days

asuzoh.exblog.jp
ブログトップ

iplikanaさんで金継ぎのワークショップ

お気に入りのマリメッコのマグカップを洗っているときに手が滑って、おまけのカップとぶつけて欠いてしまいました。おまけあるあるですが、こういう時、絶対高いものが壊れます。
困ったなあとつらつら考えていたのですが、最近「金継ぎ」のワークショップがあちこちで開かれているので、金継ぎを習えるし、それに行こうと、ワークショップおばさんは決めました。
ようやく、西荻窪のiplikanaさんで行われるワークショップを見つけてさっそく申し込みました。
iplikanaさんは、去年veritecoさんのワークショップの時に、豊島の美味しいお野菜を使ったランチを作ってくださったおみせです。
f0106823_09134829.jpg
欠けたところの画像を撮っておくのを忘れたのですが、小さいですが結構鋭く欠けています。中はひびが入っているのを確認していたのですが、表もずっと下までひびが入っていました。
まず、パテを使って欠けたところを補修します。カッターと紙やすりで元と同じ面になるまできれいに削ります。


f0106823_09134908.jpg
それから、金粉を混ぜた漆を塗っていきます。
「フグ印の新うるし」というもので、かぶれないし、扱いやすいものを使っています。
塗るのは、日本画の筆がいいということで、継ぎ目やひびは筆か、割りばしを削ったもので塗っていきます。
今回、トールペイントを習っていたのが初めて役に立ったのは、この小さな筆で細い線を描くことでした。


f0106823_09134948.jpg
割れた大きなお皿の方は、接着するのに時間がかかるので、私は早く終わってしまいました。
で、ご褒美の美味しいケーキも先にいただきました。
大きな和食器は、金継ぎをすると、かえって新しい味が出て、違う器になったようでした。
私も、次はいいお皿を持っていってやりたい、と思いましたが、そんないいお皿は持っていないのでした。


f0106823_09135042.jpg
美味しいクッキーも買って帰りました。
今日はとても暑くて、自転車で家を出た瞬間に後悔しましたが、今週は後2日もオヤレッスンがあるんです、どうしましょう。


[PR]
by asuzoh | 2018-07-10 23:13 | ハンドメイド | Comments(0)