days

asuzoh.exblog.jp
ブログトップ

2018年 02月 28日 ( 1 )

松浦香苗の針仕事


f0106823_22463189.jpg
大阪の阪急うめだ本店で、松浦香苗先生の作品展がいよいよ始まりました。
最初にお話があったときから、絶対行くのは無理、と思っていたのですが、レッスンでご一緒の先輩が旅慣れた方で、品川から連れて行ってくださるというので、お願いすることになりました。
品川の新幹線乗り場の入り口までも、もう一人の先輩と一緒なので、本当に何の心配もありません。
切符の買い方ひとつから、きっと一人では何倍もの時間と労力を必要としたことと思います。
新大阪から在来線に乗り換えて一駅、駅を降りて、出口を間違えることもなく、目の前にはもう阪急が見えていました。
f0106823_22470202.jpg
f0106823_22471950.jpg
今回の展示会は、布のテーマごとにコーナーが分かれていて、そこに先生のコレクションの布も置いてあってそのまま販売されています。
コレクションの布は、40センチ四方で端ミシンがかけてあります。自分の作品に使ったことがあるもの、見たことがあるもの、初めて見るもの、たくさんのヴィンテージの布が展示されています。

先生の作品の中でも、たぶん雑誌には載っていたけれど、ご本にはないものもありましたし、
ご本では何度も何度も見ていたけれど、実物を見るのははじめて、という作品もありました。
今回は撮影がすべてOKだったので、たくさんお写真を撮りました。

f0106823_22474493.jpg
左の作品は「節目になった作品の一つ」と、おっしゃっているもの、私も大好きな作品です。

f0106823_22481876.jpg
19世紀キャリコの赤のコーナー。平置きの真ん中の作品は私のものです。

f0106823_22484856.jpg
f0106823_23595492.jpg
コーナーごとのディスプレイもすてきです。


f0106823_22495821.jpg
ずらりとならんだヨーロッパお花柄の作品たち。何度もお見せしていますが、赤のヘキサゴンが私の作品です。ご本では名前が間違っているので、今でも、これってさちこさんの作品だったのね、と言われることがあります。

f0106823_22504115.jpg
ロングヘキサゴンの作品たち。手前下側のが私の作品です。これも、何度も飾っていただいていますが、ここで紹介するのは初めてかもしれません。

f0106823_22520672.jpg
お買い物は、「今回が最後」と何度も言われていたので、お財布の口が~とか、金に糸目をつけるとか、そういう言葉を忘れて買ってしまいました。なにしろ、新幹線に乗って大阪にまで来たんですから。で、これは19世紀キャリコの布たち。茶系と赤系で、また2作品作れますね。
他のものと比べて格段にお高いですから、レジのデパートのお姉さんが、お値段を二度見していました、

f0106823_22522523.jpg
これは、先生のコレクションの布たち。マゼンタに近いピンクが今回のお気に入りですね。

f0106823_22525597.jpg
こちらは猫布たち。左のリビング柄にも猫ちゃんがいますよ~

帰りも、ラッシュになる前に、と、5時前の新幹線に乗り、車内でお弁当をいただき、本当に大阪弾丸ツアーを満喫して帰ってくることができました。
連れて行ってくださった先輩たちに感謝、感謝です。


[PR]
by asuzoh | 2018-02-28 23:45 | パッチワーク | Comments(8)