days

asuzoh.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

modablockheads2(その3)

f0106823_11565425.jpg
BLOCK6 Path Thru the Woodsです。前と同じFrench Generalの布を使っています。
前より三角の縫い合わせが難しかったです。
今回のお勉強、正方形の対角方向を2本縫って真ん中でカットするときは、ちゃんと対角の線を書いておきましょう。
大きな三角を、緑で、と思ったら、あまりにも似た色のものを選んでしまい、差し替えることになりました。一応、縦にラインを入れるようにと、カットする方向も気を使いました。
今回のお勉強、小さなピースを縫い合わせたら、出来上がりのセッティングをしてみましょう。
ハンドピーシングの時は、全部をカットしたら、並べてみますが、ミシンピーシングではそれができないので、途中でチェックが必要です。


f0106823_11565537.jpg
BLOCK7 Spin Cycleです。最初の布セットのデザイナーさん3 SistersのLarkspurを使いました。残念ながら、チャームパックしか買えなかったので、小さなブロックにしか使えません。5インチサイズの布なのですが、なぜか4インチだと思い込んで、ぎりぎりの縫い代で縫って出来上がったら、大きすぎてびっくりぽん。ピースごとの型紙を作らないミシンピーシングならではのミスでした。


f0106823_11565541.jpg
BLOCK8 Pineappleです。本当はアップリケのブロックでした。
このプロジェクトで、アップリケが出てきたらどうするか、問題の1つでしたが、今回は、HPにアップされるとほとんど同時にalternative block8が提案されたので、それを使わせて頂きました。
これからはどうするか・・・まだ決めかねています。
これも、先週と同じチャームパックの布なのですが、前の布セットにはなかった黄色が入っていたので、パイナップルには最適でした。
インスタグラムを見ると、ピンクのお花柄を使っているので、イチゴにした方、パイナップルから連想して「パイナップル」という名前のブロックを作られた方、いろいろです。


[PR]
by asuzoh | 2018-07-29 23:56 | MODA BLOCK HEADS 2 | Comments(0)

バレエを見に行きました

今日は、台風が近づく中、上野の文化会館までバレエを見に行ってきました。
そもそも、スペインに新婚旅行に行った娘が、現地でフラメンコでも見たんでしょうか、突然、
「やっぱり生の舞台は良い!今度バレエを見に行きたい!」とラインを送ってきまして、
では、せっかくだからドン・キホーテでしょう、と、探し始めました。
なかなか見つからなかったのですが、よく演奏会やオペラを見に行く父が、世界バレエフェスティバルの全幕特別プロというのを見つけてくれました。
ところが、チケットがネット先行販売3日目だというのに、ほとんど売り切れ、なんとか、2人と1人、端の方の席ですが、チケットを取ることができました。
f0106823_11324891.jpg
ドン・キホーテは、娘がバレエを習っていた時に、バレエ団のお力を借りて、ほぼ全幕をやったことがあるのですが、やっぱり演出が違うので、興味深かったです。
もちろん、ダンサーは世界一流ですから、ほんとうにすばらしかったです。


f0106823_11324900.jpg

f0106823_11324997.jpg
ロビーも、世界バレエフェスティバルのために盛り上がっています。
お好きな方は、このたくさんのダンサーの踊りを見ることができるフェスティバルが良いのでしょうか、
私のような素人は、やっぱり全幕の方が楽しいです。

台風は、幸いにして遅れていたので、帰りに暴風雨になったくらいで、そんなにひどい目には合いませんでした。
むしろ、隅田川の花火大会が順延になったおかげで、上野が空いていて助かりました。
今度は、クリスマスにくるみ割り人形を見に行きたいね~と、妄想を膨らましております。


[PR]
by asuzoh | 2018-07-28 23:32 | 日々 | Comments(0)

アンティークレース展に行ってきました

f0106823_11062374.jpg
この展覧会は先に京都で行われていて、とても素晴らしかったという噂を聞き、と言っている間にもう会期終了が迫ってきたので、慌てて行ってきました。


f0106823_11062304.jpg
松濤美術館は、渋谷に出るより近いですから行きやすいのですが、なぜかご縁がなくて、初めてでした。


f0106823_11062405.jpg
素晴らしい、の一言に尽きるコレクションでした。これを手で作っていたんですよね。職人さんすごいなあ~
それを作らせていた王侯貴族もすごいですが。
年代順になっている展示、キリスト教関係のレース、ベルギーのウォーレース、とてもお勉強になりました。



f0106823_11062400.jpg
美術館あたりでランチをしようと思って、行ったところがないので、少し検索しておいたのですが、目的のお店がお休みで、すぐ近くのお店に入ったら、私としてはあり得ないほどのハズレでして、
素晴らしいレースを見ても、そのランチのハズレがどうしても心に残ってしまい、
お口直しにガレットリアでクレープをいただいて帰りました。
神泉から東急本店への道は、チャックさんのキルトフェスティバル、その後は松浦先生のイベントを本店でやっていたころのことを思い出して、とても懐かしいです。


f0106823_11062439.jpg

[PR]
by asuzoh | 2018-07-27 23:05 | 日々 | Comments(0)

テマリシャスさんのレッスン

テマリシャスさんのレッスンも4回目になります。
今回からは私もやったことのないかがり方なので、皆さんと一緒です。
そうなると、皆さんも慣れてきてお上手になっているし、ついていくのがやっとです。
今回のかがり方は下掛け千鳥です。
f0106823_14373047.jpg

f0106823_14373030.jpg
帯もそれぞれですてきです。半分は、違う感じにしてみようと思います。


f0106823_14373137.jpg
西荻窪おひとり様ランチで、色々偵察しています。
今日のお店は「おんしんスープ」という、テマリシャスさんからすぐのところにある、新しいお店です。
全体的にウッドの雰囲気がやさしいお店で、靴を脱いで上がるので、お子さん連れにもいいと思います。

f0106823_14373103.jpg
おかずもいろいろで、お店のようにやさしいお味でした。

f0106823_14460425.jpg
今までのレッスンの3つの手まりは、横浜で作ったものと同じように糸でつるしてみました。


[PR]
by asuzoh | 2018-07-21 23:36 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

西調布のfolkloraさんで、ハーダンガー刺繍のワークショップ

古書玉椿さんは、ずっとフォローしていたのですが、西調布に実店舗folkloraさんを作られたというので、一度行ってみたいと思っていました。
刺しゅうのワークショップはいろいろ行きましたが、白糸刺繍は、このまま手つかずで一生終わるかな、と思っていましたが、
最近、どうせ習うなら、白糸刺繍とか、東欧刺繍とか、ちゃんと歴史のあるものを習いたいなあと思うようになりました。
で、ちょうどハーダンガー刺繍のワークショップがあるということで参加することにしました。
folkloraさんは、西調布の駅からすぐのところにありますが、駅もロータリーも立派なのに、ほとんどお店がなくて、これから発展するんでしょうか。
調布から各駅停車で一駅、というのが、意外とネックなのかもしれません。
f0106823_14200975.jpg
オヤレッスンの時に、お友達にこのお店とワークショップのお話をしていたのですが、行ってみたらそのかたがいらして、びっくりぽん、急きょ参加を決められたそうで、初めての場所と先生で、ちょっと心細かったので、うれしかったです。


f0106823_14200919.jpg
今回は、一番粗いクロスと太い糸で、はじめの一歩です。
先日のこぎん刺しで目を拾うのに少し慣れていたのでよかったです。
糸の渡し方とか、糸始末とか、後でカットすることを考えてやらないといけないので、大変です。
2週間後に、続きがあります。それまでに、宿題もやっておかなくてはいけません。


[PR]
by asuzoh | 2018-07-20 23:19 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

ワサビエリシさんで西田碧先生のビーズのオヤレッスン

今回の西田先生のレッスンは、新しいご本から「アーティチョーク」のバッグチャームです。
他のお教室ではすでに行われていてうらやましかったので、レッスンが決まったらすぐに予約を入れました。

f0106823_14061131.jpg
今回のスカーフは、インドのサリーのリメイクで、一人ずつ違うので、紙袋に入っていて自分でチョイスします。本当は自己責任なのですが、私はちょっと派手過ぎたので、これに交換していただきました。
紙袋についているクリップは、先生のドイツのお土産、歩行者用信号のヒト型です。


f0106823_14061238.jpg
1個出来てから先にスカーフに付けていたので、2個完成できませんでしたが、うちに帰ってすぐに作りました。

f0106823_14061276.jpg
やっぱりかごバッグがいいかしらね、帰りにどこかで探して帰ろうかしら、などとお話していたのですが、家に帰って色々つけてみたら、手持ちの中ではこのバッグが一番似合うようなので、この夏はこれで行こうと思います。


[PR]
by asuzoh | 2018-07-19 23:05 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

吉祥寺アトレでこぎん刺しのワークショップ

前にも参加したことがありますが、吉祥寺アトレの「箸ギャラリー門」さんが主催で、青森からこぎんを教えに来てくださるワークショップ、今回はこのあけびの小さなかごが欲しくて、こちらも急きょ参加を決めました。
今回は布も、コングレスではなく、津軽の「つきや」さんの麻布を使っています。
麻布は最初は目を数えるのがつらいですが、やっぱり出来上がりはすてきです。
今回は人数も少なかったので、最初の目立てのところは間違えがないようにチェックしていただけたので、後が楽でした。
糸こきのこととか、きれいにできる糸始末とかいろいろ教えていただけました。
f0106823_13562002.jpg

f0106823_13562051.jpg
意外と早く出来上がったので、signでおひとり様ランチをして帰りました。
やっぱり、ローズベーカリーが、非日常感があって懐かしいなあ。


[PR]
by asuzoh | 2018-07-15 23:55 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

ヴォーグ社で、タティングレースのワークショップ

定期購読している手作り手帖、最新号の付録のキットはタティングレースです。少しできるようになっていたのですが、一度離れてしまってから、思い出すのに時間がかかりそうだなあ、と思っていたのですが、
ヴォーグ社のワークショップを見つけてしまいました。
ヴォーグ社のワークショップやセミナーは、第一人者の先生にお会いできるのがさすがですね、
今回も盛本先生自らお出ましのワークショップで、初心者の方が多いという情報だったので、参加を決めてしまいました。

f0106823_13434404.jpg
今回の最終作品は、このネックレスなのですが、今回は太めの糸で練習をしました。
この作品を作るために必要な技術は全部教えていただきましたし、便利グッズも色々ご紹介いただきました。

f0106823_13442511.jpg
上のご本はヴォーグ社から出された最新のものです。作品というより、編み方のご本です。
下のは、私が長いことこれを頼りに練習をしていたご本です。

また、忘れてしまって元に戻る前に、今回の作品ができるくらいまで修行します。
タティングは間違えると、ほどくより、やり直した方が早い、という場合が多く、キットのように糸の量が限られていると、なかなか始められないんですよね。


[PR]
by asuzoh | 2018-07-13 23:42 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

糸物修行は続く

今年のお正月明けから腰が痛いと言っていた実家の母は、「圧迫骨折」の診断が下り、一時は、座ってご飯を食べるのも辛そうで、すっかり食欲がなくなり、すべての意欲もなくなり、ちょっと意識が飛ぶようなこともあり、毎週、おかずを作っては実家に通う生活をしていました。
年寄りの骨折ですから、なかなか良くならないのは理解していても、本人は改善しない症状にイライラしていましたが、6月に入り、だんだんと元気を取り戻してきました。
ようやく、忙しいときは1週間空けてもだいじょうぶになってきて、ほっとしました。
買い物は、父が行ってくれますが、細かい指令とか、どこに売っているのかよくわからないものとか、実家に行ったときにフォローすれば済むようになってきました。
しばらく、おとなしくしていたワークショップおばさんも、ちょっと余裕ができたので、立て続けに予定を入れてしまい、逆に忙しくなってしまいました。
まず、11日水曜日は、久しぶりの西荻窪SOFAさんでのトゥーオヤのレッスンに参加しました。
ここのところ、大物は完成させる時間がないし、しばらくお休みをしていました。
行くと、久しぶりにお友達にお会いできるし、また来月の課題も先生にリクエストしたりして、楽しいひと時でした。
f0106823_13302923.jpg
今月の課題は松ぼっくりです。たくさん作ってネックレスにもできますが、2つくらいでバッグチャームしようかな、などと考えています。

同じ週の土曜日はイーネオヤレッスンでしたが、例のごとく、なかなか進んでおりません。当然のように、来月からの新しいクールも継続になりましたが、ほんとに、もうちょっと上手になりたいものです。


[PR]
by asuzoh | 2018-07-11 23:30 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

iplikanaさんで金継ぎのワークショップ

お気に入りのマリメッコのマグカップを洗っているときに手が滑って、おまけのカップとぶつけて欠いてしまいました。おまけあるあるですが、こういう時、絶対高いものが壊れます。
困ったなあとつらつら考えていたのですが、最近「金継ぎ」のワークショップがあちこちで開かれているので、金継ぎを習えるし、それに行こうと、ワークショップおばさんは決めました。
ようやく、西荻窪のiplikanaさんで行われるワークショップを見つけてさっそく申し込みました。
iplikanaさんは、去年veritecoさんのワークショップの時に、豊島の美味しいお野菜を使ったランチを作ってくださったおみせです。
f0106823_09134829.jpg
欠けたところの画像を撮っておくのを忘れたのですが、小さいですが結構鋭く欠けています。中はひびが入っているのを確認していたのですが、表もずっと下までひびが入っていました。
まず、パテを使って欠けたところを補修します。カッターと紙やすりで元と同じ面になるまできれいに削ります。


f0106823_09134908.jpg
それから、金粉を混ぜた漆を塗っていきます。
「フグ印の新うるし」というもので、かぶれないし、扱いやすいものを使っています。
塗るのは、日本画の筆がいいということで、継ぎ目やひびは筆か、割りばしを削ったもので塗っていきます。
今回、トールペイントを習っていたのが初めて役に立ったのは、この小さな筆で細い線を描くことでした。


f0106823_09134948.jpg
割れた大きなお皿の方は、接着するのに時間がかかるので、私は早く終わってしまいました。
で、ご褒美の美味しいケーキも先にいただきました。
大きな和食器は、金継ぎをすると、かえって新しい味が出て、違う器になったようでした。
私も、次はいいお皿を持っていってやりたい、と思いましたが、そんないいお皿は持っていないのでした。


f0106823_09135042.jpg
美味しいクッキーも買って帰りました。
今日はとても暑くて、自転車で家を出た瞬間に後悔しましたが、今週は後2日もオヤレッスンがあるんです、どうしましょう。


[PR]
by asuzoh | 2018-07-10 23:13 | ハンドメイド | Comments(0)