days

asuzoh.exblog.jp
ブログトップ

2018年 05月 12日 ( 1 )

荻窪canohaさんでフラワーフレームのワークショップを受けてきました

母の日が近づいてきて、さて、今年は何を持っていこうか、考えていた時に、canohaさんのすてきなワークショップのお知らせを見つけました。

f0106823_12262438.jpg
canohaさんは荻窪駅から私がいつもお世話になっている病院に続く道の途中にあるのですが、2階にあるせいで、場所がわからないでいました。この通りも、以前に比べておしゃれなお店が増えてきました。
装花草庵さんの前回のワークショップはお花のコサージュで、とてもすてきだったのですが、悩んでいるだけで参加できなかったので、ずっとフォローしていました。
そして今回のフラワーフレームは、まさに母の日のプレゼントにぴったり!ということで、速攻申し込みました。

初めて訪問したcanohaさんは、小さいスペースですが、オーナーのお人柄までぎゅっと凝縮された空間でした。もの作りは環境も大事ですね、と、我が身を反省するばかりです。
そして、一番びっくりだったのは、装花草庵さんが男性だったこと。たしかに、お花屋さんは男性が多いですし、今となってはまったく違和感はないのですが。
作品は、アーティフィシャルフラワーに、手染めの布、レース、それからアブリルさんのすてきな糸や毛糸を使います。基本グルーガンなので、思い切りがいいのだけが取り柄の私には、とてもお似合いの手法です。
真ん中のバラを入れた後は、お花を選びたい放題なので、とても楽しい時間でした。
糸と毛糸の使い方が、装花草庵さんの作品らしさだと思います。たくさんの色を持ってきてくださっていて、それを選ぶのだけでもワクワクでした。

出来上がって、皆さんでお写真を撮りましたが、もう夕方なので、スマホでは露出が足りませんでした、残念です。装花草庵さんのインスタでご覧になってください。
私は、母が絶対この色だと思ったので、ピンクにしました。「紅藤」という素敵なお名前がついています。ほかのお二人のは「空鼠」と「香色」というお名前です。



f0106823_12262425.jpg

f0106823_12262531.jpg

[PR]
by asuzoh | 2018-05-12 23:25 | ハンドメイド | Comments(0)