days

asuzoh.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:糸物ハンドメイド( 156 )

ヤノフ村の織物のワークショップに行ってきました

f0106823_02122333.jpg
いつもチェックしている浅草のチェドックザッカストアさんでは、定期的にヤノフ村の織物の展示をしているのですが、今回はワークショップで実際に織れるということで、速攻申し込みました。
織物は、織り機がないとできないので、見つけたら是非参加したいところです。

f0106823_02125092.jpg
f0106823_02132071.jpg
織り機の構造はいまだに解明できず、二重織りもどうして二重織りになるのかわかっていませんが、
緯糸を通す前にスティックでピックアップして模様を作っていきます。
緯糸も白糸と色糸と交互に織っていきます。
最初は文字列の読み方が頭に入らなくて、上下を間違えてしまったり、ちょっと気を抜くとどっちの糸を編むのかわからなくなったり、いろいろありましたが、先生がつきっきりで見ていてくださったので、なんとか間違えずに最後まで編むことができました。
色糸は、たくさんの種類から選べたのですが、経糸と同じグレーの手紡ぎの糸を選びました。でも、ほかの色の方が、二重織り独特の微妙な色が出て、よかったと、後でわかりました。
フリンジの始末はうちに帰ってからの宿題で、完成させました。
コースターだから、縁をきれいに編まないといけないと、わかってはいたのですが、最初のうちは糸の引き具合が分からず、グタグタになっています。
織物は楽しいですね~年を取ってからでもできるというお話もあるので、本格的にやるのは、もうちょっととっておこうと思います。


f0106823_02204592.jpg
今日のお土産は、猫柄のブックカバーとチェコの猫のボタン。
ヤノフ村の織物の図案はとても素朴で、村の生活を描いたもの、動植物、しかも、織り手によって少しずつ図案が違っていて、見ていると次々に新しい発見があって飽きることがありません。

f0106823_02134819.jpg
終わった後、たくさんの展示作品を見せていただき、説明もしていただき、ゆっくりさせていただきました。
浅草ではなく田原町に出た方が近いので、田原町でランチをして帰ろうと思ったのですが、調べておいたお店がうろ覚えで、例によって迷子になってしまい、ランチ終了10分前に何とかたどり着きました。
お刺身定食、とっても美味しかったです。ぜひ、今度はゆっくり行きたいところです。


[PR]
by asuzoh | 2018-10-02 23:08 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

9月のテマリシャスさんのレッスン

f0106823_12271122.jpg
まずは、8月の「紡錘形交差かがり」の宿題。色合いは同じですが、同じ列は同じ色にしています。最後に濃い色を一列だけ入れたのが良かったです。ちゃんと見本を見て研究している方は、素敵なのを作られるんですが、私はその場の雰囲気で色を決めてしまうので、まだまだです。


f0106823_12271260.jpg
そして今月は「八重菊」。これは応用編です。4個の菊をかがらなくてはいけないので、2倍の労力ですが、テマリシャスさんのが素敵だったので、真似をして1色でやってみました。ベースも白でやっていらっしゃったのが素敵でした。
ここまでの3個は青ベースで、夏バージョンです。次の3回は秋バーションにしようと思います。


f0106823_12271265.jpg
オリジナルの八重菊もやりたくて、小さい方のベースを巻いて作りました。


f0106823_12271286.jpg
意外とフレンチナッツの位置が難しいです。


f0106823_12271359.jpg
今まで作った手まりをかごに盛ってみました。まだ、下はもみ殻で上げ底ですが、将来は全部手まりで盛れるように頑張ります。それにしても青が多いですね。手持ちに青系の糸が多いせいもあるんだけど、意識して変えていかないと変わらないですね。


[PR]
by asuzoh | 2018-09-28 12:26 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

8月のレッスン

8月は、お料理のお教室やおうちキルトカフェはお休みなのですが、各種レッスンはちゃんとあります。7月に続き8月も、あまりの暑さに自転車で行ける場所も全部公共交通機関でした。
f0106823_12351356.jpg
まずは西荻窪のSOFAさんでのトゥーオヤレッスン。
お店で売っているカーネーションのモチーフが可愛かったので、先生がアレンジしてくださいました。
いつもの中糸ではブレスレットにはお花が大きすぎたので、家に帰ってから細糸で編みなおしました。アレンジのネックレスも編みたいところですが、いつになることやら。


f0106823_12351351.jpg
ワサビエリシでの西田先生のレッスンは、ご本から「春のリース」。今回は、初めての方や、鎖編みも初めての方もいらして、私たちは放置レッスン(笑)。あんまり難しくなくてよかったです。時間が余ったので、もう一つ、糸とビーズを選んで編んでも良いということで、「秋のリース」をめざしたのですが、編んでみたら糸とビーズの色が似てしまって目立たなくなってしまいました。ご本を出されるということは、こういうことを繰り返して、一番いいものを作られるんですね。


f0106823_12351469.jpg
そして、テマリシャスさんのレッスン。今月は「紡錘形交差かがり」と言います。
皆さん、期せずして半面は3色で作りましたが、おそらく逆側は工夫されてくることと思います。

f0106823_12351413.jpg
こちらは先月の「下かけ千鳥」の完成作品。濃い糸の使い方がお上手な方の作品、真似してまた作りたいところです。手まりも、毎月の宿題をこなすのがやっとで、たくさん作られて、ゴロゴロ出てくるのがうらやましいです。


[PR]
by asuzoh | 2018-08-25 23:33 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

folkloraさんでハーダンガー刺繍のワークショップ

f0106823_23552264.jpg
古書玉椿さんの実店舗folkloraさんが西調布にできたと聞いてからずいぶん経ちますが、なかなか行く機会がなくて、ようやく、ワークショップに参加出来ました。

f0106823_23552288.jpg
今回は、ハーダンガーのミニドイリー、2回連続のワークショップです。
実は、ハーダンガーは、全く初めての挑戦です。
先日のこぎん刺しのワークショップで、目を拾うのに少し慣れていたのが幸いでした。
第1回目はこんな感じで、サテンステッチのところまでが宿題でした。

f0106823_23552316.jpg
第2回目は、いよいよ糸をカットしてかがりました。宿題がたくさんありましたが、初めてなので早く仕上げたくて、私にしては早く完成しました。ちょっと怪しいところがありますが、とにかく第1作完成です。



f0106823_23552300.jpg
すっかりやる気満々で、図書館でご本を借りてきました。上のは初心者向けで分かりやすいのですが、残念ながら絶版です。それから一番下の手作り手帖は、付録がハーダンガー刺繍だったのですが、手つかずです。次はこれ!と思って出してみたら、布の目が細かくて、とてもできそうもありません。
この後も、何冊か図書館で借りてみたのですが、先生によって流派がいろいろで、ステッチの呼び名も違うし、図案の記号も違うし、なかなか難しいところです。
本当は、この後定期レッスンが始まるのですが、今、さらにレッスンを入れるのはとても危険な感じがします。せっかく少しできるようになったので、続けたいところなんですが。

[PR]
by asuzoh | 2018-08-07 23:54 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

テマリシャスさんのレッスン

テマリシャスさんのレッスンも4回目になります。
今回からは私もやったことのないかがり方なので、皆さんと一緒です。
そうなると、皆さんも慣れてきてお上手になっているし、ついていくのがやっとです。
今回のかがり方は下掛け千鳥です。
f0106823_14373047.jpg

f0106823_14373030.jpg
帯もそれぞれですてきです。半分は、違う感じにしてみようと思います。


f0106823_14373137.jpg
西荻窪おひとり様ランチで、色々偵察しています。
今日のお店は「おんしんスープ」という、テマリシャスさんからすぐのところにある、新しいお店です。
全体的にウッドの雰囲気がやさしいお店で、靴を脱いで上がるので、お子さん連れにもいいと思います。

f0106823_14373103.jpg
おかずもいろいろで、お店のようにやさしいお味でした。

f0106823_14460425.jpg
今までのレッスンの3つの手まりは、横浜で作ったものと同じように糸でつるしてみました。


[PR]
by asuzoh | 2018-07-21 23:36 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

西調布のfolkloraさんで、ハーダンガー刺繍のワークショップ

古書玉椿さんは、ずっとフォローしていたのですが、西調布に実店舗folkloraさんを作られたというので、一度行ってみたいと思っていました。
刺しゅうのワークショップはいろいろ行きましたが、白糸刺繍は、このまま手つかずで一生終わるかな、と思っていましたが、
最近、どうせ習うなら、白糸刺繍とか、東欧刺繍とか、ちゃんと歴史のあるものを習いたいなあと思うようになりました。
で、ちょうどハーダンガー刺繍のワークショップがあるということで参加することにしました。
folkloraさんは、西調布の駅からすぐのところにありますが、駅もロータリーも立派なのに、ほとんどお店がなくて、これから発展するんでしょうか。
調布から各駅停車で一駅、というのが、意外とネックなのかもしれません。
f0106823_14200975.jpg
オヤレッスンの時に、お友達にこのお店とワークショップのお話をしていたのですが、行ってみたらそのかたがいらして、びっくりぽん、急きょ参加を決められたそうで、初めての場所と先生で、ちょっと心細かったので、うれしかったです。


f0106823_14200919.jpg
今回は、一番粗いクロスと太い糸で、はじめの一歩です。
先日のこぎん刺しで目を拾うのに少し慣れていたのでよかったです。
糸の渡し方とか、糸始末とか、後でカットすることを考えてやらないといけないので、大変です。
2週間後に、続きがあります。それまでに、宿題もやっておかなくてはいけません。


[PR]
by asuzoh | 2018-07-20 23:19 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

ワサビエリシさんで西田碧先生のビーズのオヤレッスン

今回の西田先生のレッスンは、新しいご本から「アーティチョーク」のバッグチャームです。
他のお教室ではすでに行われていてうらやましかったので、レッスンが決まったらすぐに予約を入れました。

f0106823_14061131.jpg
今回のスカーフは、インドのサリーのリメイクで、一人ずつ違うので、紙袋に入っていて自分でチョイスします。本当は自己責任なのですが、私はちょっと派手過ぎたので、これに交換していただきました。
紙袋についているクリップは、先生のドイツのお土産、歩行者用信号のヒト型です。


f0106823_14061238.jpg
1個出来てから先にスカーフに付けていたので、2個完成できませんでしたが、うちに帰ってすぐに作りました。

f0106823_14061276.jpg
やっぱりかごバッグがいいかしらね、帰りにどこかで探して帰ろうかしら、などとお話していたのですが、家に帰って色々つけてみたら、手持ちの中ではこのバッグが一番似合うようなので、この夏はこれで行こうと思います。


[PR]
by asuzoh | 2018-07-19 23:05 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

吉祥寺アトレでこぎん刺しのワークショップ

前にも参加したことがありますが、吉祥寺アトレの「箸ギャラリー門」さんが主催で、青森からこぎんを教えに来てくださるワークショップ、今回はこのあけびの小さなかごが欲しくて、こちらも急きょ参加を決めました。
今回は布も、コングレスではなく、津軽の「つきや」さんの麻布を使っています。
麻布は最初は目を数えるのがつらいですが、やっぱり出来上がりはすてきです。
今回は人数も少なかったので、最初の目立てのところは間違えがないようにチェックしていただけたので、後が楽でした。
糸こきのこととか、きれいにできる糸始末とかいろいろ教えていただけました。
f0106823_13562002.jpg

f0106823_13562051.jpg
意外と早く出来上がったので、signでおひとり様ランチをして帰りました。
やっぱり、ローズベーカリーが、非日常感があって懐かしいなあ。


[PR]
by asuzoh | 2018-07-15 23:55 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

ヴォーグ社で、タティングレースのワークショップ

定期購読している手作り手帖、最新号の付録のキットはタティングレースです。少しできるようになっていたのですが、一度離れてしまってから、思い出すのに時間がかかりそうだなあ、と思っていたのですが、
ヴォーグ社のワークショップを見つけてしまいました。
ヴォーグ社のワークショップやセミナーは、第一人者の先生にお会いできるのがさすがですね、
今回も盛本先生自らお出ましのワークショップで、初心者の方が多いという情報だったので、参加を決めてしまいました。

f0106823_13434404.jpg
今回の最終作品は、このネックレスなのですが、今回は太めの糸で練習をしました。
この作品を作るために必要な技術は全部教えていただきましたし、便利グッズも色々ご紹介いただきました。

f0106823_13442511.jpg
上のご本はヴォーグ社から出された最新のものです。作品というより、編み方のご本です。
下のは、私が長いことこれを頼りに練習をしていたご本です。

また、忘れてしまって元に戻る前に、今回の作品ができるくらいまで修行します。
タティングは間違えると、ほどくより、やり直した方が早い、という場合が多く、キットのように糸の量が限られていると、なかなか始められないんですよね。


[PR]
by asuzoh | 2018-07-13 23:42 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

糸物修行は続く

今年のお正月明けから腰が痛いと言っていた実家の母は、「圧迫骨折」の診断が下り、一時は、座ってご飯を食べるのも辛そうで、すっかり食欲がなくなり、すべての意欲もなくなり、ちょっと意識が飛ぶようなこともあり、毎週、おかずを作っては実家に通う生活をしていました。
年寄りの骨折ですから、なかなか良くならないのは理解していても、本人は改善しない症状にイライラしていましたが、6月に入り、だんだんと元気を取り戻してきました。
ようやく、忙しいときは1週間空けてもだいじょうぶになってきて、ほっとしました。
買い物は、父が行ってくれますが、細かい指令とか、どこに売っているのかよくわからないものとか、実家に行ったときにフォローすれば済むようになってきました。
しばらく、おとなしくしていたワークショップおばさんも、ちょっと余裕ができたので、立て続けに予定を入れてしまい、逆に忙しくなってしまいました。
まず、11日水曜日は、久しぶりの西荻窪SOFAさんでのトゥーオヤのレッスンに参加しました。
ここのところ、大物は完成させる時間がないし、しばらくお休みをしていました。
行くと、久しぶりにお友達にお会いできるし、また来月の課題も先生にリクエストしたりして、楽しいひと時でした。
f0106823_13302923.jpg
今月の課題は松ぼっくりです。たくさん作ってネックレスにもできますが、2つくらいでバッグチャームしようかな、などと考えています。

同じ週の土曜日はイーネオヤレッスンでしたが、例のごとく、なかなか進んでおりません。当然のように、来月からの新しいクールも継続になりましたが、ほんとに、もうちょっと上手になりたいものです。


[PR]
by asuzoh | 2018-07-11 23:30 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)