days

asuzoh.exblog.jp
ブログトップ

小関先生のすてきにハンドメイドマンスリーキルト完成しました

トップが完成したのは、2014年11月でした。
時間があるときにミシンをかける、と言っていて、結局3年半も温めてしまいました。自分でもびっくりです。
トップが完成したときから、ミシンで、しかも格子でキルトをかけることを決めていたので、後はやる気だけだったんですが。
f0106823_09083142.jpg

f0106823_09083249.jpg
裏布も、小関先生の布で決めていて、パイピング布もこれにしようと一緒に入れてありました。ほんとは、ブルーにしたかったんですが、色が合わなかったり、布が足りなかったりして、結局当初の予定通りです。
キルト綿は、その昔、まだミシンキルト用の綿がなかったころに巻きで買ったコットン綿です。確かによくくっつくので、小さなミシンキルトには便利です。
それをいいことに、全部マイクロステッチでしつけをかけてしまいました。このマイクロステッチが、何年ぶりに使ったんでしょう~という感じで、最初とまどってしまいました。
キルティングはウォーキングフットで。これも久しぶりの登場です。
1個ずつのパターンを横切ってちょうど45°のキルトをかけやすいので、下書きもせず一気にかけてしまいました。
しつけからキルティング、パイピングを作って縫いつけるところまで半日です。
さすがに、最後のパイピングのステッチはちゃんとやりたかったので、次の日にまわしましたが、こんなにすぐできるのになんで3年半もとっておいたんでしょう~


f0106823_09083262.jpg
がっちゃんは、先週見たこともないほどの量の毛玉を吐き、次の日一日、飲まず食わずでずっと寝ていました。
すごく心配したのですが、その次の日の夜には完全復活。うちの猫たちの中では「野生の猫」なので、自力で治しました。
でも、心配して甘やかしたせいで、王様気質に拍車がかかってしまい、こんなふうに乗ってしまうと、どんなに頼んでも、どいてくれませんでした。


[PR]
by asuzoh | 2018-06-12 23:08 | 一人マンスリー | Comments(0)