days

asuzoh.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

水天宮お詣りから蔵前浅草橋ツアー

f0106823_11332361.jpg
娘も昔風に言うなら5カ月に入りまして、水天宮に安産祈願に行くということになりました。
戌の日はとても混んでいて、付き添いの人は昇殿できないということなので、日には関係なく、娘がうちに泊まって朝からいっしょに行ける日にしました。
珍しく電車が点検とかで止まってしまい、戻って違う経路で行くことになり、ずいぶん時間がかかってしまいました。
でも、本当に今日はお天気は良かったですが、日はよくなかったのか、すいていて、すぐに祈願していただくことができました。

f0106823_11340609.jpg
子宝犬も触りたい放題、写真撮り放題。この犬は「新参者」にも登場したんですって、覚えていませんでした。

f0106823_11343475.jpg
f0106823_11350074.jpg
前に「新参者」ツアーで人形町に来た時は、ちょうど建て替えで別の場所に移っていた時で、新しくなった社殿にお参りするのは初めてでした。


f0106823_11353485.jpg
ランチは、人形町勤めの娘も水天宮まではお昼休みには時間が足りなくて来たことがないという鉄板焼きのお店へ。お目当てのハンバーグがなくてちょっと残念でした。
お肉を良く焼いてください、とお願いしてしまって申し訳なかったです。でも「初宮のお参りにまたいらしてくださいね」と言っていただきました。

f0106823_11362498.jpg
午後から会社に行く娘に、人形町駅まで連れて行ってもらい、いつものように、蔵前駅から木馬、east side tokyoと回り、その後迷いながら、COTTON FAMILYに行きました。
COTTON+STEELの布がなかなか手に入らなくなって、期待して行ったのですが、残念ながらありませんでした。



f0106823_11364693.jpg
f0106823_11370700.jpg
最後に友安製作所カフェでお茶をして、そこで力尽きて帰ってきました。
ビーズやパーツが欲しいけど浅草橋は遠いなあ、と思うことが多いのに、いざ、浅草橋に来ると、買うものがないんですよね~


[PR]
by asuzoh | 2018-10-29 23:32 | 日々 | Comments(0)

手紙舎本とコーヒーでVeritecoさんのワークショップ

f0106823_12594438.jpg
久しぶりのVeritecoさんのワークショップが、手紙舎さんの「本とコーヒー」でありました。あさイチ9時からと夜9時まで、どちらを選ぶか悩むところでしたが、午前中テマリシャスさんのレッスンに行き、一休みしてから夕方出かけるスケジュールにしました。
今回のご本は、草木染のフェルトと刺繍糸を使った刺繍のご本なので、ワークショップもフェルトのお花のブローチです。色は、自分で選べたのですが、やっぱり私はこの色を選んでしまいました。
出来上がって記念撮影すると、あ~この色も素敵だったわ~とうらやましいものばかりです。
今回は、手紙舎さんのファンの方が多く、Veritecoさんのワークショップは初めての方ばかりだったのですが、皆さんとてもいい方で、お話も弾み、楽しい時間でした。このくらいの手仕事なら、お話しながらもできるので、いいですね。(カウントステッチやオヤは、「時そば」になってしまい、お話しできません(苦笑)。)

f0106823_13000935.jpg
f0106823_13003724.jpg
ワークショップ終わってからのお食事は、Veritecoさんが豊島で育てたお米を使ったおにぎり、サツマイモを中心に、レモネードのレモンも豊島産です。どれもとてもおいしくいただきました。
ご主人は、お米が収穫できなかったら申し訳ないと、ずいぶん田んぼに足を運んでくださったそうで、今年は天候も暑かったり台風が来たり、大変だったことだと思います。
終わった後も、Veritecoさんの展示作品や販売しているブローチを見ながら、みんなで盛り上がり、時間が遅くなかったらもっとゆっくりしたかったところです。

f0106823_13010604.jpg
おみやげに豊島産のジャムを買いました。レモン塩も欲しかったけど、味おんちのうちのご主人にはもったいない、と思いとどまりました。
フェルトと刺繍糸のセットは、売り切れだったのですが、予約注文で、入荷したら取りに行くことになりました。
後で皆さんのインスタを見たら、作品の画像を撮ってもよかったようなので、その時に撮ってきます。


[PR]
by asuzoh | 2018-10-27 23:58 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

今月のケーキとおうちキルトカフェ

f0106823_16233196.jpg
パッチワークのお教室に持って行ったかぼちゃのタルト。久しぶりに作ったつもりでしたが、どうやら去年も作っていたようです。で、忘れないためにもここに記録。


f0106823_16233227.jpg
それから、おうちキルトカフェのケーキは、リンゴのキャラメルチーズケーキ。クックパッドにレシピを載せてあります。フィラデルフィアクリームチーズは、昔は250gの箱でしたが、今は200gなので、レシピも変えた方がいいかもしれません。リンゴ1個むいて、お砂糖と煮ている間にキャラメルソースを作れるので、意外と簡単です。


f0106823_16233260.jpg
今月のキルトカフェでは、少し早いですが、クリスマス用に松ぼっくりのオーナメントを作りました。去年お友達が見つけておいてくれたアメリカの人のサイト(Mister DomesticWefty Needle)を一年間温めておきました。
いざ作ろうと思ったら、材料もそろえなくてはいけないし、ちゃんと動画を見て予習もしなくてはいけないし、教えるってことは大変です。でも、コツをつかめば、縫うところもありませんから、意外と簡単にできます。
この二人のサイトにはほかにもたくさんんクリスマスオーナメントの提案があるので、また作ってみようと思います。


[PR]
by asuzoh | 2018-10-25 23:22 | 食べるもの | Comments(0)

津軽のこぎんと刺し子展に行ってきました

f0106823_12060044.jpg
浅草寺のお隣にあるアミューズミュージアム、知ったのは何年か前だったので、今まで2回ほどしか行ったことがないのですが、来年の3月で閉館ということで、もう一度行こうと思っていました。

f0106823_12061890.jpg
ちょうど「津軽のこぎんと刺し子展」が行われるというお知らせをいただきました。
佐藤陽子こぎん展示館の佐藤陽子館長の特別講演会とワークショップが行われるというので、メールでの先着申し込みをしたら、行けることになりました。今日伺ったら、10秒で満席だったということで、真剣にこぎんをやっている方には申し訳なかったです。


f0106823_12064351.jpg
講演会は、アミューズミュージアムを作った民俗学者の田中忠三郎先生が、佐藤先生のために残してくださったという貴重な古いこぎんを見せていただくことを中心でした。「重要文化財」に指定されてしまうと、触ることはもちろん、移動することもできなくなるということで、コレクションの中でもよいものを残してくださったそうです。
後で間近に見せていただきましたが、もともとの着物の麻布がとても織りが細かいです。これにこぎんをしていたんですね、やっぱりどの手仕事も、ずっと残っているものは素晴らしいです。
後半はワークショップで、先生オリジナルの図案を刺しました。先生は端から刺し始めるんですね。
今までどうしても納得のいかなかった糸こき、糸始末のやり方も少しわかった気がします。
こんなにたくさんの糸と布と図案もたくさんいただいてしまって、これは頑張らないと、という気持ちになりました。
布や糸も、実際にいただいてみると、こういうのがいいのね、とわかります。


f0106823_12074530.jpg
これは展示されていた佐藤先生の作品で、こぎん刺しとログキャビンが組み合わされています。お話を伺いたかったんですが、先生人気で、残念ながらこの作品についてはお話できませんでした。
f0106823_12065714.jpg
ここのところこぎん刺しをやめてしまったのは、入手し易い布だと布目が縦横同じで、本来のこぎん刺しは縦長になるわけで、その布を探していました。
前に吉祥寺のワークショップで使った津軽の「つきや」さんの布がまさに私が探していたもので、でも、つきやさんは電話かFAXで注文しなくてはいけなくて、それ以来悶々としていたのですが、今回、つきやさんの布を買うことができました。これを使ってこぎん刺しを再開します。

f0106823_12083557.jpg
f0106823_12081184.jpg
f0106823_12071987.jpg
浅草は相変わらず、外国人の観光客が多く、人力車に乗っているカップルは日本人かと思ったら、車夫さんが英語で説明しているので、あ~外国の方なんだな、という感じでした。
一人で大黒家さんに行くのは、ちょっと気が引けましたが、思い切って行ってみましたら、前に並んでいたのはおひとり様の外国人のおじさま、隣のテーブルも聞いても何語かわからない外国人のカップル、まあ、インターナショナルでした。天丼はいつもはお父さんに少し分けているので、一人ではちょっと量が多かったです。



[PR]
by asuzoh | 2018-10-24 23:05 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

つくりら文化祭に行ってきました

f0106823_14494619.jpg
日本文芸社が運営している「つくりら」というサイト、読み物としても楽しくて、ずっと見ていたのですが、「つくりら文化祭」が行われるということで、ワークショップに参加することにしました。
フラワーアレンジとお食事つき、とか、カリグラフィーと刺繍のコラボとか、素敵なワークショップがたくさんあったのですが、自分の身の丈に合った刺繍のワークショップに参加することにしました。

f0106823_14503059.jpg
会場はnaturumという素敵なフレンチレストランです。二子玉川の駅からライズを抜けてずっと歩いて行った方向です。入場のために列ができていたのですぐにわかりましたが、そうでなかったら例によって危ないところでした。

f0106823_14510140.jpg
午前中は、atsumiさんのワークショップ。
今回は、京都の「糸六」さんとのコラボで、オリジナルのトートバッグに絹糸で刺繍をします。
絹糸は、普通の刺繍糸よりやっぱり刺しにくかったです。
フレンチノットをたくさんやりましたが、うまくいかなくて、これはやり直しになりそうです。
ワークショップの終わりにはお茶と、きれいなおいしいケーキをいただきました。
atsumiさんのレッスンを受けられていた方や、刺繍のことをよくご存じの方が参加されていて、いろいろ教わることが多かったです。

f0106823_14513414.jpg
午後のワークショップまでの時間が限られていたので、できれば駅の方まで戻らずにランチをしようと、素敵だけどお値段も素敵なレストランとか、さすがニコタマね~と言いながら、歩いていき、パイとキッシュのお店 のイートインを見つけてそこでランチをいただきました。私、キッシュやパイ大好きですし、とても美味しかったです。

会場に戻ったところで、お友達にお会いしたので、お話したりしていたら、午後のワークショップ開始の時間になってしまいました。
午後はマカベアリスさんのワークショップです。
今回は、数字のモチーフで、全部出来上がったらフレームになります。
先生は、少人数ずつ、丁寧にステッチを説明してくださいました。
やっぱりこの葉っぱのステッチの向きが難しいですし、マカベアリスさんらしいところだと思います。
こちらでも、皆さんツボを捕らえた質問をされていて、お勉強になりました。
テトラ型のピンクッションは先生からのプレゼントです。大切にします。
このワークショップの後も、お茶とケーキをいただきまして、小さかったとはいえガトーショコラの連チャンになりました。
f0106823_14514709.jpg
文化祭にはたくさんのショップも出店されていました。
糸六さんでは、一番人気のピンクの糸が欲しくて、糸セットを箱で買いました。
今ちょっと気になっているporitorieさんのリボン刺繍のキットも買ってしまいました。

f0106823_14520341.jpg


f0106823_14523362.jpg
夕ご飯用にCHOPPED SALAD DAYSでサラダを買って、パッチワークレッスン用の素材を買って、帰るはずが~ほしいものが見つからず、二子玉川から渋谷、さらに吉祥寺にまで行くことになり、すっかり帰りが遅くなってしまいました。サラダ買っておいてよかったです。


[PR]
by asuzoh | 2018-10-20 23:40 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

ワサビエリシで西田碧先生のビーズのオヤレッスン

f0106823_13203437.jpg
今月の課題は、新しいご本のキノコを使ったブローチでした。
このブローチピンが、先生がトルコで買ってきてくださったのですが、全部買い占めてきたから、トルコにももうないかも、というお話で、そういう情報にはすぐに飛びついてしまいます。キノコの作り方自体は、ご本にも出ていますが、葉っぱとの組み合わせがさすがです。
今日は、熟練者の多い木曜日だったので、皆さんどんどん出来上がり、着けてお帰りになりましたが、私は宿題になってしまいました。

f0106823_13334155.jpg
そして、こちらは9月の課題です。ご本では「ティアドロップ」という名前がついていますが、こちらもトルコのチューリップのチャームをつけているので、全然雰囲気が違います。


f0106823_13203489.jpg
これが出来上がったら、今年買ったチュニックに秋用の着けようと楽しみにしていたのですが、襟ぐりが微妙に大きくて、アクセサリーが中に隠れてしまうということが判明しました。
たいしたワードローブは持っていませんが、お洋服との相性は意外と難しいです。


[PR]
by asuzoh | 2018-10-18 23:19 | 糸物ハンドメイド | Comments(0)

京都・醍醐寺展に行ってました

夏の間、あまり家を空けられなかったので、展覧会やイベントは、いろいろ行きたかったものもあったのですが、全然行けなくて、久しぶりに「チラシニュージアム」をあけたら、この仏像が目に飛び込んで来ました。
ブティック社のある半蔵門からは家に帰る途中になるので、早めにワークショップが終わったら行くつもりで頑張りました。
f0106823_13530419.jpg
私的には、展示は、このポスターにもなっている「如意輪観音座像」に尽きました。思っていたよりずっと小さかったのですが、それだけに、繊細な造りが素晴らしかったです。



f0106823_13530499.jpg

f0106823_13530433.jpg
今日は、夕ご飯を作らなくていいので、せっかくなのでミッドタウンで何か食べて帰ろうと思ったのですが、素敵なレストランに1人で入ることはできず、結局イートインでいつもと同じようなメニューをいただいて帰りました。


[PR]
by asuzoh | 2018-10-11 23:52 | 日々 | Comments(0)

ブティック社で赤峰先生のワークショップ

f0106823_13221115.jpg
赤峰清香先生のコットンフレンドのワークショップに行ってきました。前日の10月10日はトートの日だそうで、連日ワークショップがあったのですが、さすがに2つは無理でした。
ラウンドバッグは、夏用の編むバッグでちょっとお流行かな、と思っていたのですが、まさか、縫って作ることになるとは。
丸い底のバッグは作ったことがありましたが、これはマチと前後を縫い合わせなくてはいけないし、内袋もあるので、どうしたものかなあと思っていたのですが、
先生が合印をいれてくださっていたので、マチに切り込みを入れて縫うと、案ずるより産むがやすし、でした。


f0106823_13295727.jpg
ポケットとフラップの柄合わせもぴったりで、さぞや先生はキット作りが大変だっただろうと、お察しします。
いつも、入手しにくい布を、しかも、余らないようにキットにしていただけるので、本当にうれしいです。

さて、最後に内袋をファスナーに縫いつけて完成だったのですが、その後行きたいところがあったので、それは宿題にして、失礼しました。


[PR]
by asuzoh | 2018-10-11 23:02 | ハンドメイド | Comments(0)

サーミブレスレットのワークショップに行きました

f0106823_09012135.jpg
だいぶ前になりますが、9月22日に吉祥寺のクワランカカフェで、TAKKUさんのサーミブレスレットのワークショップに行ってきました。
TAKKUさんはあちこちでフィンランドの伝統手芸のワークショップをされているので、前からすごく作ってみたかったのですが、できれば吉祥寺で、と思って、作りたいデザインのブレスレットのワークショップを待っていたのですが、
クワランカカフェさんが今年いっぱいで閉店ということで、少し焦りました。
サーミブレスレットは、トナカイの革にピューターワイヤーを編んだものを縫いつけています。ワイヤーの編み方も、ただの三つ編みではなく、こういうの苦手で、最初苦労しました。
TAKKUのヘイディさんは日本語もお上手だし、お話も面白くて、完成した後もフィンランドのお話をたくさん伺いました。参加した皆さん、フィンランドに行ったことがある方とか、フィランドのことをよくご存じの方とか、皆さんの会話を聞いているだけで、たくさんの情報を知ることができました。
お隣の席の方は、ブレスレット作成の経験者だったので、色々教えていただいた上に、ケーキを作られるということで、秋のケーキは何がいいか、なんてご相談までしてしまいました。

何とか、形にはなりましたが、色々間違えてたし、トナカイの革が縫っている間に糸を引きすぎると伸びてしまうということを初めて知りまして、せっかく最初にサイズを合わせてカットしていただいたのに、少し緩くなってしまいました。
というわけで、リベンジでキットを買って家で作ることにしました。



f0106823_09012107.jpg

f0106823_09012211.jpg
その後、なかなか時間が取れず、ピューターワイヤーの編み方も難しくて、ようやく完成しました。
ところが、作ったブレスレットに合わせてカットして作ったら、当然と言えば当然なのですが、さらに緩くなってしまい、これはもう一度修正しなくていけないな、と思いつつ、そのままになっています。
ワイヤーの縫い付けや、革を閉じるときに針目はもっと粗くていい、と教えていただいたのですが、1つには縫えば縫うほど伸びてしまうというのがあったんですね。

追記。2日ほど緩いなあと思いつつ、着けていたのですが、ミシンワークショップの後、美術館に行った日に、家に帰るころ、ふと気が付くとなくしていました。あまりにもあちこち歩いていたので、もう探すのも諦めました。とても悲しいです。でも、これでもう一度ワークショップに行く口実ができました。



[PR]
by asuzoh | 2018-10-09 23:00 | ハンドメイド | Comments(0)

14歳のお誕生日記念撮影会(秋編)

ちょっと早いのですが、お姉ちゃんが来ているときに、かいにゃんとふうちゃんの14歳お誕生日記念撮影会をしました。
ケーキは、ほかに予定もないので、みんな(人間の方です)が一番好きないつものケーキです。
f0106823_12492052.jpg
かいにゃんは寝ているところを起こしてきたので、いつもにも増して、写真写りが悪くて朝青龍化しています。

f0106823_12494523.jpg
ふうちゃんもご機嫌よくないですねえ。

夏の撮影会の時、がっちゃんはいつになくおとなしかったのですが、この後すぐに急性膵炎で入院しました。やっぱり、具合がよくなかったのかもしれません。
撮影会の時、ちょっと暴れてお写真が撮りにくいくらいの方が、良いのかもしれません。


[PR]
by asuzoh | 2018-10-08 23:43 | ネコ | Comments(0)