days

asuzoh.exblog.jp
ブログトップ

クチュリエのピンクッション

f0106823_14280502.jpg
春になって、もう毛糸は今年はあきらめて、刺繍を始めようと材料を入れ替えて、まず、このキットから始めることにしました。
フェリシモのクチュリエの「東欧のかわいいを詰め込んで 旅する刺しゅうピンクッション」というキットです。
右のサイコロ型のは前に作っていたので、今回は4個作りました。
上のは、サテンステッチをして、周りをボタンホールステッチをしてからカットして、二枚をまつって合わせたもの。サテンステッチが下手で、いやになります。
その下のは、「イーラートソク」というステッチで、アウトラインで面を埋めます。糸は、おそらくイーラーショシュのキットと同じ太めの糸で、もうちょっと細い方が可愛いのになあ、と思いました。
その下の赤いのは、「トンネル刺繍」と書いてありましたが、毛糸を使いますが、こぎん刺しとかと同じです。
それから右下のはビーズ刺繍。届いたときはえ~、と思ったのですが、東欧刺繍を知れば知るほど、だんだんかわいくなってきました。
左2個は、レースやリボンを挟んで表と裏をまつるやり方です。ビーズ刺繍のものは、厚紙で丸く形を作って、キルト芯を何枚も同じ形に切ったものを重ねています。


f0106823_14280682.jpg
このコレクションは、ずっと続いているので安心していたら、あるとき、これで終了、と言われてしまいました。バックナンバーはもう在庫がないんでしょう。最新のカタログに載っていたものもあんまり届いていないのに。
そうなると、急に欲しくなってしまい、まずは作家さんのご本を買いました。もう何年も欲しくて、図書館で借りたこともあって、悩んでいたものです。
それから、ネット検索してみたら、ヤフオクではなく、メルカリの方にキットが出ていまして、それで4個ほど買いました。ピンクッションはすぐにできるし、小物やバッグのように、仕立てて持たなくては、ということもなく、ただ飾っておくだけでかわいいので、お気に入りです。続きは、もう少ししてからのお楽しみにとっておきます。


[PR]
by asuzoh | 2018-06-19 14:27 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)