days

asuzoh.exblog.jp
ブログトップ

手織りのワークショップに参加しました

f0106823_02481071.jpg
去年の吉祥寺糸モノまつりのとき、ビンゴを揃えるために、一番三鷹寄りの方まで行き、trois temps(トロワトン)さんのアトリエに初めて伺いました。
幾何学的な模様と色数を抑えた手織りの雰囲気にすっかり目がはあとになってしまいました。
次の日、公園でワークショップがあると伺ったのですが、都合がつかず、後日、お友達がそこで織ったものを見せていただいて、次にチャンスがあったら絶対に、と思っていました。
というわけで、ワークショップの告知があったので、速攻申し込みました。
糸モノまつりのときに、もうすぐお引越しをするというお話だったのですが、住所を調べたら、どうやら、A-materialsさんのあったところのようでした。

今日のワークショップは、アトリエでやるので、いつもの出張ワークショップと違い、「綜絖(そうこう)にタテ糸を通す」ところから、ということでした。
が、何しろ、段ボールにタコ糸を張るようなものしかやったことがないので、それがどのくらい大変なのかもわからない状態です。
でも、幾何学的な模様の仕掛けが、ここにあるらしいということはよくわかりました。
この作業が2時間以上かかりました。実は織るのはそんなに時間はかからない、というお話だったのですが、やはり初めてのことで、慣れている方よりずいぶん時間がかかってしまいました。

f0106823_02484222.jpg
f0106823_03231106.jpg

これが織りあがったところ。ヨコ糸をどのくらい引けばいいか、筬を引く強さとか、わからないことがいっぱいです。道具の名前もよくわかりません。実は仕事で織物関係のものもあるのですが、単語は訳しても、それがどんなものか、わかっていませんでした。
f0106823_02493280.jpg
これをがま口に仕立てて、送ってくださるところまで、ワークショップに含まれています。
がま口にすると、余ったところが出るので、ブローチとか作れるみたいです。
それにしても、端がひどい状態で、これではコースターにはできません。

1時半には終わるかな、ランチをしてから、水道橋に向かえばいいかな、と思っていたのですが、終わったのは3時、というわけで、何しろそのまま水道橋に向かいました。





[PR]
by asuzoh | 2018-04-28 23:47 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)