ブログトップ

days

asuzoh.exblog.jp

手作りとネコとの日々

f0106823_14350870.jpg
12月のSOFAさんでのレッスンの作品が出来上がりました。
ここのところ、間違えて作ってしまったり、どうにも作り方に納得がいかなかったり、完成作品がなかたのですが、これはビーズいっぱいで派手な雰囲気なので、クリスマス、お正月に着けられるように、早めに完成しました。


f0106823_14351405.jpg
アップで見るとなんだか怪しげな感じですが・・・



[PR]
# by asuzoh | 2016-12-20 23:33 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)
f0106823_16515675.jpg
今日は、西荻窪のSweet flapさんへ、カルトナージュレッスン作品展に行ってきました。
Veritecoさんのレッスンの合間か、帰りがけに行こうと思っていたのですが、時間がなくなってしまい、出直しとなりました。

瀧澤先生のブログFirst of Infinityの中島さんのブログなどに作品のお写真が載っているので、見てくださいね。Sweet flapの砂川さんの布を使ってのレッスンですから、かわいい作品がたくさんです。
私もキットを買ったものがあるのですが、失敗するのが怖くて、まだ作っていません。
来年の春にワンディレッスンがあるというお話だったので、ずいぶん先ですが予約させていただきました。

f0106823_16520149.jpg
砂川さんのブログで、いつもすてきな布を売っていらっしゃるな~とチェックしていたのですが、オヤのレッスンで西荻窪に行くのはいつも定休日でなかなか行けませんでした。
この猫の布も欲しかったものです。1枚買うと、もう止まりません、結局こんなに買ってしまいました。


[PR]
# by asuzoh | 2016-12-18 23:50 | ハンドメイド | Comments(0)
f0106823_21040660.jpg
色々なお店が閉店になったり、お引越ししたりして、寂しい思いをすることが多いですが、
なんといってもVeritecoさんが西荻窪から月島にお引越しして、さらに、瀬戸内海の豊島に移住されてしまったことが、一番残念なことでした。

今回、新しいご本の出版記念ということで、西荻窪の「松庵文庫」でワークショップをしてくださるということで、とても楽しみにしていました。
「松庵文庫」は、西荻窪で有名な古民家カフェですが、駅からちょっと離れているので、行ったことはなかったし、2階がレンタルスペースになっていることは知りませんでした。

午前の部は初心者向けの「一輪のジニアのブローチ」。お花はフェルトですが、4枚もカットしなくてはならず、それが大変でした。
それでも、先生に染めや、材料のお話など伺いながら、ゆったりと作ることができました。
f0106823_21041111.jpg
f0106823_21073398.jpg

午後の部までの時間をどうしようかと思っていたのですが、カフェでランチをいただき、しばらく休憩させていただくことができました。
ほんとは、駅の方まで自転車で行こうと思っていたのですが、松庵文庫の居心地の良さは、なかなかでした。


f0106823_21073765.jpg
午後の部は、「ユーカリ、スイトピー、かすみ草のリースコサージュ」。ワイヤーを通したり、布をカットしたり、それぞれのお花を組み立てるまでの準備がとても大変で、おしゃべりな私が手と口を一緒に動かすことができず、ほとんど無口で黙々と作業しました。
何とか終了時間にはみなさんできあがることができて、無事にお写真を撮れました。
古民家カフェの悲しいところは、照明が暗くて、午後の遅い時間はそれが辛かったです。
今回の特典として、もう一つ作れる分のお材料をいただけましたが、ご本に載っているお花には、ほかにも作ってみたいものもあり、やっぱり染めに挑戦しようかなあ、と、思っているところです。



[PR]
# by asuzoh | 2016-12-16 20:08 | ハンドメイド | Comments(2)
f0106823_04444669.jpg

今日のボビナージュさんのワークショップは、赤峰先生の、コットンフレンドの『バケツショルダーを作る会』でした。
いつも人気のワークショップですから、ご本の発売日に買いに行き、すぐに申込みしようと思っていたら、大きさと色の組み合わせで4種類あって、迷ってしまいました。
その前に、先日のバッグの申し込みをしていたので、今回はサイズは小さい方、色はいつもと違うオレンジ系にしました。
袋布に、点と線模様製作所さんの刺繍布を使うので、大好きなホワイト系の「キツネの小道」を使えるのも決め手のひとつでした。
f0106823_04445169.jpg

先日のバッグに比べると、小さい分縫う長さは短いし、作り方のコツもまだ覚えていましたから、意外と早く出来上がりました。
ショルダーひもを帆布で作るとき、厚みが出ないようにする作り方も、結構目からウロコでした。
この刺繍布は、刺繍がぎっしりされていて、そこにミシンの針を落としてしまうと、進まなかったリ、ずれてしまうことが多々あり、苦労しました。

f0106823_04445475.jpg

f0106823_04450081.jpg

帰りには、L.L.beanのクリスマスツリーを見て帰りました。毎年、違うオーナメントが飾られていてかわいいです。


[PR]
# by asuzoh | 2016-12-15 23:10 | ハンドメイド | Comments(0)
f0106823_09261232.jpg
今日は、最初から娘と待ち合わせをして吉祥寺でお買い物をする予定だったのですが、
ボビナージュさんで、前からガーランドとかロゼッタとか、今おはやりの手芸に興味のある娘にぴったりのミニワークショップをやっているので、一緒にやってきました。
ミシン刺繍でイニシャルや、エッフェル塔、お花の刺繍をしたもの、
ミシン飾りステッチをラメ糸で入れたもの、
ボタンや大きなスパンコールはボタン付け機能でつけました。
ジャノメのミシンの機能総動員です。
特に刺繍は、自分でやって失敗するのはこわいので、すっかり店長さんにお世話になってしまいました。
1~1時間半の予定でしたが、2時間たっぷり楽しませていただきました。


f0106823_09261739.jpg
床に置いてお写真を撮ろうと思ったら、こんなになってしまいました~


f0106823_09262223.jpg
そのあとは、お買い物をして、ちょっと早いですが寒い中並ぶ前に、「山本のハンバーグ」で夕食をいただきました。これは、季節のハンバーグ、麻婆ハンバーグです。お豆腐と茄子と、さらにパスタまで入っています。


f0106823_09262643.jpg
吉祥寺駅前の今年のイルミネーションは、いつになくシンプル、シックで素敵です、っていつもどんなだったんだ!


[PR]
# by asuzoh | 2016-12-11 23:24 | ハンドメイド | Comments(0)
f0106823_09543899.jpg
毎年恒例のお友達とのクリスマスリース作りです。
いつもお世話になっているお花屋さんは、2年に一度くらいリース展をやっていて、その時見たヒマワリとケイトウのドライフラワーを使いたいとかねがね思っていました。
でも、12月に入ってから買いに行ったのではもう売り切れということが続き、今年は早くにお願いしておきました。
前日に花材を取りに行ったら、もう注文もレッスンも全部終わったから、残った花材を全部持って行っていいよ、ということで、細かいお花や葉っぱ、しかもちゃんとワイヤリングしてあるものをたくさんいただいてしまいました。
今回ネックだったのは、土台が自然のつるのようなものをぐるぐる巻きにしただけものだったことで、細いので、ワイヤーで留めても、くるりんと回ってしまいます。
何とか、土台のアジサイは留めましたが、次にお花をワイヤーでつけると全部沈んでしまい、きれいにできません。
ここで、私たちはあきらめて、グルーガンに走ってしまいました。お花屋さんにはあきらめないのが肝心と、言われていたんですが、ごめんなさい。

ケイトウのドライフラワーは、きれいな赤のものもあったのですが、黄色のヒマワリとブルーのアジサイと一緒に使うと、私がイメージするのと違うカラフルなリースになるだろうな、と思い、今回はケイトウはピンクと黄色だけ使いました。
バラのように見えるのは、ほとんどトルコキキョウです。きれいな黄色のものがたくさんあったので、それを使っています。

出来上がってみると、土台に対して大きいものになってしまい、これは最初のアジサイが大きかったせいです。アジサイを小さく留めつけていけば、お花も沈むことがなく、コンパクトなものになったのだと、飾ってからう~んと、反省しました。


[PR]
# by asuzoh | 2016-12-09 09:54 | ハンドメイド | Comments(0)
f0106823_23510670.jpg
クリスマス柄のマフィンケースを買ったので、このシーズンは、マフィン型を使うことにしました。


f0106823_23511238.jpg
まず作ったのはマロンクリームと栗の甘露煮を巻き込んだパンです。
先月のケーキの残りのマロンペーストと栗の甘露煮があったので、パンにしてみました。


f0106823_23511700.jpg
次はリンゴとクリームチーズのマフィンです。
お店で買ったのが美味しかったので、一度作ってみたかったものです。
前にマフィンを作ったときは、作り方のせいか、レシピのせいか、おいしく作れなかったので、それからマフィンは作っていなかったのですが、これは、クリームチーズを入れているので、しっとりして美味しかったです。


f0106823_23512504.jpg
それから、今月のパッチワークのお教室で作ったのは、このクリスマス用のボードです。
フライングタイガーのキャンバスに布を張り、そこにヴィンテージのクリスマスカードを組み合わせて貼りました。


[PR]
# by asuzoh | 2016-12-06 23:47 | 食べるもの | Comments(0)
f0106823_15322199.jpg
先日の糸モノまつりの時に、「テシゴトカズラ」で行われる裂き編みのワークショップに参加するお約束をしました。一緒に参加されたのは、パッチワークのお教室でご一緒の方です。
編み針も特注だからお得よ、というお話だったのですが、行ってみてびっくり、アフガン編みだから、大きいだけでなくとても長い編み針で、ほとんどドラムスティックくらいあります。
布を裂きながら編み、次の段は毛糸で、と交互に編んでいきます。
最初から幅を広くとってしまったのと、柄布を使ったせいで目が拾いにくく、あまり長く編めませんでした。この幅だと、ストールではなく、敷物になってしまうかもしれません。

ワークショップの後は、「テシゴトカズラ」のオーナーとワークショップに参加した方と3人で、吉祥寺お散歩に出かけました。
ご近所の「musline」さんでお買い物をして、じょうたさんのさおり織の工房の前を通り、成蹊大学を見ながら、「A-materials」さんまで足を伸ばしました。



f0106823_15322867.jpg
今日の戦利品はこちらです。
A-materialsさんで最初に目にした時から気になっていたこの布、広げてみたら、スティグ・リンドベリのデザインの布だとわかりました。
オーナーがお買いになったのはアメリカだそうですが、正真正銘のヴィンテージです。
今年一番のお宝かもしれません。

それから、やはりなかなか手に入らないシャンブレーの布、muslineさんではフランスのストライプ布、これも珍しいです。


f0106823_15323195.jpg
最後に「多奈加亭」でお茶にしました。糸モノまつりの時は、暗くなってしまったせいもあって、あまり歩けなかった分、今日は吉祥寺を満喫しました。




[PR]
# by asuzoh | 2016-12-03 23:30 | 糸物ハンドメイド | Comments(2)
F.O.I.の中島さんに「ワークショップの女王」という二つ名をいただきまして、今日もそれに恥じぬよう、ワークショップにいそしんでまいりました。
f0106823_07092238.jpg
コットンフレンドではなく、ボビナージュさん主催の赤峰先生のワークショップは、久しぶりです。
今日のバッグは、表が全部パラフィン加工の帆布なのでなかなかハードです。中袋のコットン地も結構厚地なので、最後に全部縫い合わせるところは、ジャノメのミシンでも苦しそうでした。

f0106823_07092658.jpg
今回のバッグの「売り」は、ポケット口のボビンワークと皮の持ち手です。
ボビンワークは下糸に刺繍糸のMOCOを巻いてステッチするんです。
私のミシンは、ボビンケースがあるタイプで、ミシンキルトなどで、太い糸を付けるときは、ボビンケースの調整をしなくてはいけないのですが、また元に戻すことができるか心配で、やったことがありません。
ボビンケースを2つ持っていれば安心、と伺いましたが、まだそこまで至っていません。


f0106823_07093221.jpg
底も、クロスの飾り兼補強布をたたいて、おしゃれです。

今回は、3回あったワークショップの最終回だったので、先生も皆さんが間違えやすいところをチェックしてくださって、その時々に細かく教えてくださったのですが、
それでも、この底布を×ではなく+に縫いつけそうになったり、持ち手を挟まずカシメを止めようとしていたり、色々やらかしそうになってしまいました。


f0106823_07093776.jpg
ランチは恒例、同じビルの地下のASDININGさんへ。
菅原先生のブログで、あ~食べてみたい~と思っていたステーキ丼です。
いつもは、ドリンクのおかわりもしてゆっくりするところですが、今日は、その先の作業が大変なのが分かっていたので、おかわりせず、みんなでまじめに帰りました。


[PR]
# by asuzoh | 2016-11-29 23:08 | ハンドメイド | Comments(0)
f0106823_23562200.jpg
temarisiousさんの糸は、初めて見た瞬間からそのきれいな色にほれ込んでしまったのですが、まさか、私が手まりを作ることになるとは思っていませんでした。
でも、吉祥寺ハモニカ横丁朝市の時に、お店に飾られていたリースを見たら、これは絶対欲しい、と思い、ワークショップに参加させていただくことにしました。

temarisiousさんの手まりの作り方はyou tubeで検索すると動画が見られます。
もみ殻の中にハーブやエッセンシャルオイルを入れて、紙で包み、後はひたすら糸を巻きます。
そのあと、地割りをして帯の糸を巻き始めます。
ここまでは順調で、休憩のお茶とシュトーレンをいただいて余裕を見せていたのですが、
さらに地割り補助線をかがり、松葉かがりを始めたあたりから、どうやら性格が災いし、きちんと分割ができていなくて、模様がまちまちになってしまいました。
最後の麻の葉かがりは時間切れで、宿題になってしまい、うちに帰ってから仕上げました。

f0106823_23562756.jpg
出来上がった手まりの大きさはこんな感じです。色はちょっと飛んでいます。


f0106823_23563356.jpg
リースはMITSUNOWAさんが作ってくださったもので、1つずつ違います。
これを選ぶのが、楽しかったけれど、ほんとに悩みました。
私が選んだものはピンク色のお花と藍色の実がついていたので、この色を取って糸を決めました。

初めての手まり、決して上手にできたわけではありませんが、楽しかったです。
また機会があったら、是非作ってみたいです。


[PR]
# by asuzoh | 2016-11-27 23:53 | 糸物ハンドメイド | Comments(4)