり、
いろいろありましたが、次のワークショップも迫ってきて、ようやく完成させることができました。
普通、猫缶の中身はお魚なんですが、うちの猫たちは、魚ではなく、鶏肉が好きなので、お肉がついています。

[PR]
by asuzoh | 2017-09-20 23:02 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

f0106823_09193240.jpg
ヴォーグ社の本社が市ヶ谷から中野富士見町にお引越しして、せっかく近くなったので、何か受けられるものはないかと、思っていたら、このスペシャル講座がありました。
お教室に通いながら行くの?と言われそうですが、何しろ、一緒に通っている先輩方は、20年30年通っている方たちですから、少しでも追いつくために、先生の講座は外せません。


f0106823_09193682.jpg
講義室の壁一面に先生の作品と今度のご本に載ると思われる作品がギャラリーのように飾られていました。
これは、前のご本に載っている先生の作品で、いつか作りたいと思っているものです。

午前は講義、お昼を挟んで午後は、型紙を作ったりのワークショップになるかと思っていたのですが、
いつものイベントの時のギャラリートークのように、それぞれの作品を先生が説明してくださっていたら、時間がいっぱいになってしまいました。
このスペシャル講座は、なかなか直にお話を伺えない大先生たちの講座で、他の先生の講座も興味ありです。


[PR]
by asuzoh | 2017-09-09 23:18 | パッチワーク | Comments(0)

赤峰先生のワークショップは、手縫い、コットンフレンド、と行っていますが、一日のワークショップは久しぶりです。
いつも言っていますが、もれなく、先生とAZダイニングでのランチをご一緒できるのも楽しみです。その分、ボビナージュのスタッフさんにはお世話になりました。
f0106823_08544151.jpg
今日の作品は、「小旅行バッグ」とお名前の付いたとっても大きなバッグです。
8月に2回あったのですが、申し込み開始時間からずっとお電話をかけ続けたのに、満席になってしまい、キャンセル待ちも出なかった人気のバッグです。今回の追加の2回もすぐに満席になってしまい、まだキャンセル待ちの方がいらっしゃるそうです。

先生オリジナルのボーダー織りクロスが3種、持ち手が黒と赤の2色、さらにボビンワークのステッチ色が2色あって、全く同じものにはなることはほとんどありません。


f0106823_08544322.jpg
外ポケットもあって、便利です。
外側からぐるっと回す持ち手、スクエアの底、ファスナー付け、と、赤峰先生のバッグの特徴てんこ盛りのバッグです。その分、作るのもかなり真剣で、これが初めての方は、大変だったと思います。


f0106823_08544533.jpg
ステッチも全部赤を使って、仕上げました。中布の青も効いています。
私は旅行をする予定はありませんが、パッチワークのお教室の時はとても荷物が多いので、さっそく使おうと思います。


[PR]
by asuzoh | 2017-09-08 23:53 | ハンドメイド | Comments(2)

ブログで、コースター展の開催は伺っていたのですが、このお葉書をいただいた時から、絶対行きたい!という思いは日に日に増すばかりでした。
dantel-mika先生には、トゥオヤのコースターは一度習っていたので想像がつくのですが、イーネオヤのコースター!
とにかく、今は、イーネオヤを続けていくために、刺激が欲しいです。
f0106823_11245929.jpg
会場のHAGISOは、日暮里駅から徒歩6分でそんなに迷わないはずだったのですが、ミニチュア展でたくさん画像を撮ってバッテリーが心細くなっていて、地図アプリを使わなかったら、やっぱり迷いました。



f0106823_11250176.jpg
一度行ってみたかった松野屋にも寄ってみました。いいバッグがあったんだけど、これ以上バッグを買っても、千手観音のコレクションになってしまうので、あきらめました。次、蚤の市とかで見たら買ってしまいそうです。


f0106823_11250390.jpg
会場のHAGISOってどんなところかと思ったら、古民家カフェなんですね。はぎ荘なんですね。

f0106823_11250584.jpg
mika先生もいらして、いっぱい、いっぱいお話をうかがうことができました。
このコースターは、裏も見てね、ということで、全部透明袋入りで手に取ってみることができます。
裏布は、リバティーかな、と思うようなお花柄とか、あ~!これはオヤにぴったり!と思ったのは実はフィードサックで、なんだか、創作意欲に火を付けられました。


f0106823_11250751.jpg
というわけで、お葉書の中心だったキットを買ってしまいました。また~といわれそうですが、こういうものは、実際に手に取って作りたいわたくしです。
それから、このコースター勢揃いの雰囲気をどうしても目に残しているだけでは満足できず、作品集も買ってしまいました。
会場には、私がオヤを始めたときからのお知り合いのakiconconさんもいらっしゃいましたし、
mika先生の生徒さんで、自作のバッグにオヤを縫いつけて作品を作られている方もいらしたし、
ほんとうに楽しい時間でした。

f0106823_11250856.jpg
今日は、池袋のお昼会食から、電車の中で座っただけで、ずっと立ちっぱなし、休憩なしだったので、ほんとうはHAGISOで一休みしたかったのですが、とても人気で、ずっと席が空くのを待つ方が並んでいたのであきらめて、今度は千駄木まで歩き、何とかコーヒーとサンドイッチで元気を取り戻して家に帰りました。



[PR]
by asuzoh | 2017-09-02 23:58 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

f0106823_10550125.jpg
田中達也さんのミニチュアカレンダーは、ずいぶん前からTwitterで、そのあとインスタグラムでもフォローさせていただいていて、毎日楽しみにしています。
朝ドラのオープニングに使われて、きっとメジャーになってしまって、この展示会も混んでいるだろうと、覚悟していきましたが、やっぱり20分以上並びました。
でも、チケットを買うところでセーブしているので、中は、混んでいる美術館よりずっと見やすかったです。
お写真はほとんどOKだったので、3Dのものはほとんど撮ってみました。
中には、1眼レフのカメラで、真剣に撮っている方もいらっしゃいました。

f0106823_10550323.jpg
田中さんのトレードマーク的なブロッコリー。最初のものは生ものでしたが、これは食品サンプルです。
以前は、食べ物を使っていたのですが、メジャーになってしまってから、食品サンプルを使うことが多いですね。


f0106823_10550853.jpg

逆に、これは食品サンプルだから作れた作品。真ん中にサーファーがいるんですが、わかるでしょうか。


f0106823_10551055.jpg

f0106823_10551322.jpg
文房具やPCの部品をつかった作品も多いです。デスクで思いつくんだろうな~
表題を書き留めてこなかったのですが、ほぼほぼ、おやじギャグですよね。でも、思っていたより若い方です。


f0106823_10551533.jpg
今回の目玉、「新パン線」。ぐるっと一周動きます。建物を食器で作っているところにこだわりがあります。
実物を見て一番びっくりしたのは、人間の小ささ。こんな小さいものがあるのは知りませんでした。しかも、5000体お持ちだとか。

ここでみんなとお別れして、私は一人で日暮里に向かいました。


[PR]
by asuzoh | 2017-09-02 23:54 | 日々 | Comments(0)

f0106823_10383118.jpg
今年は「針仕事展」の会期が少し遅いので、毎年恒例の池袋での両親との会食も9月に入ってからになりました。娘とお婿さんも来てくれたので、にぎやかになりました。
毎年書いていますが、両親そろって池袋まで来てくれて、元気でいてくれてうれしいです。


f0106823_10383387.jpg
その後、女3人は、「針仕事展」へ行きました。
チラシを一日持ち歩いてしまったので、きれいに撮れなくてごめんなさい。
気が付いたのですが、チラシの絵がキルトじゃないのは初めてじゃないでしょうか。
針仕事展は続けていくけど、パッチワークとは距離を置くっていう思いが表れているんでしょうか。
確かに、キルトの展示はますます少なくなってきましたが、私自身が刺繍やほかの手芸にも心が動いていますから、これは時代の流れでしょう。
でも、去年も書いていますが、ショップは前より多くなって、にぎわっていました。もしかして、展示スペースが少なくなった分、ショップのスペースが増えただけかも。
ここで、母とはお別れして、お茶をして待機していた男性陣と合流して、新宿に向かいました。


[PR]
by asuzoh | 2017-09-02 23:36 | 日々 | Comments(0)